学童指導員【徹底解説】資格必要?仕事内容は?給与は?求人は?

保育士の職場
・学童保育士って、どんな仕事をするの?
・学童保育士のお給料ってどのくらいなの?
・学童保育士は、どんな働き方をするの?
・どうやって求人をさがすの?

保育士のはたらき方の選択肢の1つとして、学童保育士があります。 存在は知っているかもしれませんが、どんな仕事内容で、どのくらいのお給料か把握をしておけば 、はたらき方の選択肢の1つになる可能性もありますよね。

待機児童の解消をめざし、学童施設も増加してますので、 ぜひチェックしてみて下さいね。

学童保育士(学童指導員)の仕事内容

小学生の女の子

学童は、日中仕事などで不在の親にかわり、放課後の小学生を預かり保育する施設です。 一般的には学童クラブ、児童クラブなどと呼ばれています。

保育対象年齢

おもな対象年齢は小学校低学年で、保育園児と比較すると手がかからない年齢ですね。 その分、児童の体力・知力ともに上がっていますので、一緒に遊ぶにも体力が必要だったり、 児童同士のケンカもパワフルだったり、イジメの可能性も出てきたり・・・という具合にもなります。

そのような特徴から、保育士の現場よりも男性職員の比率が高いのも特徴の1つです。

保育時間

また、子どもの下校後の保育になる為、通常お昼ごろから出社し午後2時以降子どもが下校し登園してきます。(職責により時間は前後します)その後、18時~19時近くまで保育業務にあたるのが一般的です。

ただ、学校がお休みの日や夏休みなどの長期休みの間は、朝から子どもを預かります。 また、学校行事などにも臨機応変な対応が必要になってきますね。

保育園と違い、担任制がなく、行事も多くないので、残業や持ち帰り仕事も少ない事も特徴です。

学童指導員の資格

勉強する女性

学童保育士になるために、必ず必要な資格は有りません。つまり資格が無くても、学童保育士にはなれます。

しかし、2015年に学童保育の質向上のため、『放課後児童指導員』という資格が新設され、厚生労働省が学童保育施設1か所につき、職員は2名以上で、そのうち1人以上は『放課後児童指導員』でなければならないという制度を設けました。

放課後児童指導員の受験資格

下記いずれかの該当すれば、受験資格を得られます。ちょっと長いので、最初の5つくらいを把握しておいてもOKです。外国の大学や大学院へ通っていた方は、全部読んでみて下さいね。

下記資格の該当者が地方公共団体が開催する研修を受けて、放課後児童指導員の資格を取得します。

①保育士の資格

②社会福祉士の資格

③幼稚園・小学校・中学校・高等学校の教員免許

④高校卒業後、2年以上児童福祉事業に従事した人

⑤大学で社会福祉学、心理学、教育学、社会学、芸術学もしくは体育学を専修する学科や、これらに相当する課程を修めて卒業した人

⑥大学で社会福祉学、心理学、教育学、社会学、芸術学もしくは体育学を専修する学科や、これたに相当する課程で優秀な成績で単位取り、大学院への入学が認められた人

⑦大学院で社会福祉学、心理学、教育学、社会学、芸術学もしくは体育学を専攻する研究科または、これたに相当する課程を収めて卒業した人

⑧外国の大学で社会福祉学、心理学、教育学、社会学、芸術学もしくは体育学を専修する学科または、これたに相当する課程を修め卒業したもの

⑨高校卒業者で、かつ、2年以上放課後児童健全育成事業に類似する事業に従事した人で市町村長が適当であると認めた人

 

上記資格の該当者が地方公共団体が開催する研修を受けて、放課後児童指導員の資格を取得します。

学童指導員の給与

正規職員の平均給与は月額19万円前後で、非正規パートやアルバイトだと時給1000円前後が相場です。

放課後児童指導員や保育士、社会福祉士の資格が有れば、これよりも高くなる傾向にあります。

これはあくまでも平均であって、中にはもっと条件の良い求人案件も有りますので、転職エージェントに相談してみるのもよいでしょう。

給与面では高給ではないですが、出勤時間が遅かったり、ライフスタイルに合わせてはたらきやすいので、学生や主婦からも人気がある職場です。

学童指導員の転職・求人

転職相談する女性

学童保育士の求人は転職サイトで探すのが一般的で効率が良いですが、以下の点に気を付けながら、進めてみて下さい。

学童施設の雰囲気・働きやすさ

転職サイトの求人票のみではわからない部分です。

登録したサイトのエージェントに聞いて情報を集め、実際に見学をさえてもらえるか確認必要です。各園により、方針・雰囲気が違うため、入社後のトラブルを避けるためにも必須です。

給与面

求人票の額面給与のみで分からない部分も多く、個人のスキルや経験、資格などで給与も変わってきます。

転職エージェントを通じて確認するか、最終面接で確認し、入社後のトラブルが無いようにしておくことが重要です。

福利厚生・残業手当など

給与ばかりに気を取られ、社会保険が無かったりしないか? 残業手当ては別途支給されるか?
福利厚生などは有るか? などもチェックしておいて下さいね。求人票に記載ない場合、転職エージェントに確認をして下さいね。

人気記事全部無料!人気の保育士転職サイトおすすめ7選

さいごに

キラキラと輝く女性

平成20年の学童施設数は約17,500件、平成30年には約25,000件となり、10年で1.4倍になり、今も右肩上がりで施設が増えています。

近年はブラック園も減って待遇面での改善も進みつつあり、柔軟に働きたい方には人気も出てきましたが、良い施設で働くために、事前の情報収集は欠かせません。

ネットや転職エージェント、実際の見学など、あらゆる方面から情報を集め、複数比較検討しながら、良い園と出会いたいですね。

その為に、一般の転職サイトではなく、保育士専門の転職サイトでの登録をおすすめします。

また転職に慣れてない方は、転職コンシェルジュの担当者が付くサイトへの登録が良いでしょう。

その際、転職エージェントにより、情報の多さが違うため、複数のサイトに登録されるのがベストですね。

子どもの成長に携われる魅力的なお仕事で、かつ、柔軟にはたらけるので、保育士の資格を持っている方は、検討してみて下さいね。

 

学童保育への就職なら【はじめての学童指導員】

コメント

タイトルとURLをコピーしました