『保育士に復帰するのが怖い』と感じたら?自分らしく働くヒント

保育士の悩み
『保育士に復帰したいけど怖い』
『家庭と仕事の両立できるか心配』

このように、保育士への復帰をしたいけど不安で怖いという人は、多くいます。

しかし、情報を集め、正しい目をもてば、保育士への復帰は怖くないんです。

なぜなら、今の保育の現場では、保育士が求められており、転職エージェントなどを通じ、多くの情報を得られるからです。

 

家庭での悩み、体調の不安など、いろいろな悩みを抱えている方も多くいると思います。

今回の記事を読んでいただき、自分らしく保育士への復帰を楽しむヒントをつかんで下さいね。

 

 

もっとあなたにマッチした保育園があるかも

完全無料・1分簡単登録

保育エイド
人間関係の良い職場のみ紹介
キララサポート保育
月収30万など優良求人が多数
保育ひろば
保育士転職の定番(全地域対応)

保育バランス
ライフワークバランス重視の求人
ほいく畑
未経験やブランクOKの求人多数

 

保育士に復帰をするのが怖い理由【長いブランク】

ベットの中で怖がる女性

はじめに、保育士に復帰するのが怖い理由から見ていきましょう。

・長いブランクがある
・家庭との両立ができるか
・条件に合った職場がみつかるか
・職場の人間関係になじめるか
・保育知識が不足では

①長いブランクある

長いブランクがあると、保育士に復帰するのが怖いと感じますよね。

例えば子育てなどで10年間家庭に入り、そののち保育士に復帰するとなると、怖いと感じるのも当然でしょう。

しかし現在、潜在保育士の現場復帰が求められ、家事や育児の経験をつんだ人の復帰が、後押しされてます。

②家庭との両立ができるか

家庭との両立が出来るのかも、保育士に復帰する上での不安要素ですよね。

特に子どもが小さいと、家事育児に忙しく、子どもの急な病気などの対応も大変です。

時短などの雇用形態や、子育て中の保育士に理解のある職場を選んで、乗り切りたいですね。

③条件に合った職場がみつかるか

自分の生活スタイルを考えると、希望の職場の条件が見えてきますが、そのような職場が見つかるかも不安ですよね。

例えば、9:00~15:00の時短勤務、子育て中の職員に理解がある園、月に手取り15万円は必要etc・・・

しかし、一見わがままに見える条件でも、転職コンサルの情報網を利用してみて下さいね。

コンサル担当者は最新の求人情報をたくさん持ってるので、あなたの条件について、相談に乗ってくれます。

・ママさん保育士の求人特集:マイナビ保育士
・未経験やブランクOKの求人多数ほいく畑

④職場の人間関係になじめるか

保育士に復帰し、新しい職場の人間関係になじめるかも心配ですよね。

もし保育園で働く同僚から冷たい対応をされたりしたら、職場に行くのも嫌になるでしょう。

この問題にも、転職コンサルの保育園の情報が役立ちます。

また、事前の園見学や面接での確認でもチェックしておいて下さいね。

⑤保育知識が不足では・・・

保育の知識や内容は、年々アップデートされており、以前のものが通用するのかという不安もありますよね。

復帰した現場で以前のやり方で保育していたら、先輩保育士さんから間違えの指摘をされたりする可能性もあります。

しかし、潜在保育士さん向けに、自治体の研修や民間のセミナーなども有ります。

復職前に利用すると不安がやわらぎますよ。

参考:東京都保育人材支援センター

保育の仕事に復職するのは怖くない理由【求められる潜在保育士】

楽しそうな3人の保育士

現在の状況を理解し、適切な準備をすれば、保育士への復帰が怖いという感覚はなくなるでしょう。

具体的に見ていきますね。

・現場で保育士は求められている
・就労支援で家庭との両立
・転職コンサルの利用
・セミナーや研修で最新の情報を

①今現場で保育士は求められている

日本全国の保育士の有資格者は118万人ですが、そのうち42万人が現役保育士で、残り76万人は潜在保育士なんです。

そのため、保育士が不足している現場では、潜在保育士に復職してもらうことが求められています。

なので、保育士の資格が有っても未経験だったり、ブランクが長くても、保育園への就業は歓迎されます。

令和2年の東京都の有効求人倍率も4.86倍で、保育士1人あたり4.86件の求人がある事になります。

参考:厚生労働省「保育士等に関する関係資料」
参考:厚生労働省(保育士有効求人倍率)

