保育士の転職

保育士の職場

あなたは学童指導員に向いている人?向いていない人?

学童で働くなかで「自分は指導員に向いてないかも…」と悩む人もいるでしょう。 実際、学童指導員に向いている人、向いていない人というのは、1つの傾向としてはあります。 しかし「向いてないかも…」と悩む原因の中で、学童施設自体があなたに合っていないケースも多いものです。 そのため「職場を変えたら、個性を活かして楽しく働けるようになった」という人はたくさんいます。 そこで今回は、学童指導員に向いている人、向いていない人の特徴を紹介し「向いていない…」と悩む人のために、転職する際のポイントを解説いたします。 ぜひ最後まで読んでみて下さいね。
保育士の悩み

保育士が3ヵ月で辞める場合どうすればよい?再転職も不安…

希望をもって入職したものの、入職後のギャップに悩まされる保育士は多いものです。 実際、3ヵ月ほどの早期タイミングで辞めるケースも少なくありません。 しかし、3か月ほどの早期で退職する場合、以下のような不安もあるでしょう。 ・こんなに早く辞めて大丈夫なの? ・もう少し我慢して続けるべきか… ・早期で退職したあと再転職が不安。 そこで今回、3ヵ月ほどで保育園を辞めるときに、考えるべきことと、早期退職する場合の注意点をみていきます。
保育士の転職

【これならできる】保育士からの転職先ランキング~異業種への転職~

保育士から転職して「別の業界で仕事をしたい」と思ったことはありますか? ・給料が安い… ・将来が見えない… ・人間関係が悪い… このような理由で、異業種への転職を考えている保育士は、意外にもたくさんいるのです。 しかし、未経験の業界に転職するのは、とても不安なことですよね。 そこで今回は、保育士からの転職がしやすい仕事のランキングを紹介します。 また、保育士が転職を考える時の3つの進路と、転職時の注意ポイントも解説します。 あなたが目指す生活を実現するため、どの道に進むのがベストなのか、一緒に考えてみましょう! なお、ランキングの基準は、収入面と労働環境面を総合的にみて、順位をつけています。 ただし、一般的な傾向をランキング化しており、すべての企業には当てはまらないことを、ご理解下さい。
保育士の職場

院内保育士はきついのか?仕事の特徴と転職ポイントをチェックしよう

院内保育所は「夜勤できついけど、ゆっくり保育ができて、お給料もまあまあ高い…」 そんなことを聞いて、転職を考えている保育士さんもいるでしょう。 しかし実際、どんな仕事内容で、一般保育園とどんな違いがあるのか、気になる人も多いかもしれません。 そこで今回は、院内保育所の特徴や、勤務するメリットデメリットを紹介し、転職する場合の成功のポイントを紹介いたします。 今回の記事を読んでいただき、あなたが活躍するための参考にして下さいね!
保育士の転職

保育士として大切な心構えとは?仕事でおさえたいポイント

保育士として働くうえで「大切な心構えは何だろう…」と、悩んでいる人もいるでしょう。 また、就職や転職の面接作文で、答えを求められる場面もあるかもしれません。 しかし「保育士として大切な心構え」を考えることは、新人さんだけでなく、あなたが保育士として活躍するうえで、基礎をつくる重要な作業です。 子どもや保護者の対応をする時の態度や、仕事の姿勢としても現れてきます。 そこで今回は、保育士として大切な心構えを一緒に考えていこうと思います。
保育士の転職

保育士転職の決め手とは?後悔しないための保育園の選び方

今の保育園に不満があり、転職を考えている… 保育士の求人情報をいろいろ集めているけど、保育園えらびの決め手がよく分からない… このように悩む保育士さんも多いことでしょう。 転職先を決めることは、今後の人生を大きく左右するため、後悔しない選択をしたいものです。 そこで今回は、転職を考える保育士が、後悔しないための保育園えらびの決め手を紹介していきます。 あなたが幸せになるための選択に役立てて下さいね。
保育士の転職

保育士が面接で「何歳児を担当したいか」質問された時の理由回答

保育士の転職面接や、勤務先の保育園にて「何歳児を担当したいか?」と質問された時、どのように回答するのが良いのでしょうか? なんとなく、自分の好みだけの理由だと「わがまま」と思われそうだし… 経験が浅いと、どの年齢のクラスを希望したら良いかも分からないし… ということで今回は、何歳児を担当したいかを問われた時の回答方法を紹介いたします。 ぜひ最後まで読んでいただき、参考にしてみて下さいね。
保育士の悩み

保育士が転職するか悩む時…知っておくべき重要なポイント

「転職するべきかどうか…」 ・職場での人間関係がイヤすぎる… ・今の保育園は、給料が安すぎて… ・仕事が多すぎて、自分の時間がない こんなふうに悩む保育士さんは多いものです。 しかし、転職に成功すれば、悩みを解決できます。 でも…転職失敗の可能性を考えたり、いまいち勇気が出なかったりと、悩むだけで時間がどんどん過ぎていく…というパターンにもなりがちですよね。 そこで今回は、転職すべきかどうか悩む保育士さんが、後悔しないためのポイントを解説致します。 転職は、あなたの人生を左右する大きな分かれ道です。 今回の記事を読んで、あなたの進むべき道を一緒に考えていきましょう!
保育士の転職

【例文アリ】40代保育士の志望動機とアピールするポイント

40代で保育士の転職にお悩みですか? 保育士は、40代でも転職は一般的です。 志望動機を明確にし、これまでの経験を上手にアピール出来れば、希望する保育園に転職も可能です。 でも、どうやって履歴書や面接でアピールするのか…不安もありますよね。 そこで今回は、40代保育士の志望動機やアピールポイントを分かりやすくまとめました。 最後まで読んで、転職活動のヒントをつかんで下さいね!
保育士の転職

【例文アリ】面接で「私の目指す保育士像」を伝えるポイント

保育士の転職や就活の面接で「理想の保育士像」の質問はよく有りますよね。 ぼんやりと頭の中のイメージはあっても、いざ言葉にしようとすると難しいものです。 何も準備ができてなければ、何も相手に伝わらないでしょう。 そこで今回は、転職や就活面接を有利に進めるために「私の目指す保育士像」に焦点をあてていきます。 例文とNG回答もありますので、ぜひ参考にしてみて下さいね。
タイトルとURLをコピーしました