【すぐ分かる】小規模保育園の働きやすさとは?大規模保育園とのちがい

小規模保育園の働きやすさ 保育士の職場

子ども一人一人と関われ、ゆったり働きやすいとされる小規模保育園は、保育士の職場として人気があります。

しかし大規模保育園との違いや、それぞれのメリット・デメリットを知っておく必要はありますよね。

そこで今回の記事では、小規模保育園のコトを深掘りしていきます。

最後には、保育園をえらぶ時のポイントも解説いたしますので、ぜひ参考にしてみて下さいね。

 

 

すぐにでも小規模保育園の優良求人をみたい方は、下記の公式サイトから登録してみてください。

無料登録すれば、全部の求人が無料で見られますよ!

\保育士が利用したい転職エージェント3選/

完全無料・1分かんたん登録
合わない場合はいつでも退会可能

保育士バンク:迷ったらココ!
業界最大級の求人数

マイナビ保育士

首都圏を中心とした求人に強み


保育エイド

人間関係の良い求人のみ紹介

保育士転職サービスTOP3を詳しく >

 

 

小規模保育園と一般保育園のちがい

大規模保育園と小規模保育園の違い

まずはじめに、小規模保育園と一般保育園のちがいをおさらいしておきましょう。

①0歳~2歳の乳児保育
②定員は6~19名以下
③小規模保育園の種類(A/B/C型)

①0歳~2歳の乳児保育

小規模保育園の利用対象は、0歳~年度中に3歳になる2歳児の子どもです。

一般の認可保育園は、0歳~年度中に6歳になる5歳児が対象なので、この点は大きな違いですよね。

②定員は6~19名以下

小規模保育園の利用定員は、6~19名以下と決められています。

一般保育園の認可基準が20名以上なので、今まで定員基準を満たせなかった保育園も、小規模保育園として認可が受けられるようになりました。

③小規模保育園の種類(A/B/C型)

小規模保育園には、A型B型C型の3種類がありますので、それぞれの特徴を見ていきましょう。

小規模保育園資料

A型

利用定員は6~19名、職員の配置基準は、認可保育所の配置基準にプラス1名です。

また、すべての職員が保育士資格を有していることが必要です。

B型

A型と同じく、利用定員は6~19名。職員の配置基準は、認可保育所の配置基準にプラス1名です。

ただし、職員の1/2が保育士資格を有していれば運営可能ですが、保育士以外は研修の受講が必須です。

C型

利用定員は6~10名で、職員の配置基準は、子ども対職員の割合が3:1です。

ただし、家庭的保育者をおく場合、その配置基準は5:2になります。

参考:家庭的保育者とは

 

大規模保育園ではたらくメリット&デメリット

大規模保育園のメリット&デメリット

では次に、大規模保育園ではたらくメリット・デメリットを見ていきましょう。

①大規模保育園ではたらくメリット

①多くの子どもと関われる
②職員が多くシフト調整しやすい
③やりがいを感じやすい

多くの子どもと関わるスキルが身に付く

一般の大規模保育園では、子どもの数も多く、年齢層もさまざまです。

そのため、クラス担任制を取っている保育園が多く、一斉保育や大規模行事のスキルが身に付きます。

また、さまざま年齢や個性の子どもの保育をすることで、自身のスキルアップにつながるでしょう。

職員が多くシフト調整しやすい

一般の大規模保育園は、小規模園に比べて職員に余裕があるケースが多く、シフト調整がしやすいのがメリットです。

子育て中の保育士など、急な休みが多くなる人にとっては、シフト調整のしやすさは大切ですよね。

やりがいを感じやすい

一般の大規模保育園では、小規模保育園よりも、よりやりがいを感じやすいのもメリットです。

・運動会や発表会などの行事
・担任制での子どもの保育
・より多くの職員から学び得られる
・小規模園より施設や園庭が充実

このような点は、小規模園にはないメリットとして、やりがいを感じやすいでしょう。

 

②大規模保育園ではたらくデメリット

①子ども1人1人との時間が短くなる
②仕事量が多くなる
③人間関係が難しい

子ども1人1人との時間が短くなる

大規模保育園は、多くの子どもと関われるメリットの裏がえしとして、子ども1人1人との時間が短くなってしまいます。

じっくりと、子どもに寄り添った保育をしたい人には向いてないと言えるでしょう。

仕事量が多くなる

大規模園での行事の多さは、やりがいになる反面、仕事量が多く負担になるケースもあります。

また、小規模保育園に比べて書類作成の量もたくさんあり、残業や持帰り仕事に負担を感じる人も少なくありません。

人間関係が難しい

大規模園は、職員の数も多く、人間関係が難しくなるケースも多くあります。

合わない先生とペアになると、大きなストレスを感じることもあるでしょう。

ただし、小規模園でも人間関係の問題はあるし、大規模園でも良い雰囲気の保育園はあるので、自分に合った保育園ではたらくことが大切ですね。

▼関連記事
「もう保育士の人間関係に疲れた…」~職場ストレスの対処法

 

