「保育士を辞めたい…」と悩む40代が考えるべき現実と選択肢

40代保育士辞めたい 保育士の悩み

若い時とちがい、保育士も40代になると、仕事でさまざまな悩みが出てきますよね…

以下のような状況で「保育士を辞めたい…」という人もいることでしょう。

・40代なのに、給料が安すぎて…
・疲れが取れずに、体力がキツイ
・若い先生ばかりで人間関係がツラい
・子育てと介護に追われてキツイ…
でも40代で保育士を辞めて、未経験の業種に転職するのも不安ですよね。
今回の記事では、このような悩みを持った40代保育士が「どのように考えて行動すべきか」という内容で進めていきます。
最後まで読んでいただき、40代の悩みを解決していきましょう!

さっそく「40代歓迎」の優良求人を見たい方は、下記の転職エージェントから無料登録してみて下さいね。

あなたにの希望に合った求人が、必ず見つかりますよ。

 

”保育士が利用したい転職エージェント3選”

完全無料・1分かんたん登録
合わない場合はいつでも退会可能

保育士バンク:迷ったらココ!
業界最大級の求人数

マイナビ保育士

首都圏を中心とした求人に強み


保育エイド

人間関係の良い求人のみ紹介

保育士転職サービスTOP3を詳しく >

 

 

「保育士を辞めたい…」と40代が悩む理由

「保育士を辞めたい…」と40代が悩む理由

まずはじめに、40代が「保育士を辞めたい…」と悩む理由を見ていきましょう。

①人間関係がキツイ
②給料が上がらない
③体力的にきつい
④育児・介護など家庭の問題
⑤保育士を続けるのが疲れた

①職場の人間関係がキツイ

保育士は、20~30代の割合が約60%を占め、40代以降につれて少なくなってきます。

保育園で40代は自分だけ…という人もいるでしょう。

世代間のギャップも感じるようになり、職場で疎外感を覚えるコトもあるかもしれません。

また、中間管理職として、園長と若い保育士の板ばさみとなり、人間関係に苦しむケースもあります。

参考資料:厚生労働省-保育士の現状

 

②給料が上がらない

40代まで保育士を続けても、給料が若い保育士とあまり変わらない…と悩む人も多いでしょう。

政府調査では、20代後半の保育士の月給は約23.6万円、40代保育士の平均は約25.9万円です。

さらに40代になると、下記のように家庭環境の変化も大きく「安月給で厳しい…」と悩む人も多くいます。

・子どもの進学
・親の介護
・配偶者の失業

参考資料:令和2年賃金構造基本統計調査

 

③体力的にきつい

走り回る子ども

保育士を続けるには、体力が必要ですよね。

しかし30代後半以降、体力が衰えはじめ「疲れが取れない」「体力が回復しない…」など、顕著に感じます。

今後ますます体力が落ちていくことを考えると「保育士を続けるのが難しい…」と悩むこともあるでしょう。

 

④育児・介護など家庭の問題

40代で子育てや親の介護をしている人は、保育士を続けるのが困難と感じる人も多いでしょう。

保育士をフルタイムで勤めると残業も多く、時間の余裕がまったくありませんので…

収入アップと労働時間の短縮で、条件が良い職場に転職を考える時かもしれません。

 

⑤保育士を続けるのが疲れた

40代になり、20年近く保育士を続けていると「もう続けるのが疲れた…」と思う人も多くいます。

担任や主任として、毎年大きな責任を持つことが、大きなプレッシャーになりますよね。

そのため「もっと気楽にはたらきたい」と思うものです。

 

40代で保育士を辞めたい人が考えるべき現実【求人が少ない】

40代で保育士を辞めたい人が考えるべき現実

では、40代で保育士を辞める場合の現実を見ていきましょう。

①40代になると転職が難しくなる
②家族への配慮が必要
③今の地位を失う

①40代になると転職が難しくなる【求人が少ない】

40代になると、転職が難しくなる現実があります。

保育業界内での転職なら、キャリアを活かしての転職は、かなり可能性があります。

しかし、40代で未経験・異業種へ転職となると、より厳しさが増します。

 

②家族への配慮が必要

20代独身のころは、自分の好きなことを自由に楽しめた人も多いでしょう。

しかし40代になると、家庭を持ったり、両親も年を取ってきたりします。

そのため、転職するにも家族への配慮が必要になります。

 

③今の地位を失う

40代になると、今の職場での信頼もたまり、責任ある地位の人も多いでしょう。

しかし転職により、今の地位を失うことになります。

そして、新しい職場で、またイチから信頼を築いていくことになるのです。

 

