【2021年版】保育士の給料は安いの?平均年収を上げる方法解説!

保育士の職場
『保育士は好きだけど、給料が安い!』
『みんな平均いくらくらいもらってるの?』
『このまま保育士を続けていていいのかしら?』

こんな悩みを持った保育士さんは非常に多いんです。

保育士のやりがいと、私生活のバランスが取れる給与を実現したいですよね。

『考えるのがめんどうくさい』
『今が無難に生活出来ればよい』
このように考えてしまう事もありますよね。
この記事では、保育士の平均給与が上がる対策を紹介しています。この機会あなたの大事な未来を考えてみてくださいね。

もっとあなたにマッチした保育園があるかも

完全無料・1分簡単登録

保育エイド
人間関係の良い職場のみ紹介
キララサポート保育
月収30万など優良求人が多数
保育ひろば
保育士転職の定番(全地域対応)

保育バランス
ライフワークバランス重視の求人
ほいく畑
未経験やブランクOKの求人多数

保育士の給料は安いの?平均はいくら?

日本全体の平均が約441万円で、保育職の平均が約350万円です。
子どもの命を守り育てる仕事ながら、残念なことに、、、保育職の年収は安いです。
結婚したら共働きでなんとか・・・でも、もし離婚でもしたら子供にかかる費用は・・・なんて事も想像してしまいますよね。
最低限の生活費を支出したら、手元に残るのはごくわずか・・・もう少しゆとりのある生活が出来れば保育の仕事のモチベーションもUPします。

他の業界との比較

他の業界と比較することで、保育士の現状をみてみましょう。

業種別平均年収
  1. 医師      1200万円
  2. パイロット   1090万円
  3. 弁護士     1030万円
  4. 歯科医師     790万円
  5. 教師       660万円
  6. 薬剤師      550万円
  7. 看護師      480万円
  8. プログラマー   420万円
  9. タクシー運転手  360万円
  10. 保育士      350万円
  11. 介護福祉士    330万円
  12. 美容師      310万円
  13. 清掃員      240万円

残念ですが、高い水準とはいえないようですが、現状を認識し、できるだけ給与UPを目指しましょう

園による給料水準の違い

公立の場合は保育士も公務員になります。
その為、公立保育園の給与は、その自治体の給与表に応じた給料で、平均約650万円にもなります。 私立の保育園と比べると、2倍近くになります。
公立保育園  私立保育園  無認可保育園
公立保育士うらやまし過ぎですよね。

私立の認可保育園の場合は、保護者支払いの保育料と公的補助金での運営になります。その為、財源は限られており、保育士の給与は上がりにくいのが実情です。

さらに、認可外の保育園の場合は補助金が受けられませんので、保育士の給与に多くの予算を割けません。その為さらに厳しい財源にならざるをえません。

 

雇用形態による比較

公務員保育士 > 正社員保育士 > 派遣社員保育士 > パート保育士
公務員保育士は、前述のように、高水準の給与です。
ここでは、正社員保育士と派遣社員保育士の長所・短所を比べてみましょう

<正社員保育士>

メリット
  • 給与は微増ながら毎年上昇
  • ボーナスがある
  • 役職UPにより給与ベース上昇

デメリット

  • 責任範囲が派遣社員より大きい
  • 残業、持ち帰り仕事が多い
  • 時給換算の場合、派遣社員より低くなるケース多い

<派遣保育士>

メリット
  • 時給1200-1500円程度で高め
  • 残業・持ち帰り仕事が少ない

デメリット

  • 昇給、賞与が無い
  • 役職がつかず責任職につけない

平均年収を上げる方法

ここまでで、保育士の給与水準の現状は理解いただけたと思いますが、このまま指をくわえて他の人の給料を羨ましがっているだけでは・・・

そこで収入を上げる対策をまとめました。

給与水準が高い園へ転職

園内でのキャリアUP

保育士と並行して副業をやる

結論的には、①②③全部やる事がおすすめですが、まずは1つずつステップを踏んでいきましょう。

①給与水準が高い園へ転職

まず、転職で比較的給与水準が高く、継続して働けそうな園に転職を目指します。現在の園で満足の方は転職は不要ですが、転職で20%程度年収UPは現実的です。

その時の注意として、雰囲気が良くない、継続して働けなさそうな職場は避けて下さい。給与が高くても辞職が早かったり、毎日職場に行くのがつらいのは働く意味ないですよね。

 

関連記事:保育士転職サイトおすすめ7選

園内でのキャリアUP

好待遇の私立の認可保育園で、主任クラスになれば、年収450万円前後は現実的です。ここでも、最初の園選びは、キャリアUP後の年収に大きく関係してきますので、①の転職先選びは慎重に行ってください。
保育士専門の転職エージェントを利用し、多くの情報とアドバイスをもらいながら転職活動を進めるのが良いですよ。

③保育士と並行して副業をやる

副業は、いかに元手とリスクを少なく始め、継続できるかが大事です。
Wワークやメルカリ不用品販売、YOUTUBE、ブログ、ネットショップ、せどり転売、などなど、月1万円くらい稼ぐことから始め、軌道に乗れば、月100万円くらい稼いで副業で独立なども全然考えられますよ。
ただし、各園の副業禁止規定がある場合は、ご注意下さいね。

モデルケース

転職前年収  :320万円(月22万円+賞与2か月)
転職後年収  :380万円(月25万円+賞与3か月)
転職後園内昇格:460万円(月30万円+賞与3か月)
副業収入   :60万円(月5万円/ネットショップ販売)
最終合計年収:520万円

【年収UPを目指し行動してみよう】

さいごに、一番大事なのは目標を目指して行動することです。明日やろう、来週やろう、来月やろう、来年やろうと先にのばすより、今決意を固めて動きだして下さいね。
100%は収穫できなくても、種をまき水をやり、行動・継続をした人は3年後、5年後、10年後、今とは全く違う未来の果実を手に入れることができますから。
これらは、ノーリスクで行動でき、行動した人から他の保育士さんと差がついてきますので、ぜひ頑張ってみて下さいね!
不安な方は、下記エージェントに相談してみて下さい。
好条件の保育園紹介や、キャリアUPの相談を、優しく聞いてくれますよ。

完全無料・1分簡単登録

保育エイドおすすめ!!
人間関係の良い職場のみ紹介
キララサポート保育好条件
月収30万など優良求人が多数
保育ひろば迷ったらコレ
全国最多・保育士転職の定番

保育バランス:1都3県限定
企業内や院内保育ならココ
ほいく畑派遣求人も多数
未経験やブランクOKの求人多数

コメント

タイトルとURLをコピーしました