保育士の転職

保育士の転職

保育士として大切な心構えとは?仕事でおさえたいポイント

保育士として働くうえで「大切な心構えは何だろう…」と、悩んでいる人もいるでしょう。 また、就職や転職の面接作文で、答えを求められる場面もあるかもしれません。 しかし「保育士として大切な心構え」を考えることは、新人さんだけでなく、あなたが保育士として活躍するうえで、基礎をつくる重要な作業です。 子どもや保護者の対応をする時の態度や、仕事の姿勢としても現れてきます。 そこで今回は、保育士として大切な心構えを一緒に考えていこうと思います。
保育士の転職

保育士転職の決め手とは?後悔しないための保育園の選び方

今の保育園に不満があり、転職を考えている… 保育士の求人情報をいろいろ集めているけど、保育園えらびの決め手がよく分からない… このように悩む保育士さんも多いことでしょう。 転職先を決めることは、今後の人生を大きく左右するため、後悔しない選択をしたいものです。 そこで今回は、転職を考える保育士が、後悔しないための保育園えらびの決め手を紹介していきます。 あなたが幸せになるための選択に役立てて下さいね。
保育士の転職

保育士が面接で「何歳児を担当したいか」質問された時の理由回答

保育士の転職面接や、勤務先の保育園にて「何歳児を担当したいか?」と質問された時、どのように回答するのが良いのでしょうか? なんとなく、自分の好みだけの理由だと「わがまま」と思われそうだし… 経験が浅いと、どの年齢のクラスを希望したら良いかも分からないし… ということで今回は、何歳児を担当したいかを問われた時の回答方法を紹介いたします。 ぜひ最後まで読んでいただき、参考にしてみて下さいね。
保育士の悩み

保育士が転職するか悩む時…知っておくべき重要なポイント

「転職するべきかどうか…」 ・職場での人間関係がイヤすぎる… ・今の保育園は、給料が安すぎて… ・仕事が多すぎて、自分の時間がない こんなふうに悩む保育士さんは多いものです。 しかし、転職に成功すれば、悩みを解決できます。 でも…転職失敗の可能性を考えたり、いまいち勇気が出なかったりと、悩むだけで時間がどんどん過ぎていく…というパターンにもなりがちですよね。 そこで今回は、転職すべきかどうか悩む保育士さんが、後悔しないためのポイントを解説致します。 転職は、あなたの人生を左右する大きな分かれ道です。 今回の記事を読んで、あなたの進むべき道を一緒に考えていきましょう!
保育士の転職

【例文アリ】40代保育士の志望動機とアピールするポイント

40代で保育士の転職にお悩みですか? 保育士は、40代でも転職は一般的です。 志望動機を明確にし、これまでの経験を上手にアピール出来れば、希望する保育園に転職も可能です。 でも、どうやって履歴書や面接でアピールするのか…不安もありますよね。 そこで今回は、40代保育士の志望動機やアピールポイントを分かりやすくまとめました。 最後まで読んで、転職活動のヒントをつかんで下さいね!
保育士の転職

【例文アリ】面接で「私の目指す保育士像」を伝えるポイント

保育士の転職や就活の面接で「理想の保育士像」の質問はよく有りますよね。 ぼんやりと頭の中のイメージはあっても、いざ言葉にしようとすると難しいものです。 何も準備ができてなければ、何も相手に伝わらないでしょう。 そこで今回は、転職や就活面接を有利に進めるために「私の目指す保育士像」に焦点をあてていきます。 例文とNG回答もありますので、ぜひ参考にしてみて下さいね。
保育士の悩み

保育士40代の転職はきつい?40代が失敗しない転職のポイント

保育士でも40代になると、これまでにない悩みも色々と出てきますよね… ・体力のきつさを実感する… ・自分より若い保育士ばかりで人間関係がキツイ ・安月給で家計がピンチ! ・子育てと介護のWパンチなど… さまざまな悩みを抱え、転職を考えることもあるでしょうが、40代ということで、転職に不安を抱えている人も多いでしょう。 実際、若ければ若いほど、転職に有利な面はありますが、40代での転職は遅くありません。 あなたに合った保育園をえらび、柔軟に対応していく姿勢が大切です。 そこで今回は、40代の保育士が転職に失敗しないポイントを解説していきます。 あなたに合った保育園をえらび、幸せな毎日を送れるようにしていきましょう!
保育士の転職

【保育士面接落ちた】不採用になる理由と合否のポイント

保育士不足とはいえ、だれでも面接に合格するわけではありません。 「面接落ちた…」というケースも、転職や就活でよくあることです。 保育の方針により「今年は若い新人を採用したい」とか「今年はベテランの保育士が欲しい」など、年度により欲しい人材も違うでしょう。 このように、面接で不採用の理由は、保育園側のニーズとあなたの状況がマッチしなかったこともあるので、極度に落ち込む必要はありません。 面接に落ちたとしても、対策を立てて、次のチャンスのために準備をしていくことが大切なのです。 今回の記事では、保育士が面接で採用されるためのポイントを紹介しています。 ぜひ最後まで読んでいただき、チャンスをつかんでいきましょう!
保育士の悩み

保育士で年収600万円は達成可能なのか?難しいが達成方法を考えてみる

保育士の年収は低いと言われていますが、給料が低いままで良いと思っている人はいないですよね。 もちろん年収500万、年収600万と稼いでいきたいと思うでしょう。 ご存じのように、保育士で年収600万円は難しいことです。 しかし、達成方法を考えてみると、不可能な数字ではありません。 そこで今回は、保育士が年収600万円を達成する方法を考えると同時に、年収だけではないトータルで幸せになることが大切というコトを記載してみようよと思います。 今回の記事を参考に、年収と職場環境のトータルで満足度を高めていきましょう!
保育士の悩み

保育士がレクリエーションインストラクターの資格を取得するメリット

レクリエーションインストラクターとは、レクリエーションを企画・実践する専門家です。 保育士としても、子どもの遊びの提供に役立つ資格です。 でも実際「どんなスキルが身につくの?」「本当に役立つの?」「転職などで有利なの?」などの疑問もあるでしょう。 今回の記事では、レクリエーションインストラクターについての詳細を紹介していきます。 興味のある方は、ぜひ参考にしてみて下さいね。
タイトルとURLをコピーしました