40代で保育士を辞めたい人が考えるべき選択肢

40代で保育士を辞めたい人が考えるべき選択肢

では、40代で保育士を辞めたいと考える人の選択肢をみていきましょう。

①異業種に転職する
②保育士の資格を活かして転職
③保育業界で転職する
④少し休んでリフレッシュする

①異業種に転職する

給料面、時間面などを考えて、保育士から異業種への転職を検討している人もいるでしょう。

しかし前述のように、40代で異業種への転職は、ハードルが上がります。

それでも、以下の業種では求人数も多く、40代でも転職もしやすいと言えるでしょう。

・介護職
・接客業(エステ・飲食など)
・保険の外交員
・運送ドライバー

未経験で苦労することを考えると、今の保育士としての経験を活かして、保育業界内での転職をした方が、良いかもしれませんね。

関連記事:保育士からの転職先ランキング~異業種への転職~

②保育士の資格を活かして転職

保育士の資格や経験を活かして転職する選択肢もありますよね。

・幼児スクールの先生
・ベビーシッター
・院内や企業内保育所
・派遣保育士+副業

時間的に余裕があり、責任も軽くなり、体力もラクになるような働き方が出来るとよいですね。

おすすめは、派遣保育士+副業です。

派遣保育士は、責任職に付かないので残業が少なく、副業をする時間も作りやすいです。

副業が上手くいけば、月に5万円くらい稼げるようになり、生活も変わってくるでしょう。

関連記事:保育士が副業のハンドメイドで、毎月いくら稼げるのか?

 

もう1つおすすめは、企業内保育所と院内保育所です。

・クラス担任なし
・行事も少ない
・残業も少ない
・給料は高めの園が多い

このような企業内保育所や院内保育所の求人が気になる人は、保育バランスを利用してみましょう。

企業内や院内保育所の求人に特化
保育バランス1都3県限定

関連記事:院内保育所はキツイのか?
関連記事:企業内保育所はメリットたくさん!公私の充実で幸せな保育士に。

 

③保育業界で転職する

笑顔の保育士

40代まで保育士を頑張ってこられた方には、やはり保育業界内での転職が有利です。

別の保育園に転職することで、今までのあなたの経験は、自分が思っている以上に評価されることがわかるでしょう。

 

あなたの今の保育園での不満と、これからの希望を書き出してみて、求人を見てみるのも良いですね。

良さそうな求人があれば、転職エージェントから保育園の内部情報をもらいましょう。

いずれも無料で、登録者限定の求人も閲覧できるので、登録しておいて損はないですよ。

完全無料・1分かんたん登録
合わない場合はいつでも退会可能

保育士バンク:迷ったらココ!
業界最大級の求人数

マイナビ保育士

首都圏を中心とした求人に強み


保育エイド

人間関係の良い求人のみ紹介

保育士転職サービスTOP3を詳しく >

 

④仕事を休んでリフレッシュする

配偶者の収入があったり、貯金に余裕がある人は、退職後に少し休んでリフレッシュするのも良いでしょう。

今までの疲れを癒すために、2-3ヵ月休めると気分もスッキリしますよね。

ただし半年以上休むと、次の転職活動に影響が出る場合もあるので気をつけましょう。

 

40代保育士が転職に失敗しないポイント

40代保育士が転職に失敗しないポイント

では次に、40代保育士が転職に失敗しないポイントをみていきましょう。

①転職の目的をハッキリさせる
②アピールポイントを明確にする
③条件にこだわり過ぎない
④企業研究を綿密にする
⑤転職エージェントの情報を利用する

①転職の目的をハッキリさせる

・家族との時間を大切にしたい
・収入アップをはかりたい
・体力的にきつくない仕事をしたい

このように、転職の目的をハッキリさせることが大切です。

転職の目的が分からなくなると、自分を見失い、転職後の後悔につながります。

②アピールポイントを明確にする

これまでの保育士としての経験を、どのように活かしていけるか、あなたのアピールポイントを明確にしていきましょう。

そして、あなたのアピールポイントを通じ、応募先の企業でどのように活かしていけるかを考えておくことが大切です。

関連記事:【例文アリ】40代保育士の志望動機とアピールするポイント

③条件にこだわり過ぎない

40代で転職が上手くいっていない人の原因のひとつに、条件にこだわり過ぎていることが挙げられます。

転職により、あれもこれも叶えたいという気持ちも分かりますが、高望みしすぎると失敗する可能性が高まります。

自分の転職の目的を再確認して、謙虚な気持ちでのぞむことが大切です。

④企業研究を綿密にする

入社後のミスマッチを避けるため、応募企業の業界や社風を十分に研究することが大切です。

入社後に後悔することがないよう、転職アドバイザーやWEB・本などから、あらゆる情報を集めましょう。

自分が納得いくまで、調べ考えることが大切ですよ。

⑤転職エージェントの情報を利用する

40代の転職で失敗しないためには、転職エージェントの活用が欠かせません。

転職エージェントには、ハローワークにはない、以下のようなメリットがあるからです。

・一般公開されてない優良求人がある
・在職しながら転職活動がしやすい
・企業の内部情報まで調べてくれる
・面接の練習や段取りもしてくれる
・給料や入職日の交渉もしてくれる

 

保育業界内での転職

保育業界内での転職なら、以下の転職エージェントがよく利用されています。

完全無料・1分かんたん登録
合わない場合はいつでも退会可能

保育士バンク:迷ったらココ!
業界最大級の求人数

マイナビ保育士

首都圏を中心とした求人に強み


保育エイド

人間関係の良い求人のみ紹介

保育士転職サービスTOP3を詳しく >

 

異業種への転職

40代で未経験職種への応募は難しいと感じる場面も多いかもしれません。

それでも、異業種への転職を目指すなら、以下のエージェントに相談してみましょう。

転職エージェントを上手に利用するコツ

転職エージェントを上手に利用するコツ

では実際、転職エージェントを上手に利用する方法を見ていきましょう。

①転職希望の時期を伝える
②希望の条件をまとめておく
③自分の意思表示をはっきりする
④面接対策をお願いする
⑤企業に聞きずらい点を聞いてもらう
⑥給与交渉をしてもらう
⑦円満退職のアドバイスをもらう

①転職希望の時期を伝える

転職エージェントは、あなたの転職希望時期をもとに、逆算してスケジュールを考えます。

「すぐにでも転職したいのか?」「年度末に転職したいのか?」など、転職希望時期を明確にしておきましょう。ただし「良い求人があれば転職したい」など、相談だけでもOKですよ。

②希望の条件をまとめておく

あなたの希望が具体的であればあるほど、あなたに合った求人を紹介してもらえます。

・希望する保育園の規模は?
・希望するお給料は?
・通勤時間はどのくらいまでOK?
・園長の人柄や、園の雰囲気は?
・保育理念や保育方針は?
・残業時間や、残業代は?

③自分の意思表示をはっきりする

エージェント担当者が紹介する求人に対し、あなたの希望に合わない場合は、断ることも大切です。

あなたは、担当者の意見をすべて受け入れる必要はありません。希望に合わない場合は遠慮せずに、自分の意思表示をしましょう。自分の人生の責任は、自分でしか持てないですから。

④面接対策をお願いする

転職エージェントは、応募先の保育園に合った面接対策をしてくれますよ。

また、面接のスケジュール交渉もしてくれますので、ぜひ利用しましょう。

転職において、面接はいちばん大切な部分。エージェントは多くの転職者の面接対策をしてきたので、多くのノウハウを持っていますよ。

⑤企業に聞きずらい点を聞いてもらう

自分では直接聞きにくいことも、エージェントを通して聞いてもらえば問題ありません。

残業や福利厚生など、園に直接聞くと「待遇ばかり気にして…」と思われないか心配ですよね。そんな聞きにくい部分は、エージェントを使って聞いてもらいましょう。

⑥給与交渉をしてもらう

画像参照元:キララサポート保育

転職エージェントは、給与交渉のノウハウを持ってますので、自分で交渉するより効果的です。

面接の時、給与交渉は自分でもできます。でも交渉を失敗すると、あなたの評価を下げてしまうことも…。しかしエージェント担当なら、上手に交渉して給与アップにつなげてくれる可能性が高まりますよ。

⑦円満退職のアドバイスをもらう

エージェントは円満退職の秘訣もアドバイスしてくれます。

「円満に退職させてくれないかも…」そんな悩みも、転職エージェントに相談すれば、よい方法を教えてくれますよ。

これらのサービスが全部無料で利用できるので、まずは簡単登録からはじめてみて下さいね。

 

無料で優良求人を紹介してもらおう

使いやすさなら保育士バンク、人間関係の良い求人なら保育エイドもありですよ。

完全無料・1分かんたん登録
合わない場合はいつでも退会可能

保育士バンク:迷ったらココ!
業界最大級の求人数

マイナビ保育士

首都圏を中心とした求人に強み


保育エイド

人間関係の良い求人のみ紹介

保育士転職サービスTOP3を詳しく >

 

▼関連記事
保育士40代の転職はきつい?40代が失敗しない転職のポイント

 

まとめ:保育士40代で辞めたいと悩んだら、一度冷静になろう!

カフェラテで休憩

最後にまとめです。

40代保育士で辞めたいと悩む場合、若い時と比べて、辞めたあとの進路が限られてきます。

いちばんのおススメは、保育士の経験を活かしながら、あなたにもっと合った保育園を探すこと。

もしくは、同じ保育業界内での転職が、あなたにとって一番良い選択でしょう。

もし異業種への挑戦を希望される場合は、強い覚悟を持ってのぞむことが必要になります。

 

ただ、ひとりひとり、家庭の状況や身体の調子も異なると思います。

これまでの経験を活かし、あなたがいちばん幸せになる道を選んでいきましょう。

 

▼関連記事
「保育士を辞めたい」と悩む50代…その理由と考えるべき選択肢

コメント

タイトルとURLをコピーしました