保育士の妊娠は迷惑なのか?職場への報告や妊娠中の注意点

保育士の妊娠は迷惑なのか 保育士の悩み

上下関係の厳しい保育園では、妊娠の順番が決まっていたり、妊娠に予約が必要…なんてケースもあるとか…

順番は決まっていなくても、先輩より先に妊娠すると「迷惑だ」など、肩身が狭い思いをすることもあるでしょう。

本来、妊娠は喜ばしいことですが、そのことが原因で職場トラブルは避けたいですよね。

そこで今回は、妊娠した保育士が、職場や仕事で気をつけるポイントを解説します。

また、産休明け後、どのように働くのが良いのかも紹介しますので、ぜひ参考にして下さいね。

 

✓今よりも給料を上げたい
✓職場の人間関係に疲れた…

完全無料・1分簡単登録

保育エイド
人間関係の良い職場のみ紹介
キララサポート保育
月収30万など優良求人が多数
保育ひろば
全国最多・保育士転職の定番

保育バランス:1都3県限定
企業内や院内保育ならココ
ほいく畑
未経験やブランクOKの求人多数

*合わない場合いつでも解約可能

保育士の妊娠は迷惑なのか?

保育士の妊娠は迷惑なのかまずはじめに、保育士の妊娠は、本当に迷惑なんでしょうか?

もちろん、妊娠は喜ばしいことで、迷惑なことではありません。

 

ただ、以下のように考えるのは、避けたいですね。

・妊婦は助けてもらって当りまえ
・迷惑をかけられないと、一人が抱えこむ
このような考えがあると、周りから煙たがられたり、おなかの赤ちゃんの健康にも良くないでしょう。
ポイントは、出来るだけ迷惑をかけないよう配慮しながら、周囲のサポートを求めることです。

妊娠が分かったら気を付けるポイント【職場への報告や対応】

妊娠が分かったら気を付けるポイント

妊婦として働くには、周囲の協力が必要です。

妊娠が分かったら、職場で気をつけるポイントをみていきましょう。

①すみやかに園長や主任に報告
②子どもや保護者への対応は?
③周囲のサポートに感謝を忘れない
④ふだんからの誠実な仕事が大切

①すみやかに園長や主任に報告

妊娠の報告は、園長や主任など上司から先に、自分の言葉で伝えましょう。

他の人から、園長などの耳に入ってしまうと、後の対応が難しくなるケースも出てきます。

また、報告のタイミングは、なるべく早い方がよいでしょう。

安定期に入ってから報告する考え方もありますが、妊娠の初期は流産の可能性も高く、つわりもあるので、周囲の理解が必要です。

②子どもや保護者への対応は?

子どもや保護者への対応は、保育園の方針に従っておこないましょう。

自分の判断で、子どもや保護者への妊娠報告は行わない方がよいでしょう。

保育園の方針が決まっていないうちに話してしまうと、うわさだけが先に広まり、混乱を起こしてしまいます。

③周囲のサポートに感謝を忘れない

妊娠中、なるべく迷惑をかけたくないとは思いますが、一人でムリするのは禁物です。

おなかの赤ちゃんを第一に考え、周囲のサポートが必要不可欠です。

そして、周囲の助けがあって仕事ができることに感謝し「ありがとうございます」と言葉で伝えましょう。

相手は自分の鏡です。

あなたの対応次第で、今後の相手の対応も変わってきますので。

④ふだんからの誠実な態度が大切

「ふだんは横柄なのに、自分が困った時だけ助けを求めてくる…」

こんな人だと、サポートしたくなくないですよね。

あなたがいつも誠実な態度を心がけていれば、あなたが困った時、みんな喜んで助けてくれます。

また、産休明けでも、こころよく迎えてくれるでしょう。

 

妊娠中の保育士が保育で気をつけるポイント

妊娠中の保育士が仕事で気をつけるポイント

つぎに、妊娠中の保育士が、保育で気をつけるポイントをみていきましょう。

①激しい運動を避ける

保育士は、子どもを抱っこしたり、一緒に走り回ったり、子どもからタックルを受けたりと、激しい動きが付きものですよね。

しかし妊娠中は、全身を使う激しい運動や疲労の蓄積は禁物です。

とくに、妊娠初期の不安定な時期は、無理せず休むことが重要ですよ。

②重たいものを取り扱わない

妊娠中は、重たい物の取り扱いも注意が必要です。

行事の準備や机の移動などは、遠慮なく周りにサポートを依頼して下さいね。

お願いしたあとは、感謝の気持ちも忘れず伝え、またサポートを依頼しやすいようにしておきましょう。

③感染症に気をつける

妊娠中は、免疫力が弱るので、感染症には注意が必要です

保育園は子どもが多いので、油断をするとすぐに病気をもらってしまいます。

インフルエンザ、コロナ、風疹など…妊婦には大敵ですよね。

園児のおう吐物の処理、園児とのスキンシップ、通勤時など、注意すべき点をチェックしておきましょう。

④体調が悪い時は、無理せず休む

体調がわるくても「休む」とは、言いずらいこともありますよね…

しかし、体調が悪い妊婦さんは、休むことが大切です。

あまり無理して出勤しても、周りに心配をかけて迷惑をかけるケースもあります。

何より大切なのは、おなかの赤ちゃんです。

周りに感謝と配慮をしながら、おなかの赤ちゃんを大切にしていきましょう。

参考記事:職場と母性に関する母性健康管理推進サイト

産後どう働くか?

産休明け後どう働くか?

無事に出産したのち、どう働くかも心配ですよね。

①産休・育休を取得したのち職場復帰する

出産後も慣れた職場に復帰できれば、自身の負担も減りますよね。

復帰後のことも考えて、普段から一生懸命な仕事をしていれば、産後の職場復帰もしやすいでしょう。

産休はどなたでも取得可能ですが、育休は取得条件もありますので、下記厚生労働省のページも参考下さいね。

参考資料:厚生労働省産休・育休について

②パートや派遣などに変える

妊娠前のように、フルタイムで仕事をしながら育児をするのは、体力と気力の負担が大きいです

そのため、パートや派遣など、融通が利きやすい働き方に変えるのも手段の一つです。

今の職場でパート契約を結ぶか、いったん退職して別の保育園で働くのも良いでしょう。

そして、子育てが落ち着いたら、またフルタイムで働くのもアリですね。

③別の保育園で再就職する場合は?

・産休前の保育園で、マタハラがあった…
・もう前の保育園には戻りたくない…

こんな場合、別の保育園で再出発した方がよいでしょう。

復職しても、育児との両立は困難ですから…

 

再就職時は、育児との両立ができるか、家族の理解を得られるかがポイントです。

・時間の融通がきく
・休みが取りやすい
・残業がない

転職エージェントと相談しながら、このような保育園を選ぶとよいでしょう。

保育園内部の詳しい情報もあるので、役立ちます。

完全無料・1分簡単登録

保育エイド
人間関係の良い職場のみ紹介
キララサポート保育
月収30万など優良求人が多数
保育ひろば
全国最多・保育士転職の定番

保育バランス:1都3県限定
企業内や院内保育ならココ
ほいく畑
未経験やブランクOKの求人多数

*合わない場合いつでも解約可能

関連記事:保育士がホワイトな保育園を見分ける方法➡ブラック園への転職を避ける!

 

まとめ:保育士が妊娠したら、おなかの赤ちゃんを一番に考えよう!

笑顔の保育士

保育士が妊娠したら周りへの迷惑を考えてしまうこともあるでしょう…

しかし、おなかのなかの赤ちゃんが一番大切であることを、忘れないようにしましょう。

ただ「妊婦は優遇されて当たり前」なんて態度を見せると、周りかの協力が得られません。

周りへの配慮は忘れず、おなかの赤ちゃんを大切にしていきたいですね。

 

マタハラなど、妊娠などを理由に職場から不当な扱いをうけた場合、下記に相談ができますよ。

厚生労働省:妊娠・出産、育児休業等を理由とする不利益取扱い

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました