保育士の職場

保育士の職場

小規模保育園で働いて後悔したこと、良かったこと

「小規模保育園と大規模保育園、どちらが自分に合っているのか…」」 こんなふうに悩む保育士さんもいるでしょう。 自分に合った保育園で働くことは、人生においてとても大切ですから、後悔のない選択をしたいですよね。 また、子どもや他の先生との人間関係も気になるところです。 ということで、今回の記事では「小規模保育園で働き後悔したこと&良かったこと」という内容です。 今回の3分ほどの記事を読めば、小規模保育園の特徴を理解し、あなたに合った保育園えらびの参考にすることが出来ますよ。
保育士の悩み

保育士いじめのターゲットになったら、いじめる人と縁を切ろう!

保育園でいじめのターゲットになり、毎日苦しんでいる保育士さんも多いでしょう。 女性社会の保育園では、ドロドロした人間関係で悩む人が多く、一番の退職原因になってます。 今回の記事は、そんないじめの苦しみを抱える保育士さんが、スッキリ悩みが解決できる内容です。 いじめは、いじめをする方が100%悪いです。 しかし、いじめる側が良い人に変わるのを期待してはいけません。 あなたの方から、いじめる人との縁を切っていくことが大切です。 それと同時に、あなたも自身も自分と向き合ってみることです。 ではさっそく、具体的に内容を深掘りしていきましょう!
保育士の悩み

【あなたの未来を変える】保育士の良い先生って何だろうということ

『保育士の良い先生』って何なんでしょう? とてもあいまいな言葉だし、別に考えなくても問題ないような気もしますよね。 でも考えた人には、人間としての深みが出ると同時に、あなたの未来をも変える可能性があることなんです。 ・子どもにとっての良い保育士の先生 ・保護者にとっての良い保育士の先生 ・保育施設にとっての良い保育士の先生 上記のように、いろいろな視点からの良い先生があります。 でも、いちばん重要な視点が抜け落ちてしまっているんです。 それは「あなた自身を大切にする」という視点です。 このように、良い先生として、あなたが楽しくはたらくためには、以下4つの視点をバランスよく持つことが重要でなんです。 ・子どもからの視点 ・保護者からの視点 ・保育施設からの視点 ・あなた自身からの視点 それでは深掘りして内容をみていきましょう。
保育士の職場

【保育士なら避けたい】悪いブラック保育園の特徴と見分け方

関わることであなたの人生を不幸にする、悪いブラック保育園。 たかが仕事と思ってバカにしてはいけません。 悪いブラック保育園で長く働いていると、心も体もその奴隷となり、自分の置かれている状況すらも分からなくなります。 そんな悲劇的な状況にならないために、今回は悪いブラック保育園のについての記事です。 この記事を読めば、下記が分かるようになります。 ・悪い保育園の特徴 ・悪い保育園の見分け方 ・悪い保育園を避けるための方法 今回の記事を読んで、幸せな保育士になれるヒントをつかんで下さいね。
保育士の悩み

小規模保育園は働きにくいのか?メリットデメリットをつかみ良い選択をする方法

『小規模保育園だからダメ』とか『小規模保育園だから働きにくい!』など、全部をまとめて言うことが出来るものではありません。 小規模保育園にはその良さが、大規模保育園にもその良さがあり、それぞれの基本的な特徴を理解し、あなた自身のフィーリングに合った保育園を選ぶことが大切です。 職業や職場を選ぶことは、人生を選ぶことであり、あなたの人生の幸せと直結してくることだからです。 そこで今回の記事は、下記内容で記載していきます。 ・小規模保育園で働くメリット・デメリット ・小規模保育園を選択するにあたって ・あなたに合った保育園で働く方法 それではさっそく内容を見ていきましょう!
保育士の悩み

保育士が離職率の低い保育園を探すときに見るべきポイント

『できることなら・・・自分にあった保育園で長くはたらきたい』 このように思う保育士さんは多いのですが、保育士は離職率が高いイメージがあります。 『労働時間が長く、人間関係も難しく、お給料のも満足できない』というのが主たる理由ですが、 すべての保育園が、このように離職率が高いワケではありません。 ということで、今回は離職率が低く、あなたに合った良い保育園を探すポイントを解説させて頂きます。 ・離職率が低い保育園の特徴 ・離職率が低い保育園を探すポイント ・あなたに合った保育園を見つける方法 今回の記事を読めば、これらのことが分かるようになります。 最後まで読んでいただき、満足した保育士になれるヒントをつかんでいきましょう!
保育士の悩み

保育補助の【でしゃばり度診断】と嫌われない対処法~保育補助も大変~

保育補助は保育園にとって大切な存在で、保育補助がいなければ、保育士の仕事がなりたちません。 それは、全国の保育施設の約90%が補助的な人を雇っていることが明確に示しています。 保育補助が大切なことは政府も認めており、2016年からパートなど保育補助を採用する保育園を援助する、保育補助者雇上強化事業を開始しました。 しかし『保育補助のくせにでしゃばりだ』『資格がないのにでしゃばるな』などと担任保育士から言われ悩む人も少なくありません。 そこで今回は、このような悩みを解決するため、下記の内容を解説いたします。 ・保育補助のでしゃばり行為 ・あなたの『でしゃばり度』チェック ・でしゃばりで嫌われない対処法 最後まで読めば、楽しく保育園で活躍するヒントがつかめるようになりますので、さっそく見ていきましょう!
保育士の悩み

『保育士に復帰するのが怖い』と感じたら?自分らしく働くヒント

『保育士に復帰したいけど不安で怖い』 『復帰したら保育園でうまくやれるかしら?』 このように、保育士への復帰をしたいけど不安で怖いという人は、非常に多くいます。 しかし、現状を理解し、適切な準備をすれば、保育士への復帰は怖くないんです。 なぜなら、保育の現場では保育士が求められており、セミナーなどの支援体制も多く、雇用形態も多様な中から選べるからです。 家庭での悩み、体調の不安など、いろいろな悩みを抱えている方も多くいると思いますが、今回の記事を読んでいただき、自分らしく保育士への復帰を楽しむヒントをつかんで下さいね。
保育士の悩み

【転職推奨】保育士パートなのに仕事内容が担任ってどうなの…

保育士の資格を活かして働きたいけど、家事育児・体調・介護などの理由で、パート保育士を希望する という方はとても多いんです。 しかし一方で、『パート保育士なのに正規職員と同じことをやらされる!』『パートなのに、どこまでやればいいの!』という声もたくさんあるんです。 このように、パート保育士なのに正職と同じことまでやらされる原因は、保育園側にある事が多いですが、あなたが就業前によく確認することで、ミスマッチングを防ぐことも重要なんです。 これからパート求人を探す方は、よく事前確認を行う事が重要で、すでに就業中で後悔している方は、 職場を変えることも頭に入れておきましょう。 だって保育園側は、あなたを利用しようとしているだけの可能性が高いんですから。 それでは本章の内容で、中身を確認してみて下さいね。
保育士の職場

保育士おしゃれコーデ!【好感度UP】のポイントが分かっちゃう

たくさんおしゃれはしたいけど、保育士として働く服装には、いろいろな制約がありますよね。 特に安全面と衛生面がポイントなので、制約があるのはしょうがないことですが、その中で少しでもおしゃれコーデして、少しでもテンションを上げて働きたいものです。 自分の好きなワンポイントがあれば、気合を入れて仕事できたり、爽やかコーデで保護者からの好感度UPしたりと、服装も大事なポイントですよね。 今回は保育士ならではの服装について、コーデのポイントを紹介します。
タイトルとURLをコピーしました