保育補助が初めてで不安ですか?仕事が楽にできるコツ5つ

保育補助 保育士の悩み

保育園にとって、保育補助は大切な存在です。

日本の保育園の約90%以上が保育補助を雇用しており、もはや保育補助なしでは保育が成り立たないでしょう。

 

しかし、保育補助として働くうえでの苦労は大きく、特に初めて保育補助に入る人の不安は大きいものです。

『職場になじめるのか?』『何をしたらよいのか?』など初めてだと分からないことだらけでしょう。

 

そんな不安を解消し、仕事が楽にできるコツを、今回の記事で紹介させていただきます。

最後まで読めば、保育補助として働くことが楽しくなり、前向きに保育園と関われるようになりますよ。

それでは、さっそく内容を見ていきましょう。

参考資料:全国保育協議会報告書

 

もっとあなたにマッチした保育園があるかも

完全無料・1分簡単登録

保育エイド
人間関係の良い職場のみ紹介
キララサポート保育
月収30万など優良求人が多数
保育ひろば
保育士転職の定番(全地域対応)

保育バランス
ライフワークバランス重視の求人
ほいく畑
未経験やブランクOKの求人多数

保育補助が初めてだと不安な点

不安な表情の女性

保育補助として初めてはたらく場合、不安と緊張があるでしょう。

不安①:職場の人間関係になじめるか不安
不安②:子どもとの関わり方が不安
不安③:仕事をおぼえられるか不安

①職場の人間関係になじめるか不安

保育補助にかぎらずですが、はじめて出勤する場合、職場の人間関係になじめるかどうかは、大きな不安でしょう。

とくに保育補助の場合は、職場での立ち位置がむずかしいケースも多く『人間関係が難しい』と感じられる人も多いです。

性格的に問題がある保育士と組むと、心を病むほどになる可能性もあるので、注意が必要です。

関連記事:保育補助のいじめはツラい

②子どもとの関わり方が不安

子育ての経験があったり、学校で保育の勉強をしていたりしても、実際に現場で多くの子どもと関わることは、不安になることも大きいでしょう。

実際に子どもは、個々により発達度合がぜんぜん違うため、思うような関わりが出来ずに頭を悩ませる人も多いです。

③仕事をおぼえられるか不安

保育補助の仕事のメインは保育士のサポートで、具体的な仕事範囲は個々の保育園によってちがいますが、業務量は多くなりがちです。

『迷惑をかけないように、早く仕事をおぼえなきゃ』と焦って失敗を繰り返すと、自信を無くしがちになってしまいます。

保育補助の仕事内容

考える女性

保育補助の仕事の範囲は、保育園によりさまざまですが、基本的には保育士のサポート業務で、正職の保育士の指示のもとに働きます。

・食事の準備
・後片付け
・掃除、皿洗い
・おむつ交換
・寝かしつけ
・おもちゃや哺乳瓶の消毒
・雑用

ただし、保育園により違いが大きいので、入職前によく確認が必要です。

 

小規模な無認可保育園だと、保育補助でも保育士と同じ仕事内容である場合も多いので、保育のお仕事が初めての人は注意が必要ですね。

お勤め後に『こんなはずじゃなかった』なんてミスマッチは、よくあることです。

初めての保育補助の仕事が楽にできるコツ5つ

笑顔の女性

何かと気を使う場面が多い保育補助ですが、仕事が楽にできるコツ5つを紹介いたします。

①仕事範囲はどこまでか確認する
②担任に相談しながら進める
③でしゃばりすぎない
④先を読む
⑤担任と一緒にクラスを盛り上げる

①仕事範囲はどこまでか確認する

保育補助は、どこまでやったら良いのか、どこからがでしゃばりなのか、迷いがち。

『なんでここまで保育補助がやらないといけないの!』と思ったり、『保育補助は、そこまでやらないで下さい』なんて言われたりする可能性もあるでしょう。

 

事前に担任保育士と話し合い、基本的な業務範囲を確認しておきましょう。

また、保育園によっては、保育補助の仕事範囲が決まっている所もありますので、面接などで事前に確認できるとよいですね。

②担任に相談しながら進める

仕事範囲を明確にしても、トラブルなど業務予想外のことは起こりますよね。

その時は、なるべく担任に相談しながら進めるとよいでしょう。

相談なしで進めると、保育士はプライドが傷つけられと思い、のちの仕事がやりにくくなります。

③でしゃばりすぎない

あなたより年下でも、あなたより経験が浅くても、正職の保育士はプライドがあります。

中には『保育士が上、保育補助が下』なんて意識の人も多くいます。

 

