保育士の人間関係で最悪な気分ですか?読めば分かるスッキリ解消法

保育士の悩み

保育士に限らず、職場の人間関係はとても難しいものです。

職場の人間関係により、楽しく仕事も出来れば、最悪な気分にもなりますよね。

・保育士の人間関係がつらい
・人間関係が最悪で、園を退職したい
・園内の人間関係を解決して、楽しく働きたい
今回は、このような方が読んでスッキリ楽しく働けるような記事です。
保育士は園内での関係だけでなく、保護者や子どもとなど多くの人間関係が発生します。
そのため保育士は、人間関係でうまく対応できれば、毎日楽しく働くことができます。
この記事を読んで気分スッキリ、楽しい職場にしていきましょう!

もっとあなたにマッチした保育園があるかも

完全無料・1分簡単登録

保育エイド
人間関係の良い職場のみ紹介
キララサポート保育
月収30万など優良求人が多数
保育ひろば
保育士転職の定番(全地域対応)

保育バランス
ライフワークバランス重視の求人
ほいく畑
未経験やブランクOKの求人多数

保育士の人間関係

悩む女性

保育士は、実に多くの人間関係に対応しなければなりません。

それぞれの人間関係の特徴をみていきましょう。

1,新人とベテラン保育士の関係
2,女性保育士と男性保育士の関係
3,正社員保育士とパート・派遣保育士の関係
4,保育士と園長・主任など責任者との人間関係
5,保育士と保護者の人間関係

1,新人とベテラン保育士の関係

右も左もわからない新人保育士とベテラン保育士の間では、壁が出来やすく、ベテラン保育士がイライラしたり、口調がきつくなったりします。

意地悪なイジメのケースを除き、ある程度新人さんが怒られたりする事は、しょうがない事でもありますが・・・

新人さんからすれば、もっと優しく教えてくれたらいいのにと思ったり、ベテランさんからすれば、 もっと優しく言えばよかったと思ったりもします。

しかしある程度しょうがないと割り切って、 目の前の業務に集中する事が大切ですよ。

のちに振返り、大変だったけど成長できたと思うようになれるはずです。

ただし、陰湿なイジメや心を病むようなケースは例外です。 毎晩眠れない、職場に行くのが怖い、などの症状が有る場合、信頼できる人に話して相談して下さいね。

関連記事:保育士のいじめ対策

2,女性保育士と男性保育士の関係

喧嘩するキャラクター

男性保育士も増えつつあるとはいえ、やはり保育士は女性社会の職場です。

男性保育士が女性の輪の中に入れず、孤立するケースもあり、男性保育士が職場で感じている プレッシャーは、女性保育士が思う以上かも。

男性保育士側は、より積極的に女性保育士とコミュニケーションをとって行くとともに、 女性保育士側も、男性保育士の気持ちに配慮しながら、お互いに尊重しあえるようにしていくコトが大切です。

しかし陰湿なイジメなどを感じられるような場合は、信頼できる人に相談してみて下さい。

そのため、はじめに信頼できる人を1人見つけることが重要ですよ。

関連記事:男性保育士のイジメ対策!

3,正社員保育士とパート・派遣保育士の関係

正社員側からみれば、パート・派遣保育士は、責任感がないなどの不満があります。

パート・派遣社員からみれば、正社員保育士は、給与面での待遇が違うから責任感のちがいは当たり前とも思います。

給与の比率で100%平等に、責任範囲を分けることはできないので、ある程度は仕方がない部分はあり、 おおかたの保育士は目をつぶって大人の対応をしているのが現状ですが、度を超えると問題が表面化してくるんです・・。

問題が表面化すると、当事者同士の話し合いでは解決できなくなるので、 園長や主任など第三者的な人との相談で歩み寄る方法が良いでしょう。

問題がこじれすぎて解決できない場合、心機一転、転職もおすすめしますよ。

4,保育士と園長・主任など責任者との人間関係

指を差し非難する男性

園長や主任などとは、現場の保育士とは異なる視点で物事をみています。

立場の違いから、園全体の経営・運営面などの視点で見るためです。

その為、現場の保育士からすると『上は現場をわかっていない』という感覚を 持ちやすく、責任者側からみると『社員に経営・運営のことを理解させるのは無理』など意見の相違がでます。

年齢差や園内権力の有無などの関係上、ある程度のギャップはしょうが無い部分ですが、 これも度を超すパワハラの疑いが有る場合、転職も考えた方が賢明でしょう。

関連リンク:パワハラ園長対策

5,保育士と保護者の人間関係

各家庭にはそれぞれの考え方が有り、保育士側が100%全部の対応は現実的にできません。

しかし保育士側の対応次第で、保護者の態度も変わってきます。

そのため、日頃からよくコミュニケーションをとり、クレームになりそうな芽を摘んでおくとよいでしょう。万が一クレームが発生した場合は、良く話しを聞くことを第一に沈静化をはかって下さいね。

但し、保護者の中には一定数、良識の無いモンスターペアレンツがいるのも事実です。その際は、園長・主任と連携しながら、1人で抱え込まないようにしましょう。

関連リンク:保護者クレーム対策

保育士が人間関係で心がけること

笑顔の子供たち

次に保育士が日ごろ人間関係で心がける事をみておきましょう。

1,明るいあいさつ
2,感謝の気持ちを表現する
3,聞き上手になる
4,悪いと思ったことは素直に謝まる

1,明るいあいさつ

コミュニケーションの基本である挨拶。

『おはようございます』『お疲れ様です』と明るく投げかけれるだけで、 言われた方も、言った方も、気持ちよくなれますよね。

挨拶をして無視されたなどがあれば、 心の狭い人だと思って割り切っていきましょう。返事は期待しない方が楽です。

2,感謝の気持ちを表現する

『ありがとうございます』は、魔法の言葉です。言われた方は嫌な気持ちには絶対なりませんよね。

保護者、管理者、こども、新人さん、派遣さんなど、どのような場合でも使えて効果あります。

苦手な人にも勇気をもって言ってみて下さいね!

3,聞き上手になる

保育士は女性が多く、女性の多くは自分の事を話したい傾向が多いです。

そのため、自分の事ばかり話している人は、嫌われやすいで傾向もあります。

反対によく話しを聞いてもらえれば好感度も上がり、人間関係も円滑になりやすいですね。

相手に興味を持って、いろいろ聞いてみるところから始めてみましょう。

4,悪いと思ったことは素直に謝まる

悪いと思ったことは、素直に謝ることが大切です。

間違えや失敗は誰にでもありますが、意地を張って謝れない人は、人間関係の修復が出来ないからです。

例えば、ミスをしたけど謝らない、迷惑を掛けられたけど何の一言もなり。

このような同僚がいれば、嫌な気分になりますよね。

保育士の人間関係が最悪こじれた場合の解決方法

きらめく電球

良い人間関係を築く努力をしていても、相手に悪意が有ったり、感情が先走りした場合、 人間関係がこじれる場合もあります。

人間関係のストレスを放置しておくと、不眠、鬱、などの症状も引き起こしかねませんね。最悪にこじれた場合の解決策を紹介いたします。

1,勇気を出しコミュニケーションをとる
2,距離を置いてみる
3,第三者に仲介してもらう
4,退職、転職する
5,外部機関への相談

1,勇気を出しコミュニケーションをとる

こじれた関係を修復するには、当事者のどちらかが歩み寄りをして コミュニケーションをとる必要があります。

『お互いのプライドが邪魔して人間関係がずっと平行線のまま』なんてこともありますよね。

人間関係修復のため、勇気を出してみるという事が大切になりますよ。

2,距離を置いてみる

最低限の挨拶だけはして、一度距離を置いてみるのも良いでしょう。

関係修復の期を見計らいながら、業務上だけの関係と割り切り、目の前の業務遂行に徹します。

何かのきっかけで、業務上の接点が出来た時、一気に人間関係の修復を目指すのも良いでしょう。

3,第三者に仲介してもらう

業務に支障が出るほど、関係がこじれた場合、 園長でも主任でもよいですが、信頼できる第三者に仲介をしてもらいます。

その場合、自身が納得いかない、不利な条件を認めさせられる可能性もありますが、 ご自身の生活、園の子どものことなど考えて、どこまで条件をのめるかを冷静に判断して下さい。

感情が先走ると後悔する場合もありますので。

4,退職、転職する

退職届を出す女性

人間関係の悩みはどこの職場でも多少はつきものですが、職場を変えることで人間関係が劇的に変わるります。

金魚でも、こっちの水だと元気がないけど、あっちの水だと元気に泳いでる!という感じです。

そのため、 自身の限界が来る前に職場環境を変えてみて下さい。 自分を責めすぎるのは、あまり感心できることではありませんよ。

 

また転職のメリットとして、新しい環境で新しいスキル、考え方で仕事ができ、ご自身のスキルや人間力のUPにもつながります。

保育業界は人材不足もあり、積極的に転職を検討してもよいでしょう。

 

但し転職後も同じ人間関係に悩まないよう、事前リサーチが重要になりますので、WEBサイトや複数の転職エージェントから情報を集め、事前見学などで雰囲気をチェックして下さいね。

少しでもおかしな雰囲気を感じれば、転職を見送るくらいでちょうど良いです。その為に余裕をもった転職スケジュールを立てましょう。

 

余裕を持つために、在職中に情報集めをしたり、 退職後数か月収入が無くても生活できる程度の貯金をしておくなど、しておきたいですね。

金銭的、時間的に余裕がなくなると、焦りと妥協で次の転職先を決めかねないので。

⑤外部機関への相談

少しハードルが高いかもしれませんが、外部機関に相談すれば、メンタルや法律面などで専門的なアドバイスがもらえます。

日本司法支援センター 法テラス
みんなの人権110番
こころの耳 メンタルサポート

いずれも費用はかかりませんので、行き詰ってしまった方は覗いてみて下さいね。

 

【保育士の人間関係最悪!】を打破し、スッキリ仕事しよう!

これまで色々と対策を述べてきましたが、実は最終的に職場の人間関係には、過度な期待をしない方が良いです。

一番大事なのは、家族・恋人・親友、二番目に友人や親戚、三番目に職場の人間関係 という人も多いでしょう。

家族や友人ほど大事ではない職場の人間関係を友人レベルまで引き上げようとすると、大変なエネルギーを必要とし精神的に疲れ果ててしまうからです。

期待せず、ほどほどの関係、仕事に支障が出ない関係と考えるくらいでちょうど良いのです。

 

但し、一般的に8人以下の集団であれば、コミュニケーションが取りやすく、親密な関係で働くことも可能といわれますので、 自分の個性を生かし、良い人間関係の職場で働きたい場合、雰囲気の良い小規模園で働くのもよいかと思います。

完全無料・1分簡単登録

保育エイドおすすめ!!
人間関係の良い職場のみ紹介
キララサポート保育好条件
月収30万など優良求人が多数
保育ひろば迷ったらコレ
全国最多・保育士転職の定番

保育バランス:1都3県限定
企業内や院内保育ならココ
ほいく畑派遣求人も多数
未経験やブランクOKの求人多数

人気記事全部無料!人気の保育士転職サイトおすすめ7選
関連記事:求人サイト保育エイドとは?【2021年最新版】

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました