保育士の職場

保育士の職場

保育士の新しい働き方~フリーランス保育士のメリットとデメリット

保育士の自由な新しい働き方として、フリーランス保育士というものがあります。 通常保育士として働く場合、どこかの保育施設に勤務し、お給料を頂くイメージが強いかもしれません。 しかしフリーランス保育士は、保育園という組織に所属せずに保育の業務を行います。 そのため、時間のコントロールがしやすく、人間関係のしがらみも少ないので、近年注目をあびています。 そこで今回の記事では、保育士の新しい働き方の例や、メリット・デメリットを解説していきます。 最後には、フリーランス保育士としてのデメリットを補う方法も紹介しますので、ぜひ参考にして下さいね。
保育士の職場

【すぐ分かる】小規模保育園の働きやすさとは?大規模保育園とのちがい

子ども一人一人と関われ、ゆっくりと働きやすいとされる小規模保育園は、保育士の職場として人気があります。 しかし、大規模保育園との違いや、それぞれのメリット・デメリットを知っておく必要はありますよね。 そこで今回の記事では、小規模保育園のコトを深掘りしていきます。 最後には、保育園をえらぶ時のポイントも解説いたしますので、ぜひ参考にしてみて下さいね。
保育士の職場

50代新人保育士のメリットとデメリット~仕事での注意点は?

・50代の新人保育士って求人あるの… ・50代の新人で保育士を続ける自信がない… 50代で資格を取って保育士になり、多くの不安やプレッシャーで悩む人も多いものです。 体力面の不安や、若い保育士の先生との関係も難しいですよね… しかし50代は、人生経験を積んできたからこそ、求められるコトもあるんです。 そこで今回は、50代ならではの経験を活かし、あなたが活躍するためのポイントを解説いたします。 ぜひ最後まで読んでいただき、あなたの仕事に活かして下さいね!
保育士の職場

保育士の楽な職場7選!収入と自分らしさの両立方法は?

今回の記事は、保育士の楽な職場7選を紹介します。 ・仕事量は多いのに給料が安い… ・保育園の人間関係に疲れた… こんなふうに、保育士の仕事は、大きなストレスを抱えやすいですよね… 子どもは可愛いのに、保育士を続けられずに辞める人も多くいます。 しかし、保育士がもっと楽にはたらける職場は、たくさんあります。 転職や退職を考えている方は、ぜひ参考にして下さいね。 そして、収入と自分らしさを両立し、楽に働ける職場を見つけていきましょう!
保育士の職場

保育士の資格を活かした仕事がしたい~保育士以外バージョン

・子どもは好きだけど、保育士を続けるのが疲れた… ・保育士の資格を活かして、他の仕事がしたい こんなふうに考えている人は、意外に多くいるものです。 そこで今回は、保育士の資格を活かして、保育士以外にどんな仕事があるのかをまとめてみます。 保育士以外にも、保育士の知識や技術が活かせる職場は多くあります。 今回の記事を参考に、あなたの選択肢を広げていきましょう!
保育士の悩み

30代で新人保育士になるメリットとデメリット~職場選びのポイントは?

・30代で新人保育士になったけど職場になじめない… ・30代で保育士になったけど続けていく自信がない… こんなふうに悩む、30代の新人保育士さんは多くいるものです。 保育士は20代前半の若い人も多く、世代間のギャップも感じたりするかもしれませんね。 しかし、30代だからこその求められるコトも多くあります。 そこで今回は、30代の新人保育士が人生経験を活かし、職場で活躍するためのポイントを紹介いたします。 また、転職など保育園えらびのポイントも解説しますので、最後まで読んでみて下さいね。
保育士の職場

子供に関わる仕事で給料が高い職業は?【やりがいと年収を追求】

保育士は、子供に関わる仕事の代表的な職業ですよね。 しかし給料が高いとはいえず、辞めていく人も多くいます… でも、子供に関わる仕事はやりがいがあるものですよね。 そこで今回の記事では、やりがいと年収を両立できる、子供に関わる仕事を紹介いたします。 あなたに合った働き方を見つけてみましょう!
保育士の職場

保育士の服装はユニクロが最高!その理由と必須アイテムとは?

たくさんおしゃれはしたいけど、保育士の服装には、いろいろな制約がありますよね。 子どもの安全・衛生が大切なので、制約があるのは仕方のないことですが、少しでもおしゃれをしてテンションも上げたいものです。 そんな中、保育士の服装には、ユニクロが最高のブランドの1つです。 なぜなら、ユニクロの製品は、品質と価格のバランスが最適で、エプロンとの相性も良いからです。 ユニクロ以外にも、しまむら・GUなども人気ですが、今回の記事では、それぞれのブランドの特徴と比較しながら、ユニクロのアイテムを中心に紹介していきます。 あなたに合ったブランドとアイテムを見つけて、仕事に活かして下さいね。
保育士の職場

あなたは学童指導員に向いている人?向いていない人?

学童で働くなかで「自分は指導員に向いてないかも…」と悩む人もいるでしょう。 実際、学童指導員に向いている人、向いていない人というのは、1つの傾向としてはあります。 しかし「向いてないかも…」と悩む原因の中で、学童施設自体があなたに合っていないケースも多いものです。 そのため「職場を変えたら、個性を活かして楽しく働けるようになった」という人はたくさんいます。 そこで今回は、学童指導員に向いている人、向いていない人の特徴を紹介し「向いていない…」と悩む人のために、転職する際のポイントを解説いたします。 ぜひ最後まで読んでみて下さいね。
保育士の職場

院内保育士はきついのか?仕事の特徴と転職ポイントをチェックしよう

院内保育所は「夜勤できついけど、ゆっくり保育ができて、お給料もまあまあ高い…」 そんなことを聞いて、転職を考えている保育士さんもいるでしょう。 しかし実際、どんな仕事内容で、一般保育園とどんな違いがあるのか、気になる人も多いかもしれません。 そこで今回は、院内保育所の特徴や、勤務するメリットデメリットを紹介し、転職する場合の成功のポイントを紹介いたします。 今回の記事を読んでいただき、あなたが活躍するための参考にして下さいね!
タイトルとURLをコピーしました