②政府の就労支援で家庭との両立

政府も就労支援で、潜在保育士の職場復帰をサポートしています。

<就労準備金の貸し出し>

保育士が復帰するために必要な費用を、40万円まで無利子で借りられる制度です。

これは2年間保育士として勤務した場合、返済免除になるので大きなメリットがあります。

 

<未就学児をもつ保育士の復帰支援>

2018年度から保育士の子が優先的に認可保育園に入園できるよう、政府は全国の自治体に通達しました。

家庭と保育士への復帰を目指す人は、ぜひ知っておきたいですよね。

③転職コンサルの利用で働きやすい職場へ

笑顔の女性保育士への復帰を目指す人には、転職コンサルを利用するとよいでしょう。

転職コンサルは、常に最新の保育園情報をキャッチしており、かつ完全無料で利用できるからです。

そして、保育園の内部の情報提供から面接対策まで、復帰へのサポートがつきます。

このようなサービスが簡単登録で完全無料で利用できるので、上手に使っていきましょう。

完全無料・1分簡単登録

保育エイドおすすめ!!
人間関係の良い職場のみ紹介
キララサポート保育好条件
月収30万など優良求人が多数
保育ひろば迷ったらコレ
全国最多・保育士転職の定番

保育バランス:1都3県限定
企業内や院内保育ならココ
ほいく畑派遣求人も多数
未経験やブランクOKの求人多数

④セミナーや研修で最新の保育動向を得る

現場復帰を目指す保育士さんのため、自治体で研修が多く開催されています。

参考資料:厚生労働省「保育士確保」

民間でもほいく畑などが、積極的に復帰支援セミナーと求人紹介を行っています。

このような研修・セミナーは、無料なものが多いので、ぜひ調べてみて下さいね。

あなたに合った働き方を選ぼう

微笑む女性

あなたが理想の働き方をするためには、自分に合った雇用形態を選ぶ必要があります。

雇用形態をまちがえると、ミスマッチングとなってしまいます。

 

さまざまな雇用形態

・パート保育士
・派遣保育士
・正規職員

久しぶりの復帰の場合、パートや派遣から始めるのが良いとおもいますが、あなたに合った働き方を選んで、理想のワークスタイルを目指しましょう。

関連記事:保育士 パートなのに正職と同じ業務内容で働いているんですか?

保育士に復帰する人が見るべき保育園のポイント【職場チェック】

2人の女性保育士と子ども

次に復職を目指す人が見ておくべき保育園のポイントを確認しましょう。

・保育士が少な過ぎる園は避ける
・人間関係がよさそうな職場か?
・保育士の年齢層に偏りはないか
・職場に子育て中の保育士がいるか
・ブランクOKの求人かどうか
保育士の人数が少なすぎると、1人の保育士の負担が大きくなり、復帰したばかりの保育士さんにプレッシャーが大きすぎる可能性が有ります。
また保育士の年齢層に偏りがあると、人間関係が閉鎖的になる可能性があるため、馴染めない場合はとことん馴染めないでしょう。
そして、保育園の中に子育て中や介護中の保育士さんがいるか、面接などで聞いておきましょう。
そのような保育士さんがいれば、柔軟に対応してくれる保育園だということがわかりますので。

自分らしく保育士への復帰を楽しもう【転職求人サイトを活用】

呼びかける女性

最後にまとめです。
<保育士に復帰するのが怖いと感じる理由>
・長いブランクがある
・家庭との両立ができるか
・条件に合った職場がみつかるか
・職場の人間関係になじめるか
・保育知識が不足では
<保育士に復帰するのが怖くない理由>
・現場で保育士は求められている
・就労支援で家庭との両立
・転職コンサルの利用
・セミナーや研修で最新の情報を
<あなたに合った働き方を選ぶ>
・パート保育士
・派遣保育士
・正規職員
<保育園を選ぶポイント>
・保育士が少な過ぎる園は避ける
・人間関係がよさそうな職場か?
・保育士の年齢層に偏りはないか
・職場に子育て中の保育士がいるか
・ブランクOKの求人かどうか
これらのポイントを押さえて保育士への復帰を目指せば、怖くありません。
あとは、あなたが素敵な保育園とめぐり会えるよう、たくさんの情報を集めて行動してみて下さいね。

完全無料・1分簡単登録

保育エイドおすすめ!!
人間関係の良い職場のみ紹介
キララサポート保育好条件
月収30万など優良求人が多数
保育ひろば迷ったらコレ
全国最多・保育士転職の定番

保育バランス:1都3県限定
企業内や院内保育ならココ
ほいく畑派遣求人も多数
未経験やブランクOKの求人多数

コメント

タイトルとURLをコピーしました