理想の保育士は「私の幸せ70%、周りの幸せ30%」でOK

保育士の悩み
子どもから見た理想の保育士
保護者から見た理想の保育士
保育園から見た理想の保育士

それぞれの立場から見て、理想の保育士は異なるものです。

それぞれ気を使う場面も多く、周りを優先してしまうあまり「自分自身が幸せになる」ということを、後回しにしてしまいがちです。

その結果ストレスをためてしまい「何のために働いているのか…」という、燃え尽きのような感情が出てきてしまうのです。

 

幸せに保育士を続けていくために、まずは「私の幸せ70%、周りの幸せ30%」くらいの割合で考えてみましょう。

そうすることで、いままでのムダの作業や、疲れる人間関係から、少しでも解放されて、あなたの心も軽くなりますよ!

それでは内容をさっそく見ていきましょう。

 

\必ずあなたに合った保育園が見つかる/

完全無料・1分簡単登録

保育エイドおすすめ!!
人間関係の良い職場のみ紹介
キララサポート保育好条件
月収30万など優良求人が多数
保育ひろば迷ったらコレ
全国最多・保育士転職の定番

保育バランス:1都3県限定
企業内や院内保育ならココ
ほいく畑派遣求人も多数
未経験やブランクOKの求人多数

子どもから見た理想の保育士

保育園の子ども

まずはじめに、子どもから見て理想の保育士像をみていきましょう。

子どものためと思って、自分を犠牲にしすぎてませんか?

①子どもの気持ちに寄り添える保育士
②子どもの自尊心を育てる保育士
③子どもと思い切り遊べる保育士

①子どもの気持ちに寄り添える保育士

子どもの気持ちを受けとめ、寄り添える保育士は、子どもからも好かれやすい理想の先生です。

命令や指示ではなく、子どもと同じ目線に立って、共感する言葉をかけてあげることで、信頼関係が生まれます。

②子どもの自尊心を育てる保育士

子どもをひとりの人格として尊重し、存在を認めてあげることで、子どもが自信を持てるようになります。

自尊心をもてるようになった子どもは、先生のことを大好きになり、信頼関係が強くなります。

③子どもと思い切り遊べる保育士

思い切り一緒に遊んでくれる先生は、子どもにとって理想です。

思い切り遊ぶことで、楽しい時間を共有し、子どもとの信頼関係が出来上がります。

 

関連記事:保育士で子どもに嫌われる人、好かれる人の違いとは?

 

保護者から見た理想の保育士

笑顔の保育士

次に、保護者から見た理想の保育士をみていきましょう。

保護者の眼を意識しすぎて、自分にムリしすぎていませんか?

①安心して子どもを預けられる保育士
②報告・連絡をくれる保育士
③子どものことを相談できる保育士

①安心して子どもを預けられる保育士

保護者は、大切な子どもを安心して預かられる保育士を求めています。

怪我がなく、愛情を注いてくれ、無事に親元に帰してくれるのが、理想の保育士です。

②報告・連絡をくれる保育士

保育園での子どもの様子を保育士から聞くと、保護者は安心します。

よい報告だけでなく、怪我やトラブルがあった場合は、誠実な対応と報告が求められます。

③子どものことを相談できる保育士

気軽にコミュニケーションを取れる保育士は、保護者の理想です。

とくに育児のことで悩む保護者がいる場合、保育のプロに話しを聞いてもらえると、安心するものです。

関連記事:保育士が保護者対応に疲れたら?心が楽になる解決のヒント

保育園から見た理想の保育士

3人の保育士

次に、保育園側から見た理想の保育士をみていきましょう。

無意識に保育園の求める保育士になろうとしすぎて、ストレスをためていませんか?

①欠勤せず長く勤める保育士
②誠実で問題を起こさない保育士
③積極的に仕事をこなす保育士

①欠勤せず長く勤める保育士

お休みすることなく、長く勤めてくれる保育士は、保育園にとって貴重な存在です。

すぐに休んだり、短期間で退職された場合、保育園として予定が組めなくなってしまいます。

②誠実で問題を起こさない保育士

誠実で問題を起こさない保育士は、保育園にとって都合がよい保育士でもあります。

保育施設側は、クレームや園児の怪我、園内の人間関係のもめごとなど、避けたいものです。

③積極的に仕事をこなす保育士

積極的に課題にとりくみ、仕事をこなす保育士は、保育園にとって理想です。

これは「給料以上に働いてくれる保育士」として、園長から頼りにされるでしょう。

関連記事:保育士なら避けたいブラック保育園の特徴

 

結論:あなた自身が幸せになれる保育士になろう!

笑顔の女性

子ども・保護者・保育園のことを優先しすぎてしまい、ついつい自分のことは後回し…

子どもの笑顔や、保護者からの感謝、保育園からの評価は嬉しいと思いますが、あなた自身を犠牲にし過ぎてはいけません。

 

バランス感覚が大切だということです。

「私の幸せ70%、周りの幸せ30%」くらいの感覚がちょうど良いでしょう。

自分が幸せになってはじめて、周りの人を幸せにできるのです。

 

・満足するお給料がもらえる
・プライベートな時間も確保できる
・職場の人間関係が楽しい
・保育方針が合っている

・チームとして保育に取り組める
・園長がリーダーとして魅力的
・仕事にやりがいを感じている

上記は例ですが、まずはあなたの理想の環境で、幸せになることからはじめましょう。

そのことで、周りの人も幸せにできますよ。

 

幸せな保育士になるための具体的方法

ハートを掲げる女性

さいごに、幸せな保育士になるための具体的な方法をみていきましょう。

答えは「理想の保育園に転職すること」です。

「そう簡単に転職なんて…」と思うかもしれませんが、幸せになるためには、とても有効な方法なんです。

 

たしかに転職は、今持っているものを手放すリスクがあります。

しかし転職は、今の給料や人間関係の不満を変えるチャンスでもあります。

このチャンスは、思い切ってチャレンジした人のみが、手に入れられる果実なのです。

 

それでも気が進まない人は、転職エージェントを利用してみて下さいね。

1分ほどの簡単登録で、エージェントがあなたの理想をヒアリングして、あなたに合った保育園の求人を送ってくれますよ。

理想の求人があれば「ここの保育園で働きたい!」とエージェントに伝えればOKです。

そうすれば、保育園の情報から転職対策まで、丁寧に案内してもらえますので。

 

\あなたが幸せになる保育園を見つけよう/

完全無料・1分簡単登録

保育エイドおすすめ!!
人間関係の良い職場のみ紹介
キララサポート保育好条件
月収30万など優良求人が多数
保育ひろば迷ったらコレ
全国最多・保育士転職の定番

保育バランス:1都3県限定
企業内や院内保育ならココ
ほいく畑派遣求人も多数
未経験やブランクOKの求人多数

さあ、あなたも幸せな保育士になっていきましょう!

コメント

タイトルとURLをコピーしました