その立場をつぶすようなことが無いよう、でしゃばり過ぎないよう気を付けましょう。

上から目線や、私のおかげ感を出すと、関係が一気に悪くなりますので。

④先を読む

保育補助は、保育士の指示に従い行動が基本ですが、先を読み行動することで、心理的負担を減らせます。

『〇〇先生は次に△△の指示をしてくるから、先に準備しておこう』などです。

あくまでも保育士が主体ですが、その都度ふりまわされるのでなく、自分でも事前準備をしておけば、あなたの評価もあがるでしょう。

⑤担任と一緒にクラスを盛り上げる

担任と一緒に、クラスを盛り上げてくれる保育補助は好かれます。

好かれることで仕事もラクにこなせるようになるでしょう。

 

元気な声で、対応も早く、子どもや先生方の笑顔を引き出すような存在でいたいですね。

ただし、主役としてでなく、フォローとして盛り上げる役であることを意識しましょう。

保育補助の雇用と給料

保育園とお金

次に保育補助の雇用とお給料を見ていきましょう。

①保育補助の雇用

保育補助の仕事は、保育士の資格がなくてもできます。

一般的に雇用形態は、アルバイトやパートなどの非正規での雇用です。

 

正規職員ではないため、残業や休日出勤などはなく、主婦や学生がアルバイトで働くケースと相性がよいです。

担任などの責任職につくことも無いのが一般的です。

②保育補助のお給料

保育補助のパートやアルバイトのお給料の相場は、900円~1300円ほどです。

都道府県の地域や、保育園によって賃金差が大きいので、要チェックですね。

 

また派遣保育士』の場合、時給相場が1200~1800円前後に上がります。

保育園での直接採用でなく、派遣会社での採用後、保育園に派遣という流れになりますが、業務内容は同じなので人気があります。

派遣の相談関連サイト:ほいく畑

関連記事:派遣保育士で働くメリット

あなたに合った保育園を見つけよう!

パソコンの前で微笑む女性

保育補助として、あなたに合った保育園を見つけるためには、いくつかのポイントが有ります。

①保育補助の仕事範囲がはっきりしてるか

自分の責任範囲が明確でないと、どこまでの範囲の仕事をしてよいか分かりません。

範囲がはっきりしないと『でしゃばり』なんて言われたり、責任範囲外の事を押し付けられる可能性もあります。

 

応募や面接時に、保育補助の業務範囲は必ず確認し、保育園側の答えがあいまいな場合、業務範囲を明確にしておきましょう。

お互いのミスマッチングを避けるためです。

②保育園の見学をさせてもらう

働く前に保育園の見学をさせてもらいましょう。

・園長の人柄
・保育園の雰囲気
・保育士の年齢層の偏り
・こどもの様子

これらの様子をみて、直感的に違和感を感じるような場合は、入職を避けた方が無難です。

『なんか違和感あるな~』は、大半の確率であたるものなんです。

③転職エージェントの情報を利用する

転職エージェントは、これまで数多くの人を保育園に就業させてきました。

過去何十年にわたる情報をもってるので、この情報を利用しない手はないです。

保育園の雰囲気、園長の人柄、保育士たちの様子など、園の内部情報も多くもっており、あなたの状況にあわせた園を紹介してくれるでしょう。

 

また、一般に公開されている求人以外に、条件の良い非公開求人も隠しもっており、しかも完全無料なので、ためらいなく利用おきましょう。

・保育士転職エージェント定番:保育ひろば
・未経験やブランクOK求人多数ほいく畑
・非正規でも好条件多数あしたの保育士

④困った時のメンタルケアや法律サポート

保育補助としてはたらき、いじめやパワハラに遭ってしまった場合、下記へ相談もしてみて下さい。

メンタル面や法律面でのサポートが期待できるでしょう。

 

関連記事:保育士いじめで退職者が激増!
人気記事全部無料!人気の保育士転職サイトおすすめ7選

コメント

タイトルとURLをコピーしました