保育士の転職

保育士の転職

【例文アリ】保育士の志望動機。主婦から復帰する時の書き方

「子どもが大きくなった」などの理由で「保育士に復帰したい」と思っている主婦の方は多くいます。 でも、いざ転職しようとなると、ブランクの大きさから、不安になることもあるでしょう。 しかし、志望動機を明確にし、経験を上手にアピール出来れば、意外にスムーズに復帰はできます。 そこで今回は、相手に届く志望動機のポイントや例文を解説していきます。 また、転職に失敗しないための上手なエージェントの利用のコツも紹介しますので、最後まで読んでいただき、あなたに合った保育園探しに役立てて下さいね!
保育士の悩み

「保育士を辞めたい…」と悩む40代が考えるべき現実と選択肢

若い時とちがい、保育士も40代になると、仕事でさまざまな悩みが出てきますよね… 以下のような状況で「保育士を辞めたい…」という人もいることでしょう。 ・40代なのに、給料が安すぎて… ・40代未経験の求人で転職できるの… ・保育園では若い先生ばかりで人間関係がツラい ・子育てと介護に追われてキツイ… 今回の記事では、このような悩みを持った40代保育士が「どのように考えて行動すべきか」という内容で進めていきます。 最後まで読んでいただき、40代の悩みを解決していきましょう!
保育士の悩み

【安全策】保育士で手取り15万円の人が、18万円にする方法

保育士で手取り15万円というのは、ごく平均的な給料でしょう。 しかし、手取り15万円だと、家賃や光熱費などの固定費を支払うと、手残りは寂しいものです… そのため、友だちと遊びに行くのを控えたり、買いたい服を我慢したりしないといけません。 さらに、保育士は給料が上がりにくいため、将来的なビジョンも見えず、不安になるものです… ただ、毎月の手取りが18万円くらいになれば、あなたの生活もだいぶん余裕が出てきますよね。 そこで今回は、手取り15万からどのように増やすことが出来るのか、ということに焦点を当てていきます。 あなたに合った方法を取り入れて、仕事のやりがいと、生活のうるおいを手に入れましょう!
保育士の転職

「もう学童支援員を辞めたい…」と悩んだ時、考えるべきこと

学童支援員は、見た目以上に大変で、もう辞めたい…と悩む人も多いでしょう。 ・保護者対応がツラい… ・給料が安い… ・職場の人間関係がキツイ… 当然ですが、辞めたいと思って、すぐに辞めるわけにもいかず、毎日ストレスを感じながら働いている人もたくさんいるはずです。 そこで今回は、学童を辞めたいと悩んだ時に考えるべきことと、もし辞めるあとはどうするか、ということを解説していきます。 辞めたいという気持ちは、自分が成長できるチャンスでもあります。 ぜひ最後まで読んで、ヒントをつかんで下さいね。
保育士の職場

あなたは学童指導員に向いている人?向いていない人?

学童で働くなかで「自分は指導員に向いてないかも…」と悩む人もいるでしょう。 実際、学童指導員に向いている人、向いていない人というのは、1つの傾向としてはあります。 しかし「向いてないかも…」と悩む原因の中で、学童施設自体があなたに合っていないケースも多いものです。 そのため「職場を変えたら、個性を活かして楽しく働けるようになった」という人はたくさんいます。 そこで今回は、学童指導員に向いている人、向いていない人の特徴を紹介し「向いていない…」と悩む人のために、転職する際のポイントを解説いたします。 ぜひ最後まで読んでみて下さいね。
保育士の悩み

保育士が3ヵ月で辞める場合どうすればよい?再転職も不安…

今勤めている保育園を3ヵ月で辞めるか悩んでいる…そんな保育士さんも少なくないでしょう。 子どもは可愛いけど「人間関係がツラい…」「仕事が覚えられない…」など理由はさまざまですよね。 しかし、3か月ほどの早期で退職する場合、以下のような不安もあるでしょう。 ・こんなに早く辞めて大丈夫なの? ・年度末まで我慢して続けるべきか… ・早期で退職したあと再転職が不安。 そこで今回、3ヵ月ほどで保育園を辞めるときに、考えるべきことと、早期退職する場合の注意点をみていきます。
保育士の転職

【これならできる】保育士からの転職先ランキング~異業種への転職~

保育士から転職して「別の業界で仕事をしたい」と思ったことはありますか? ・給料が安い… ・将来が見えない… ・人間関係が悪い… このような理由で、異業種への転職を考えている保育士は、意外にもたくさんいるのです。 しかし、未経験の業界に転職するのは、とても不安なことですよね。 そこで今回は、保育士からの転職がしやすい仕事のランキングを紹介します。 また、保育士が転職を考える時の3つの進路と、転職時の注意ポイントも解説します。 あなたが目指す生活を実現するため、どの道に進むのがベストなのか、一緒に考えてみましょう! なお、ランキングの基準は、収入面と労働環境面を総合的にみて、順位をつけています。 ただし、一般的な傾向をランキング化しており、すべての企業には当てはまらないことを、ご理解下さい。
保育士の職場

院内保育士はきついのか?仕事の特徴と転職ポイントをチェックしよう

院内保育所は「夜勤できついけど、ゆっくり保育ができて、お給料もまあまあ高い…」 そんなことを聞いて、転職を考えている保育士さんもいるでしょう。 しかし実際、どんな仕事内容で、一般保育園とどんな違いがあるのか、気になる人も多いかもしれません。 そこで今回は、院内保育所の特徴や、勤務するメリットデメリットを紹介し、転職する場合の成功のポイントを紹介いたします。 今回の記事を読んでいただき、あなたが活躍するための参考にして下さいね!
保育士の転職

保育士として大切な心構えとは?仕事でおさえたいポイント

保育士として働くうえで「大切な心構えは何だろう…」と、悩んでいる人もいるでしょう。 また、就職や転職の面接作文で、答えを求められる場面もあるかもしれません。 しかし「保育士として大切な心構え」を考えることは、新人さんだけでなく、あなたが保育士として活躍するうえで、基礎をつくる重要な作業です。 子どもや保護者の対応をする時の態度や、仕事の姿勢としても現れてきます。 そこで今回は、保育士として大切な心構えを一緒に考えていこうと思います。
保育士の転職

保育士が面接で「何歳児を担当したいか」質問された時の理由回答

保育士の転職面接や、勤務先の保育園にて「何歳児を担当したいか?」と質問された時、どのように回答するのが良いのでしょうか? なんとなく、自分の好みだけの理由だと「わがまま」と思われそうだし… 経験が浅いと、どの年齢のクラスを希望したら良いかも分からないし… ということで今回は、何歳児を担当したいかを問われた時の回答方法を紹介いたします。 ぜひ最後まで読んでいただき、参考にしてみて下さいね。
タイトルとURLをコピーしました