小規模保育園ではたらくメリット&デメリット

赤ちゃんを抱く女性

では次に、小規模保育園ではたらくメリット・デメリットを見ていきましょう。

①小規模保育園ではたらくメリット

①子どもとじっくり関われる
②負担が少ない
③自由でアットホームな雰囲気

子どもとじっくり関われる

小規模保育園では、子どもの人数も少ないので、1人1人とじっくり関わることができます。

子どもの個性を見て、寄り添った保育をしたい人には最適ですね。

負担が少ない

行事や書類作成が少なく、また担任制での責任がないので、保育士は負担が少なく働けます。

そのため、大規模保育園に比べると、残業や持帰り仕事は少ないのは嬉しいですよね。

また0~2歳児の保育がメインで、保育士の体力的な負担も少ないのが特徴です

自由でアットホームな雰囲気

小規模保育園は、大規模園のように一斉保育でないため、自由でアットホームな雰囲気で保育ができます。

職員同士の距離も近く、密にコミュニケーションを取りやすいでしょう。

ただし、大規模でも小規模でも、人間関係の問題は発生するリスクはあるので、自分に合った雰囲気の園ではたらくことが大切ですね。

 

②小規模保育園ではたらくデメリット

①スキルが身に付きにくい
②シフト調整がしづらい
③やりがいが少ないと感じる場合も

スキルが身に付きにくい

小規模保育園では、0歳~2歳児以外の年齢の子どもの保育ができません。

また行事や一斉保育の少ないため、保育士としてのスキルアップを考える人には不向きです。

そのため、小規模園から一般保育園に転職する場合、戸惑いを感じる人も多くいます。

シフト調整がしづらい

小規模保育園は、配置基準ギリギリで運営している所もおおく、シフト調整が難しい傾向があります。

ただしこれは、保育園の事情によりさまざまなので、あなたの希望する保育園での状況は、よく確認しておきましょう。

やりがいが少ないと感じる場合も

前述のように、小規模園は負担が少ない反面、やりがいが少ないと感じる人もいます。

行事の運営、担任としての仕事など、やりがいを持って働きたい人は、一般保育園の方が良いですね。

 

 

給料の違いは?

保育園をえらぶ時のポイントは?

では、一般保育園と小規模保育園の給料の違いはあるのでしょうか?

①運営規模による給料の差
②企業内や院内の保育所は好待遇が多い

①運営規模による給料の差

基本的には、保育園の運営規模による給料の違いは、ほとんどありません。

保育園の月給の違いは、それぞれの保育園の状況による差が大きく、規模による差ではないと言えるでしょう。

「あなたの希望する保育園の給与水準がどの程度なのか?」ということが大切です。

②企業内や院内の保育所は好待遇が多い

しかし小規模保育園のなかでも、企業内保育所や院内保育所は、好待遇のところが多い傾向です。

とくに大企業や大きな病院の保育所は、福利厚生や賞与も充実しており、好待遇と言えるでしょう。

 

気になる人は、企業内や病院内の保育所専門の転職エージェントに登録してみましょう。

これらの好待遇求人は人気が高いのですが、登録しておくことで、希望の求人が出たときにエージェントから連絡をもらえますよ。

企業内や院内保育所の求人のみ扱い
保育バランス1都3県限定

関連記事:企業内保育所で働くメリット

 

こんな保育士は小規模保育園が向いている

こんな保育士は小規模保育園が向いている

これまで、小規模保育園のメリットやデメリットを見ていきました。

そこで、小規模保育園での勤務が向いている人、向いていない人をまとめておきます。

①小規模保育園が向いている人

・アットホームな雰囲気が合う人
・子どもとじっくり関わりたい人
・体力に不安がある人
・残業や持帰り仕事を減らしたい人
・担任などの責任に疲れた人

 

②小規模保育園が向いてない人

・行事や担任などやりがいを求めたい人
・一斉保育や3歳児以上の保育がしたい人
・にぎやかな環境で働きたい人
・施設や園庭など、環境の充実を求める人
・キャリアアップを着実にしたい人

 

 

まとめ:自分に合った保育園をえらぶことが大切!

カフェラテで休憩

これまで、小規模保育園のメリットやデメリットをみてきました。

しかしこれらの特徴は一般的な特徴であり、すべての保育園に当てはまるとは言い切れません。

そのため、保育園をえらぶ時は、その保育園のことをよく調べ、あなたに合った保育園を見つけることが重要です。

 

あなたに合った保育園を見つけるためには、転職エージェントを上手に活用することが大切です。

「あなた自身がなにをしたいのか」「そのためにどんな保育園がいいのか」ということを、無料で相談にのってくれますよ。

まずは求人をみるところからスタートしてみて下さいね。

 

\あなたに合った保育園を見つけよう/

使いやすさなら保育士バンク、人間関係の良い求人なら保育エイドもありですよ。

完全無料・1分かんたん登録
合わない場合はいつでも退会可能

保育士バンク:迷ったらココ!
業界最大級の求人数

マイナビ保育士

首都圏を中心とした求人に強み


保育エイド

人間関係の良い求人のみ紹介

保育士転職サービスTOP3を詳しく >

 

▼関連記事
小規模保育園で働いて後悔したこと!良かったことは?

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました