【例文アリ】40代保育士の志望動機とアピールするポイント

40代保育士志望動機のポイント 保育士の転職

40代で保育士の転職にお悩みですか?

保育士は、40代でも転職は一般的です。

志望動機を明確にし、これまでの経験を上手にアピール出来れば、希望する保育園に転職も可能です。

 

でも、どうやって履歴書や面接でアピールするのか…不安もありますよね。

そこで今回は、40代保育士の志望動機やアピールポイントを分かりやすくまとめました。

最後まで読んで、転職活動のヒントをつかんで下さいね!

 

✓今よりも給料を上げたい
✓職場の人間関係に疲れた
✓もっと自由な時間がほしい

\もっとあなたに合った保育園を探そう!/

完全無料・1分簡単登録

保育エイド
人間関係の良い職場のみ紹介
キララサポート保育
月収30万など優良求人が多数
保育ひろば
全国最多・保育士転職の定番

保育バランス:1都3県限定
企業内や院内保育ならココ
ほいく畑派遣求人も多数
未経験やブランクOKの求人多数

 

40代保育士:志望動機をアピールするポイント【経験】

40代保育士志望動機のポイント

はじめに、40代保育士の志望動機のアピールポイントを見ていきましょう。

①経験をどのように活かせるかアピール
②周りの保育士と上手くやれるアピール

①経験をどのように活かせるかアピール

志望動機で、これまでの経験を語る時「〇〇年保育士をやっている」「◇◇の経験がある」などだけでは、あなたの魅力が十分に伝わりません。

具体的なエピソードを交えながら、転職後どのように経験を活かせるかを語れると、相手の共感を得やすいでしょう。

その際、採用側のニーズが分かれば、それに合わせた話しも出来ますので、転職エージェントなどから相手のニーズを聞き出せると理想的ですね。

例えば採用側が、保護者とスムーズにやり取りできるベテラン保育士を探していた場合、そこに焦点を当てたアピールが出来ると効果的です。

②周りの保育士と上手くやれるアピール

40代の保育士を採用する側は、周りの保育士と上手く関係を築けるか心配しています。

若い先生と上手くいかなかったり、保育園の雰囲気を壊すような人でないか…などです。

「経験豊富だからこそ、若い保育士のサポートができる」というような、支えようとする姿勢をアピールできるとよいでしょう。

40代保育士:志望動機の具体例【履歴書・面接】

40代保育士:志望動機のポイントと具体例次に40代保育士の志望動機のと具体例を見ていきましょう。

例文①

私は15年間保育士として働いた後、子育てに専念するために一度退職しましたが、子育ても落ち着いて、また保育士として働きたいと考えていました。

そのような中、貴園の求人情報を拝見させて頂き「子どもの個性を大切にする」という保育理念に共感し、応募させて頂きました。

5年間の子育てを通じ、さまざまな角度から子どもを見ることが出来るようになったと感じており、より子どもの個性を引き出せる保育が出来ると思っております。

また、子育ての経験をしたことで、保護者の気持ちもより分かるようになりました。

この経験を活かし、周りの人に適切にアドバイスをしたり、保護者の相談に乗ることが出来ると思います。

例文②

貴園のホームページに掲載されております「子どもの自主性を引き出す」という運営理念を拝見し、
私の目指している姿と共通するものがあると思い、応募させて頂きました。

これまで20年間、保育士として、さまざまな子どもと接してきて、子ども自身の「やりたい」「したい」という自主性が、いちばん子どもの可能性を伸ばすことだと、痛感しております。

また、主任の経験も5年ほどありますので、貴園では若い先生や保護者さんのサポート役にもなれると思います。

 

40代保育士:転職先選びのポイント

40代保育士:転職先選びのポイント

次に、40代保育士の転職先選びのポイントを見ていきましょう。

①保育士の年齢層の偏りがない
②離職率が高くないか
③園長の人柄が信頼できそうか

①保育士の年齢層の偏りがない

保育士の年齢層のバランスがよく、若手・中堅・ベテランの層が、幅広くそろっている保育園を選びましょう。

理由は、年齢層のバランスが良い方が、人間関係が良好な保育園である可能性が高く、あなたがストレスなく活躍する上で、大切な指標になるからです。

かりに、若い先生ばかり…だと、ベテラン保育士の居場所もなく、人間関係に悩む場面も多そうです。

反対に、ベテラン保育士ばかりだと、新入り先生をいじめるような雰囲気があったり…というコトも考えられます。

②離職率が高くないか

40代になると、何回も転職をくり返すわけにもいかないもの。

転職するなら、離職率の低く、勤めやすい保育園えらびは必須です。

離職率はかんたんに分かりませんが、転職エージェントに登録することで、離職率の情報をもらえる場合もあります。

具体的な離職率が分からなくても「あの保育園は職員の入れ替わりがはげしい…」「いつも求人が出ている…」などの、内部情報をくれます。

無料で利用できるので、登録してみましょう。

\転職に有利な内部情報がいっぱい/

完全無料・1分簡単登録

保育エイド
人間関係の良い職場のみ紹介
キララサポート保育
月収30万など優良求人が多数
保育ひろば
全国最多・保育士転職の定番

保育バランス:1都3県限定
企業内や院内保育ならココ
ほいく畑派遣求人も多数
未経験やブランクOKの求人多数

③園長の人柄が信頼できそうか

40代の転職だと「周りになじめるかな」「体力的に大丈夫かな」など、いろいろな心配もあるでしょう。

そんな時、自分より若い人だと相談しにくかったりしますよね。

園長は年齢によらず、信頼できる人柄だと、安心して相談もできます。

長く保育の仕事を続けていくためには、メンタルの安定は欠かせません。

信頼できそうな園長がいる保育園を選びましょう。

関連記事:いい園長とは?保育士が10倍幸せになる園長の見極めポイント

40代は転職サイトを利用してみよう【理由】

40代は転職サイトを利用してみよう。

これまで見てきたように、40代転職には内部情報が大切です。

・職員の年齢層のバランスは?
・人員の入れ替わりは激しくないか?
・園長の人柄は信頼できるか?
・残業が多すぎないか?
・保育園の雰囲気はどうなのか?

これらの情報は、ホームページ上や、園見学だけでは分かりませんので、転職エージェントから情報をもらいましょう。

しかも、情報は無料でもらえます。

転職した後、後悔しないよう、事前の情報あつめが勝負のポイントですよ。

 

\あなたに合った保育園に転職できる/

完全無料・1分簡単登録

保育エイドおすすめ!!
人間関係の良い職場のみ紹介
キララサポート保育好条件
月収30万など優良求人が多数
保育ひろば迷ったらコレ
全国最多・保育士転職の定番

保育バランス:1都3県限定
企業内や院内保育ならココ
ほいく畑派遣求人も多数
未経験やブランクOKの求人多数

人気記事全部無料!人気の保育士転職サイトおすすめ7選

転職エージェントを利用する時の注意点

赤ちゃんを抱く女性

40代で転職経験者だと、転職エージェントを利用したことがある人も多いでしょう。

ここでは再度、転職エージェントを利用する時の注意点を見ておきましょう。

①100%担当者のことは信じない
②担当が合わない場合は変えてもらうor退会する
③最終的には自分で決断する

①100%担当者のことは信じない

エージェントは、希望者を保育園に転職させることで、売り上げが発生します。

しかし売上金は、保育園側からもらうので、あなたは1円も支払う必要はありません。

ただ、担当者は売り上げを作るため、あなたに合っていない求人でもすすめてくる可能性があります。

そのため、100%担当者の情報は信じ過ぎず、自分でよく吟味していきましょう。

②担当が合わない場合は変えてもらうor退会する

人間なので、担当者と相性が合わない場合もあるでしょう。

また、不誠実な担当者に腹を立てることもあるかもしれません。

そんな時は、担当を変えてもらうか、退会してもOKです。

メール1本で退会もできますので。

③最終的には自分で決断する

前述のように、担当者の情報は、自分でよく考え、最終的には自分で決断を下す姿勢が大切です。

担当者にすすめられるがままに入職して、あとで後悔しても、失ったものは返ってきません。

エージェントに左右されるのではなく、あなたがエージェントの情報を上手く使って、自分に合った職場を選んでいきましょう。

 

\エージェントを利用して情報をつかもう!/

完全無料・1分簡単登録

保育エイドおすすめ!!
人間関係の良い職場のみ紹介
キララサポート保育好条件
月収30万など優良求人が多数
保育ひろば迷ったらコレ
全国最多・保育士転職の定番

保育バランス:1都3県限定
企業内や院内保育ならココ
ほいく畑派遣求人も多数
未経験やブランクOKの求人多数

関連記事:保育士40代の転職はきつい?40代が失敗しない転職のポイント

コメント

タイトルとURLをコピーしました