保育士を辞めて良かったこと、保育園を変えて良かったことは?後悔したことは?

保育士の悩み

いろいろな悩みをかかえる保育士さん、保育の仕事を退職しようかと考えている人は多いでしょう。

・給料が安い
・サービス残業ばかり
・職場の人間関係がムリ

辞めたいと思うのは、これら3つの理由が多いかと思います。

そんななか気になるのは、転職してホントに良いのか、後悔しないのかという不安です。

 

・このまま今の園に残るのか
・別の保育園に転職するのか
・保育業界以外ではたらくのか

おもな選択肢は、これら3つになります。

 

そこで今回は、あなたがどの道をえらぶ場合でも後悔しないよう、保育士を辞めて良かったコトと後悔したコトを紹介していきます。

「子どもは好きだけど、保育士辞めたいな」と悩んでいる方、最後まで読んで参考にして下さいね。

 

もっとあなたにマッチした保育園があるかも

完全無料・1分簡単登録

保育エイド
人間関係の良い職場のみ紹介
キララサポート保育
月収30万など優良求人が多数
保育ひろば
全国最多・保育士転職の定番

保育バランス:1都3県限定
企業内や院内保育ならココ
ほいく畑
未経験やブランクOKの求人多数

 

保育士を辞めて良かったこと【理由】

笑顔の女性

はじめに、保育士を辞めて良かったという理由をみていきましょう。

①人間関係をリセットできた
②お給料が上がった
③時間に余裕ができた

①人間関係をリセットできた

どこではたらいでも人間関係の問題はありますが、保育の業界は女性がおおく閉鎖的で、人間関係には特に気をつかいます。

本来のしごと以外で神経をすりへらし、ヘトヘトに疲れてしまいます。

保育士を辞めることで、人間関係をリセットでき解放されると、すがすがしい気持ちになりますよね。

 

②お給料が上がった

残念なことですが、保育士のお給料は一般的に安いです。

給料日に給与明細をもらい『たったこれだけかよっ』という保育士さんも多いでしょう。

 

保育士の平均年収は約357万円で、日本全体の平均年収約441万円です。

そのため、保育士を辞めて別業界ではたらき、月5万お給料が増えたなんて人も多いはずです。

参考資料:厚生労働省-令和元年賃金構造基本統計調査

 

③時間に余裕ができた

保育士をしていたころは、時間に追われて、こころの余裕もなかったという人が多いです。

・サービス残業
・持ち帰りしごと
・土曜出勤

これらは他の業界でもあるかもですが、保育士の定番ともいえますよね。

転職して、定時退社・土日休み・昼休憩もありなどを経験すると、待遇のよさに驚くかもしれません。

関連記事:「保育士は精神的にきつい」と悩む人こそ転職で人生変わる理由

保育士を辞めて後悔したこと【理由】

笑顔の保育士

つぎに、保育士を辞めて後悔したことを見ていきましょう。

①子どもたちの笑顔を見れない
②別業界の転職先が見つからない
③想像よりハードワークで安い給料だった

①子どもたちの笑顔を見れない

子どもが大好きで保育士になった人がほとんどでしょう。

その中で、いろいろな悩みをかかえ辞めてしまった保育士は、子どもに会えないことに後悔と罪悪感を感じてしまうものです。

この子どもへの想いから、ふたたび保育士に復帰する人も多いものです。

 

②別業界の転職先が見つからない

保育士は専門職で、ある意味とざされた社会です。

保育園で覚えた常識が、一般会社で同じように通用しないケースも多くあります。

 

そのため職種によっては、元保育士ということで、採用みおくりという場合もあり、希望の会社になかなか就職できないという悩みがあります。

 

③想像よりハードワークで安い給料だった

保育士を辞めて、定時であがり、給料も月3万円アップなんていう想像をしていたら、全然ちがった。

やはり未経験から入ると、仕事をおぼえるのも時間がかかり、給与も低くなりがちです。

そこで頑張ってスキルを身に付けられると、キャリアアップの道も開けてくるでしょう。

 

保育園を変えて良かったこと【転職】

赤ちゃんを抱く女性

つぎに保育園を変えて良かったことを見ていきましょう。

①人間関係がよい保育園で楽しい
②お給料が良くなった
③ライフワークバランスが良くなった

①人間関係がよい保育園で楽しい

どこの業界であれ、どこの保育園であれ、楽しくはたらくためには、人間関係がぜんぶの基本です。

つらい仕事も職場の仲間と助け合いながらこなせば楽しいし、反対に仲が悪ければ、保育園に行くのもイヤになるでしょう。

転職するからには、絶対に人間関係のよい保育園を選びたいですよね。

 

②お給料が良くなった

保育園を変える目的に、今よりもお給料を良くしたいというコトがあるでしょう。

保育士の給与は、他の業界と比べると低いのはたしかですが、それでも保育園によっては、今よりも月3万円プラスや賞与1か月プラスなども十分にねらえます。

 

『人間関係がよく、お給料も今よりプラス3万円』なんて求人をねらうには、よい情報をたくさん集めていきましょう。

転職は情報勝負ですから。

 

③ライフワークバランスが良くなった

今までの残業つづきから、保育園の転職により、毎日定時にあがれるようなれば、プライベートが充実しますよね。

恋人やお友だちとの時間が増え、趣味の時間もおおく取れそうです。

企業内保育所や人員が手厚い保育園なら、そんな目的もかなえられると思います。

 

 

あなたが理想とする保育園えらびは、タイミングと情報がいのちですので、情報が豊富な転職エージェントに登録しておくと、あなたは良い情報をうけとれます。

 

すぐに良い情報がなくても、登録して希望の条件を出しておいて、マッチング案件が出たら情報をまわしてくれます。

完全無料・1分簡単登録

保育エイド
人間関係の良い職場のみ紹介
キララサポート保育
月収30万など優良求人が多数
保育ひろば
全国最多・保育士転職の定番

保育バランス:1都3県限定
企業内や院内保育ならココ
ほいく畑
未経験やブランクOKの求人多数

 

保育園を変えて後悔したこと【転職】

悩む男性

つぎに、保育園を変えて後悔したことを見ていきましょう。

①いちから人間関係を作るのが大変
②思ったより人間関係が悪かった
③総合的にみて、やっぱり前の保育園で良かったかも?

①いちから人間関係を作るのが大変

今までの人間関係をリセットできるのは良いのですが、またいちから関係を作っていくのは、大変な作業です。

周りの保育士との関係、子どもとの関係、保護者との関係、どれもいちからなので、意外に苦労するものです。

結局、前の保育園にいたほうがよかったかも…なんてことにもなりかねません。

 

②思ったより人間関係が悪かった

人間関係を改善したくて保育園を転職したのに、また人間関係が悪い保育園にあたってしまった。

こんなことにならないよう、良い保育園と悪い保育園をしっかりと見きわめたいですよね。

じっさいに入職してみないと分からないコトもありますが、よく観察する眼をもちたいものです。

関連記事:【保育士なら避けたい】悪いブラック保育園の特徴と見分け方

 

③総合的にみて、やっぱり前の保育園で良かったかも?

人間関係、お給料、仕事量、やりがい、どれも100点は難しいですが、結局なんだかんだ、前の慣れた保育園のほうが良かったかもというのは、よくある話しです。

そうならないように、自分のいちばん優先したい項目を明確にして、その点を重要視して転職する保育園を選ぶのがよいですね。

 

関連記事:保育士が転職するか悩む時…知っておくべき重要なポイント

まとめ:保育士を辞めてよかった?後悔した?【仕事は大変】

コーヒーを飲む女性

これまで見てきたように、どの道に進むにしても、よい面とわるい面が必ずあります。

どの道に進んでも後悔しないためには、一時の感情のみに左右されてはいけません。

あなたがいちばん重視したいコトを明確にして、準備とリサーチをしていくことが大切です。

 

そして、以下のことを大切にして、転職活動をすすめてみて下さい。

・あせって『まあいいか』で決めない
・そのため、つぎの転職先が決定してから今の職場を辞める
・あなたが保育園を選ぶという意識を持つ
・よい情報を得るため、転職エージェントを使う

 

あなたが楽しくしあわせにはたらけるよう、心のから願っております。

 

 

業界を変えて転職:LiBzCAREER

 

保育業界の転職

完全無料・1分簡単登録

保育エイドおすすめ!!
人間関係の良い職場のみ紹介
キララサポート保育好条件
月収30万など優良求人が多数
保育ひろば迷ったらコレ
全国最多・保育士転職の定番

保育バランス:1都3県限定
企業内や院内保育ならココ
ほいく畑派遣求人も多数
未経験やブランクOKの求人多数

Check全部無料!人気の保育士転職サイト7選

関連記事:上手に使えば効果倍増!【失敗しない】保育士転職エージェントの使い方
関連記事:保育士はなるもんじゃないのか?

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました