保育士の転職

保育士の悩み

保育士40代の転職はきつい?40代が失敗しない転職のポイント

保育士でも40代になると、これまでにない悩みも色々と出てきますよね… ・体力のきつさを実感する… ・自分より若い保育士ばかりで人間関係がキツイ ・安月給で家計がピンチ! ・子育てと介護のWパンチなど… さまざまな悩みを抱え、転職を考えることもあるでしょうが、40代ということで、転職に不安を抱えている人も多いでしょう。 実際、若ければ若いほど、転職に有利な面はありますが、40代での転職は遅くありません。 あなたに合った保育園をえらび、柔軟に対応していく姿勢が大切です。 そこで今回は、40代の保育士が転職に失敗しないポイントを解説していきます。 あなたに合った保育園をえらび、幸せな毎日を送れるようにしていきましょう!
保育士の転職

【保育士面接落ちた】不採用になる理由と合否のポイント

保育士不足とはいえ、だれでも面接に合格するわけではありません。 「面接落ちた…」というケースも、転職や就活でよくあることです。 保育の方針により「今年は若い新人を採用したい」とか「今年はベテランの保育士が欲しい」など、年度により欲しい人材も違うでしょう。 このように、面接で不採用の理由は、保育園側のニーズとあなたの状況がマッチしなかったこともあるので、極度に落ち込む必要はありません。 面接に落ちたとしても、対策を立てて、次のチャンスのために準備をしていくことが大切なのです。 今回の記事では、保育士が面接で採用されるためのポイントを紹介しています。 ぜひ最後まで読んでいただき、チャンスをつかんでいきましょう!
保育士の悩み

保育士で年収600万円は達成可能なのか?難しいが達成方法を考えてみる

保育士の年収は低いと言われていますが、給料が低いままで良いと思っている人はいないですよね。 もちろん年収500万、年収600万と稼いでいきたいと思うでしょう。 ご存じのように、保育士で年収600万円は難しいことです。 しかし、達成方法を考えてみると、不可能な数字ではありません。 そこで今回は、保育士が年収600万円を達成する方法を考えると同時に、年収だけではないトータルで幸せになることが大切というコトを記載してみようよと思います。 今回の記事を参考に、年収と職場環境のトータルで満足度を高めていきましょう!
保育士の悩み

保育士がレクリエーションインストラクターの資格を取得するメリット

レクリエーションインストラクターとは、レクリエーションを企画・実践する専門家です。 保育士としても、子どもの遊びの提供に役立つ資格です。 でも実際「どんなスキルが身につくの?」「本当に役立つの?」「転職などで有利なの?」などの疑問もあるでしょう。 今回の記事では、レクリエーションインストラクターについての詳細を紹介していきます。 興味のある方は、ぜひ参考にしてみて下さいね。
保育士の悩み

【すぐ分かる】保育士の資格は転勤族の妻に有利なのか?

保育士の資格があれば、全国どこでも働きやすいでしょう。 それは、全国的に保育士不足の地域が多く、さらに人員の入れ替わりが激しいからです。 保育士の求人もたくさん出ており、転勤族の妻は、保育士の資格があれば、職探しには有利になります。 しかしもちろん、保育士の仕事のメリットもあれば、デメリットもあります。 そのため、転勤族のあなたの家族状況に合った働き方を選択しなければいけません。 そこで今回は、あなたの人生のステージに合った選択ができるような内容で書き進めます。 夫の転勤が多い…という保育士さんや、これから保育士を目指す人は、ぜひ参考にして下さいね。
保育士の悩み

【3分で分かる】保育士が転職を怖い理由と上手に転職する方法

保育士だけではありませんが、どんな仕事でも転職にはリスクがあり、怖いと感じることも多いでしょう。 ・転職しても、自分のスキルじゃあ通用しないし… ・新しい職場の人間関係に全然なじめない… ・前の保育園の方が、まだましだった… しかし同時に、転職には大きなリターンも期待できます。 ・転職して給料が3万円増えた ・転職して良い人に恵まれて楽しい ・転職して時間に余裕ができた 転職の怖さは、リスクを最小限におさえ、リターンを明確にすることで乗り越えるられます。 ようするに、転職の失敗の確率を減らし、成功の確率を上げる方法を理解すれば、安心して転職活動ができるということです。 今回の記事では、具体的にその方法を解説していきますので、ぜひさいごまで読んでみて下さいね。
保育士の悩み

【5分で理解】保育士で転職を繰り返す人が失敗しないためのポイント

転職したいけど、すでに多くの転職を繰り返し、不安になっている保育士さんも多いでしょう。 保育業界は転職する人が多く、3-4回の転職なら、採用に問題はありません。 しかし、5回6回と転職を繰り返すと、心配になってくる人もいるでしょう。 結論的には、転職回数をそんなに心配する必要はありませんが、場合により、退職の理由で不利になる可能性があります。 そこで今回は、保育士が転職を繰り返すことのデメリットと、次の転職で失敗しないためのポイントを書いていきます。 もう転職で失敗したくない方や、仕事で悩みたくない保育士さんは、ぜひ最後まで読んでみてくださいね。
保育士の悩み

保育士は天職?それとも転職?【向いている人と向いてない人】

「保育士が天職だ~!」と言える人は幸せですよね。 仕事が楽しく人生が豊かになるでしょう。 反対に「保育士なんか転職だ~!」と思っている人も多いはず… こんな人は、人生の多くの時間を苦痛に耐えているだけかもしれません。 いったい、このちがいは、どこにあるのでしょうか? 今回の記事では、保育士が向いている人と向いていない人の特徴を分析し、保育の仕事がイヤになった人が、前向きになれるような記事になっています。 最後には、保育士を天職だと思えない人の解決方法も書いてますので、ぜひ読んでみて下さいね。
保育士の転職

保育士が転職で不採用になる理由【面接と履歴書のポイント】

保育士の転職で不採用になると、落ち込む人が多いです。 不採用になったのは、いろいろな理由があるでしょう。 しかし不採用の理由は、保育園側のニーズとあなたの状況がマッチしなかっただけで、極度に落ち込む必要はないんです。 でも、不採用になる最低限の理由を知って、対策をたてて転職活動をしたいですよね。 そこで今回は、あなたが希望する保育園ではたらく可能性を高めるため、不採用になる理由を紹介し、対策を立てるポイントを説明いたします。 さいごまで読んで、あなたの転職活動にいかして下さいね。
保育士の転職

【例文アリ】どんな保育士になりたいかを面接で聞かれたら?

保育士の面接の中で『どんな保育士になりたいか?』という質問はよくあります。 経験者の転職ならまだしも、はじめて就職する人にとっては、具体的にイメージが難しい場合もあるでしょう。 そのため『どんな保育士になりたいか?』という質問に対して、何も準備をしていなければ、浅いチープな回答になりがちです。 そこで今回の記事では『どんな保育士になりたいか?』の質問に対しての回答例やNG例をのせてます。 ぜひ参考にしていただき、面接対策に役立てて下さいね。
タイトルとURLをコピーしました