保育士が転職するか悩む時…知っておくべき重要なポイント

保育士が転職するか悩む時 保育士の悩み

「転職するべきかどうか…」

・職場での人間関係がイヤすぎる…
・今の保育園は、給料が安すぎて…
・仕事が多すぎて、自分の時間がない
こんなふうに悩む保育士さんは多いものです。
しかし、転職に成功すれば、悩みを解決できます。
でも…転職失敗の可能性を考えたり、いまいち勇気が出なかったりと、悩むだけで時間がどんどん過ぎていく…というパターンにもなりがちですよね。

 

そこで今回は、転職すべきかどうか悩む保育士さんが、後悔しないためのポイントを解説致します。
転職は、あなたの人生を左右する大きな分かれ道です。
今回の記事を読んで、あなたの進むべき道を一緒に考えていきましょう!

 

✓今よりも給料を上げたいですか?
✓職場の人間関係に疲れましたか?
✓もっと自由な時間がほしいですか?

\あなたに合った保育園が必ずある/

完全無料・1分簡単登録

保育エイド
人間関係の良い職場のみ紹介
キララサポート保育
月収30万など優良求人が多数
保育ひろば
全国最多・保育士転職の定番

保育バランス:1都3県限定
企業内や院内保育ならココ
ほいく畑派遣求人も多数
未経験やブランクOKの求人多数

 

保育士が転職するか悩む時
まずはじめに、保育士が転職で悩む時…、知っておきたいポイントを見ていきましょう。
①保育園は責任を取ってくれない
②常に「辞めたい」と思うなら早く退職した方がよい
③転職は決断までが怖い
④在職中の転職活動が最強
⑤年齢を重ねるほど選択肢が狭くなる

①保育園は責任を取ってくれない

保育園は、あなたの人生に対して、責任を取ってはくれません。

あなたがどんなに尽くしても、最終的には、保育園の事情が優先されます。

そのため、あなたも「自分の都合や利益を優先して転職しても良い」ということを知るべきなのです。

②常に「辞めたい」と思うなら、早く退職した方がよい

朝起きてから寝るまで、ズーっと「辞めたい」と思う気持ちが続くなら、早く辞めた方がよいです。

ガマンして働き続けても、あなたが幸せになれる可能性はゼロに近いです。

退職のためのハードルが高く見えると思いますが、行動しないと変わらないことは知っておきましょう。

③転職は決断までが怖い

「転職する」と決断するまでは、さまざまな怖さとの戦いがあるでしょう。

・スムーズに退職できるのか…
・転職先もブラック保育園だったら…
・転職先で上手く仕事できるのか…
しかし「転職する!」と決めた時から、怖さや不安は消えていきます。
人間は「前に進む決意をした時から変わり始めている」ということを知っておきたいですね。

④在職中の転職活動が最強

在職中に転職活動をはじめるのが最強です。

・収入が途切れない
・あせらず保育園を決められる
・転職の給与交渉にも余裕ができる
・退職交渉も有利に進められる

反対に、退職後の転職活動は、あせりとの戦いになってしまうことを知っておきましょう。

⑤年齢を重ねるほど選択肢が狭くなる

保育士は年齢を重ねても、転職はしやすい職種のひとつです。しかし、若い保育士の方が、体力や柔軟性があり、転職市場で有利なのは間違えありません。

一般会社員ほどではないですが、保育士も年齢を重ねると選択肢が狭くなることは、知っておきましょう。

転職すべきでない人とその理由

虫眼鏡で見る女性

これまでのポイントをおさえた上で、転職すべきでない人の特徴をみていきましょう。
これらに当てはまる人は、一回冷静になって考えたほうがよさそうです。
①転職の目的がはっきりしてない人
②感情的に決断した人
③すべて環境のせいにしてしまう人
④入職後、数か月の人
⑤転職のリスクを考えていない人

①転職の目的がはっきりしてない人

転職後に自分がなりたい姿がはっきりしない場合、いちど考え直した方がよいです。

どんな保育園で、どんな保育をして、どのように働き、どのような待遇で働きたいかを、はっきりさせることが大切です。

紙に目的を書き出してみたり、転職エージェントに相談するなど、自分の転職目的をはっきりさせましょう。

②感情的に決断した人

ストレスがたまると「もうイヤだ、辞めたい!」と感情的になりやすいですよね?

そんな感情にまかせて決断すれば、あとあと後悔することも多いものです…

「もう辞めます!」と言ったあとでは遅いので、いったん冷静になり、よく考える時間を作りましょう。

関連記事:【後悔しない?】保育士が突然辞める前に考えておくべきこと

③すべて環境のせいにしてしまう人

すべての問題は、その環境のせいである…と考える人には、転職しても同じく環境に不満を持つでしょう。

自分のスキルを磨いたり、自分の問題点を改善する思考を持たないかぎり、どんな環境に変わっても、同じ問題に苦しめられるのです。

自己改善プラス、まわりの環境改善が大切であることを理解しておきましょう。

④入職後、数か月の人

入職後まだ数か月…という人は、転職を考えるには早すぎるケースがほとんどです。
まだ仕事や人間関係に慣れてないだけで、仕事を覚えれば、やりがいを持てる場合が多いからです。
ただし、職場のパワハラやイジメなどで苦しめられてる場合は、また別の話しになるので、退職もやむなしです。

⑤転職のリスクを考えていない人

転職に夢や希望をもちすぎてしまい、リスクを考えられない人も危険です。
転職は「人間関係をゼロから築く」「今の悩みが解決しない可能性がある」というリスクがあるということです。
これらのリスクを承知した上で、最大限の情報収集をもとに、リスクを減らす準備をすることが重要です。

迷うなら転職活動を始めてみる

迷うなら転職活動を始めてみる

転職活動を始めたら、絶対に転職しないといけない…という訳でもありませんよね。
もし迷うなら、転職活動を始めてみましょう。
始めてみることで色々な発見があり、あなた自身も知らない奥底の感情が刺激されていきます。
・これは私にピッタリの保育園だわ!
・こんな素敵な保育園で働きたい!
・はたらいている先生の笑顔が素敵!
・やっぱり今の保育園の方がよいかも
・え!こんなに給料がもらえるの!?
動いてみると、こんなふうに気持ちが動き始めます。
在職中の転職活動であれば、失うものはありません。

あなたも始めてみましょう!

\優良な非公開求人が豊富!/

完全無料・1分簡単登録

保育エイド
人間関係の良い職場のみ紹介
キララサポート保育
月収30万など優良求人が多数
保育ひろば
全国最多・保育士転職の定番

保育バランス:1都3県限定
企業内や院内保育ならココ
ほいく畑派遣求人も多数
未経験やブランクOKの求人多数

関連記事:保育士を辞めて良かったこと、保育園を変えて良かったことは?後悔したことは?

コメント

タイトルとURLをコピーしました