保育士の転職

保育士の職場

子供に関わる仕事で給料が高い職業は?【やりがいと年収を追求】

保育士は、子供に関わる仕事の代表的な職業ですよね。 しかし給料が高いとはいえず、辞めていく人も多くいます… でも、子供に関わる仕事はやりがいがあるものですよね。 そこで今回の記事では、やりがいと年収を両立できる、子供に関わる仕事を紹介いたします。 あなたに合った働き方を見つけてみましょう!
保育士の悩み

保育士が1週間で辞めたくなった場合の注意点とやるべきコト

「新しい保育園で働いて1週間、すでに辞めたい…」「でも1週間で退職なんて良くないし…」 こんなふうに悩む保育士さんもいるでしょう。 でも、面接や見学だけでは分からないことが、実際入職すると見えてくることもありますよね。 そこで今回は、保育士が1週間で辞めたくなった場合の理由や注意点と、やるべきコトを解説いたします。
保育士の転職

保育士は引く手あまた?人生トクする転職の方法を解説!

保育士は引く手あまた…なんて言われていますが、実際どうなんでしょうか? たしかに、人手不足に悩む保育園は多く、転職サイトにも求人があふれています。 また、仕事のブランク期間がある人や、40代以降の人でも歓迎している保育園もあります。 このような引く手あまたな状況の中、転職する時は少しでも有利な給与条件で転職したいですよね。 そこで今回は「人生トクする保育士転職の方法」を一緒に考えていきたいと思います。
保育士の悩み

「保育士を辞めたい」と悩む50代…その理由と考えるべき選択肢

保育士も50代になると、さまざまな悩みが出て来ますよね。 50代で下記のような悩みで「保育士を辞めたい…」と考える人もいるでしょう。 ・体力がなくなり、疲れが取れない… ・親の介護をしないといけない… ・毎年のプレッシャーに疲れた ・若い先生との間にギャップを感じる! そこで今回は、このように悩みで「保育士を辞めたい…」と考える保育士が、考えておくべきことを紹介いたします。 最後まで読んでいただき、どのような選択肢がベストなのか、考えてみましょう。
保育士の転職

【例文アリ】保育士の志望動機~中途転職の書き方はどうする?

保育士の中途採用の転職で、志望動機はとても大切なポイントですよね。 なぜなら保育園側は、あなたの志望動機を見て、合否を決めることも多いからです。 しかし、志望動機の書き方が分からずに、悩む人もたくさんいるでしょう。 そこで今回は、保育士の転職での志望動機を書くポイントを、例文とともに紹介いたします。 履歴書や面接で上手にアピールして、合格の可能性を広げていきましょう!
保育士の悩み

「保育士に復帰するのが怖い…」と悩む原因。上手に復職するには?

出産後に保育園を辞め、子どもも大きくなり、保育士に復帰しようと考える人は多くいます。 しかし下記のように「保育士に復帰するのが怖い…」とみんな悩むものです。 ・人間関係や仕事になじめるかな~ ・体力や保育の知識面でも心配だなぁ ・家庭との両立ができるのかしら… さらに、ブランクが10年や15年ともなれば、ほぼ新人保育士のような気持ちにもなりますよね。 そこで今回は、保育士に復帰するのが怖い…と悩む原因と、上手に復職するポイントを解説していきます。 ぜひ最後まで読んでいただき、あなたの職場復帰に役立てて下さいね。
保育士の転職

【例文アリ】保育士の志望動機。主婦から復帰する時の書き方

「子どもが大きくなった」などの理由で「保育士に復帰したい」と思っている主婦の方は多くいます。 でも、いざ転職しようとなると、ブランクの大きさから、不安になることもあるでしょう。 しかし、志望動機を明確にし、経験を上手にアピール出来れば、意外にスムーズに復帰はできます。 そこで今回は、相手に届く志望動機のポイントや例文を解説していきます。 また、転職に失敗しないための上手なエージェントの利用のコツも紹介しますので、最後まで読んでいただき、あなたに合った保育園探しに役立てて下さいね!
保育士の悩み

「保育士を辞めたい…」と悩む40代が考えるべき現実と選択肢

若い時とちがい、保育士も40代になると、仕事でさまざまな悩みが出てきますよね… 以下のような状況で「保育士を辞めたい…」という人もいることでしょう。 ・40代なのに、給料が安すぎて… ・40代未経験の求人で転職できるの… ・保育園では若い先生ばかりで人間関係がツラい ・子育てと介護に追われてキツイ… 今回の記事では、このような悩みを持った40代保育士が「どのように考えて行動すべきか」という内容で進めていきます。 最後まで読んでいただき、40代の悩みを解決していきましょう!
保育士の悩み

【安全策】保育士で手取り15万円の人が、18万円にする方法

保育士で手取り15万円というのは、ごく平均的な給料でしょう。 しかし、手取り15万円だと、家賃や光熱費などの固定費を支払うと、手残りは寂しいものです… そのため、友だちと遊びに行くのを控えたり、買いたい服を我慢したりしないといけません。 さらに、保育士は給料が上がりにくいため、将来的なビジョンも見えず、不安になるものです… ただ、毎月の手取りが18万円くらいになれば、あなたの生活もだいぶん余裕が出てきますよね。 そこで今回は、手取り15万からどのように増やすことが出来るのか、ということに焦点を当てていきます。 あなたに合った方法を取り入れて、仕事のやりがいと、生活のうるおいを手に入れましょう!
保育士の転職

「もう学童支援員を辞めたい…」と悩んだ時、考えるべきこと

学童支援員は、見た目以上に大変で、もう辞めたい…と悩む人も多いでしょう。 ・保護者対応がツラい… ・給料が安い… ・職場の人間関係がキツイ… 当然ですが、辞めたいと思って、すぐに辞めるわけにもいかず、毎日ストレスを感じながら働いている人もたくさんいるはずです。 そこで今回は、学童を辞めたいと悩んだ時に考えるべきことと、もし辞めるあとはどうするか、ということを解説していきます。 辞めたいという気持ちは、自分が成長できるチャンスでもあります。 ぜひ最後まで読んで、ヒントをつかんで下さいね。
タイトルとURLをコピーしました