「保育士に復帰して後悔…」そんな時の解決法と注意ポイント!

「保育士に復帰して後悔…」 そんな時の解決法と注意ポイント 保育士の悩み

保育士に復帰したけど「後悔している…」なんて人も多くいるでしょう。

・自分の子どもの面倒が見れない…
・仕事や責任が多すぎてキツイ…
・家族のサポートがない…

こんな状況なら、誰しもが心折れてしまうものです。

そこで今回は、保育士に復帰して後悔した人の対処法を解説します。

また、これから保育士に復帰する人の注意ポイントも紹介しますので、ぜひ最後まで読んでみて下さいね。

 

保育士に復帰して後悔するパターン

悩む保育士

まずはじめに、保育士に復帰して後悔するパターンを見ていきましょう。

①子育てと仕事の両立が難しい…
②業務や責任が多すぎた…
③職場の人間関係がキツイ…
④家族のサポートが不足…

①子育てと仕事の両立が難しい…

子育てと仕事の両立が難しく、保育士に復帰したことを後悔する人が多くいます。

自分の子どもを保育園に預けて、自分は保育士として他の子どもの面倒をみる…

こんな矛盾が続けば「なんで保育士になったんだろう…」と後悔もしますよね。

とくに正職で復帰すれば、時間も体力も奪われます。

そうなれば、可愛いはずの我が子の育児もツラくなってしまうのです。

②業務や責任が多すぎた…

もう少しラクに働きたかったけど、業務や責任が多すぎて大変…

こんな状況に後悔している人も多くいます。

家計のためと思って復帰したのに、朝から晩まで働き、休日も出勤…

こんな状況が続けば、心身ともに悲鳴をあげるのも時間の問題ですよね。

③職場の人間関係がキツイ…

感情的になる女性

職場の人間関係がキツく、復帰したことを後悔する人もいます…

職場では、さまざまな価値観の人が集まり、長い時間一緒に過ごします。

また保育士の職場は、女性が多く閉鎖的なので、人間関係の悩みが発生しやすいのも理由です。

保育士の人間関係で悩む人のために、下記も合わせてご覧ください。

関連記事:どうにかしたい保育士の最悪な人間関係…人生変わる考え方のコツは?

④家族のサポートが不足…

配偶者や祖父母など、家族のサポートが不足…

こんな状況では、仕事と家事育児の両立は難しいですよね。

「もっと手伝ってくれると思ったのに…」「どうして私だけ…」

こんな気持ちが続けば、家庭不和の原因にもなってしまいます。

 

保育士に復職して後悔した時の解決法

笑顔の保育士

次に、保育士に復帰して後悔した時の解決法をみていきましょう。

①なんでも完璧を求めないでOK
②働き方を変える
③自治体のサポートを活用
④今の職場を辞める(転職)
⑤家族の協力を求める

①なんでも完璧を求めないでOK

仕事・家事・育児

なんでも完璧にこなそうとすると、ストレスをためやすくなります。

・仕事で少し手を抜いてもOK
・毎日手作りの食事でなくてもOK
・毎日そうじをしなくてもOK

このように、完璧でない自分でも許してあげる発想が大切ですよ。

②働き方を変える

フルタイムの正社員がきつい場合は、パートや時短など働き方を変えてみましょう。

パートや時短は、給料は少なくなりますが、時間に余裕ができ責任も少なくなります。

その分、子育てや家事に多くの時間をあてられます。

そして、子どもが大きくなったら正職に戻るという働き方も良いでしょう。

③自治体のサポートを活用

多くの自治体では、働きながら子育てをする人を支援するための「ファミリーサポート」などを提供しています。

・保育施設までの送迎
・放課後や夏休み中に子どもを預かる
・保護者が病気になった時の対応

交代できる人がいない時や、お迎えが間に合わない時など、登録しておくと助かりますよ。

参考資料ファミリーサポート制度詳細

④今の職場を辞める(転職)

話し合いをする女性

今の職場を退職し、もっと働きやすい職場に転職するのも有効な解決方法です。

なぜなら、保育園により働きやすさは、天と地ほどの差があるからです。

今の保育園が合っていなくても、もっとあなたに合った保育園は必ずあるのです。

具体的には、子育て中の保育士が多く勤め、サポート体制が充実した保育園がオススメです。

そのような保育園は、保育士バンクのような転職サービスに登録すれば、情報をくれます。

 

転職サービスの利用は無料です。

ぜひ活用して、あなたに合った保育園の求人を見つけてみましょう。

\あなたに合った職場を見つけよう/
保育士バンクに無料登録 >>

⑤家族の協力を求める

保育士に復帰したけど、思っていたよりも家族のサポートがなかった…

こんな状況になると腹立たしくなるものです。

家事育児はチームプレーです。とくに配偶者との連携は大切ですよね。

「サポートを得る」というよりも「一緒に取り組む」姿勢を再確認しておきましょう。

 

また、期待し過ぎると失望が大きくなります。

協力を得られたことに感謝しながら、おおらかな気持ちでいましょう。

そうすれば結果的に、より多くのことに協力してくれるでしょう。

 

これから保育士に復帰する人の注意ポイント

女の子笑顔

では、これから保育士に復帰する人の注意ポイントも見ておきましょう。

①希望の働き方を明確にする
②保育園の情報を収集する
③研修・セミナーを受講する
④保育士証を確認しておく
⑤潜在保育士の支援制度もある

①希望の働き方を明確にする

復職後どんな条件で働きたいかを明確にすることが大切です。

・勤務形態:正職/派遣/パート?
・勤務時間:何時~何時までが希望?
・休日日数:土日休み/週休2日?
・給与賞与:あなたの希望は?
・通勤時間:何分までならOK?
・保育方針:あなたの考えと合う?

このような、あなたの希望条件を明確にしておきましょう。

あなたのや家族の状況を考え、じっくりと希望条件を出してみて下さいね。

②保育園の情報を収集する

復職後「こんなはずじゃなかった…」と後悔しないよう、保育園の情報収集は大切です。

・保育園の雰囲気
・園長の人柄
・保育士の年齢層
・職場の離職率

これらのことは、転職サービスに登録しておけば、無料で調べてくれます。

転職サービスは、保育園側とのやり取りを全部やってくれるので、ぜひ活用しましょう。

\あなたに合った保育園が必ずある/
保育士バンクに無料登録 >>

③研修・セミナーを受講する

OKサインを出す保育士

「ブランクがあるけど、保育知識やスキルに不安がある…」

こう感じている人も多いでしょう。

そんな人は、各自治体などが主催している研修やセミナーを受講しておきましょう。

例えば東京都保育人材支援センターでは、最新の保育知識の講義や、保育実習も無料で行われてます。

あなたのお住まいの自治体にも問い合わせしてみて下さいね。

④保育士証を確認しておく

ブランクがある保育士が復職するためには、「保育士資格証明書」と「指定保育士養成施設卒業証明書」のほかに「保育士証」が必要になりました。

平成15年11月以前に保育士を辞めた人は、保育士証の交付を受ける必要があります。

また保育士証をもっていても、結婚離婚などで苗字や本籍が変わった場合は、更新が必要です。

詳しくは、日本保育協会の登録事務処理センターに問い合わせて下さいね。

⑤潜在保育士の支援制度もある

保育士不足を改善するため、国や自治体では復職を目指す人のための支援制度があります。

具体的には、保育士就職準備金貸付制度です。

これは、離職から1年以上経過している保育士に、最大40万円が無利子で融資されます。

さらにこの貸付金は、自治体が指定する保育施設に2年以上勤務すれば、返済が不要になるのです。

とてもありがたい制度なので、各自治体に問い合わせてしてみて下さいね。

 

自分に合わない職場は苦労が3倍に…

自分に合わない職場は苦労が3倍に…

せっかく保育士に復帰したのに、自分に合わない職場だったら、必要以上に苦労しますよね…

育児家事があるのに、仕事を押し付けられたり、人間関係で深く悩んだりすることもあるでしょう。

そうなれば、あらゆる生活が負担に感じるものです…

 

そんなふうに苦しんでいる人は、自分に合った職場への転職を考えましょう。

でも転職を考えるのって面倒だし、時間もないですよね…

だから不満があってもスルーして、また朝起きて職場に行ってを繰り返します。

でもそう思っていたら、一生あなたの輝く道を見つけられません。

 

あなたの今の不満を変えるには、チャレンジする必要があります。

「今のままじゃダメだ…」と思った人は、転職サービスに登録することから始めてみましょう!

転職サービスに登録しておけば、あなたの条件に合った求人が出たときに、メールで連絡がきます。

時間がない人には、とても便利なサービスですよね。

しかも転職サービスは完全無料です。

 

優良な求人が集まりオススメなのは保育士バンクです。

保育士専門のサービスで、求人数は国内最大級だからです。

あなたの条件に合った求人が必ず見つかりますよ。

\まずは無料登録で求人をみよう/
保育士バンクに無料登録 >>

 

まとめ

笑顔の女性社員

せっかく保育士に復帰したのに、自分の子どもの面倒も見られずに悩む…

こんな人もたくさんいるでしょう。

いくらお金のためとは言え、これでは何のために働いているのか分かりませんよね。

 

そんなふうに悩む人は、パートや時短などに変えてもらっても良いでしょう。

また、今の保育園を辞めて、もっと働きやすい職場に転職するのも良いでしょう。

 

いずれにしても、今の現状をなげくだけではいけません。

あなたが「どうしたいか」を考えて、それを実現させるために、行動していきましょう。

忙しい毎日かもしれません。

でも、毎日少しでも考えて行動していけば、あなたらしい人生を歩んで行けますよ!

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました