おもちゃの多い家の問題点~与えすぎる親の特徴と改善ポイント

おもちゃの多い家 子育て

「おもちゃの多い家」ってどうなんでしょう?

・収納に入らずリビングまであふれている…
・与えすぎで子どもがワガママに育ちそう
・うらやましい反面、親にも問題ありそう

適度な量ならいいのですが、おもちゃがあり過ぎると、デメリットも多そうですよね。

例えば「子どもが落ち着かない」「部屋が汚くイライラしやすくなる」などでしょう。

そこで今回の記事では、おもちゃが多すぎる家の問題点や、その親の特徴を分析していきます。

また改善ポイントも紹介していきますので、最後まで読んでみて下さいね。

 

おもちゃの多い家の問題点

おもちゃの多い家の問題点

まずはじめに、おもちゃの多い家の問題点を見ていきましょう。

①子どもの意欲低下
②子どもの思考力低下
③気が散ってイライラしやすい
④自己コントロールできてない

①子どもの意欲低下

子どもにおもちゃを多く与えすぎると、子どもの意欲低下につながる可能性があります。

「多くのおもちゃが与えられて当然」という環境にいれば、自発的に考えての行動力が乏しくなるからです。

「おなかいっぱいの状態」ではなく、適度に「おなかの空いた状態」にすることで、子ども自ら考え行動できるのです。

②子どもの思考力低下

前述のように、子どもにおもちゃを多く与えすぎると、自分で考える力が乏しくなることもあります…

子どもは本来創造力が豊かで、おもちゃが少なければ少ないで自分で遊び方を考えて楽しく遊ぶものですよね。

しかし、おもちゃが多くなりすぎると「今はこっちで飽きたらこっち」と、簡単に飽きっぽくなる可能性があります。

③気が散ってイライラしやすい

おもちゃが多い家だと、子どもだけでなく大人も気が散ってイライラしやすくなりますよね…

モノが散らかった部屋では、視覚にはいる情報が多く、脳が疲れてしまいます。

その結果、イライラして不必要なケンカが増えたりするので、子どもの心の発達にも影響がでることも…

また、小さな赤ちゃんがいる家庭では、誤飲や転倒などの危険にもさらされます。

④自己コントロールできてない

おもちゃが散らかった家は「自己コントロールできてない」という印象を与えます。

あと先を考えず、欲望のままにおもちゃを買い与え、買ったおもちゃを整理もできず部屋が散らかる…

こんな状態では、子どもも自己コントロールができなくなってしまうでしょう。

 

おもちゃが多い家~与えすぎる親の特徴

おもちゃの多い家の親の特徴

では次に、おもちゃが多く買い与えすぎる親の特徴を見ていきましょう。

①時間やお金にルーズ
②見栄や自己満でおもちゃを買う
③なんとなくで買ってしまう
④ズボラで怠け者

①時間やお金にルーズ

おもちゃを買い与えすぎる親は、時間やお金にルーズな傾向があります。

前述のように、自己コントロールができずにモノを増やしてしまうので、時間やお金のコントロールもできないのです。

その結果、周りの信用を失い、気が付けば誰からも相手にされなくなるような人もいるのです…

②見栄や自己満でおもちゃを買う

おもちゃが多い家の親は、見栄や自己満でおもちゃを買い与えている人もいます。

「うちは最新のおもちゃを子どもに与えている」「こんなにおもちゃを与えて裕福な家庭」ということを、無言でアピールしているのです。

また「子どもにたくさん買い与えている良い親」という自己満足を得る手段になっている人もいます。

③なんとなくで買ってしまう

「外出すると予定外のモノを買ってしまう」「家に使ってないおもちゃがたくさんある」

こんなふうに「なんとなく」で買ってしまう人は要注意です。

「おもちゃを買う」という行動のハードルが低く、買って放置…ということが日常化しています。

④ズボラで怠け者

そもそもズボラで怠け者の性格で、家がおもちゃだらけ…という場合もあります。

「めんどくさくて整理ができない…」というような人ですね。

このような人は「働くのもめんどくさい…」という人も多く、家にモノがあふれているけど貧しい…ということもあります。

 

おもちゃが多すぎる家の改善ポイント

子どもにおもちゃを与える時の注意ポイント

では次に、おもちゃが多すぎる家の改善ポイントを見ていきましょう。

①ルールを決めておもちゃを買う
②おもちゃの収納位置を決める
③整理しながらおもちゃを買う
④子どもがおもちゃで遊ぶ意味を再確認する

①ルールを決めておもちゃを買う

「おもちゃを買うのは、誕生日とクリスマスだけ」など、ルールを決めると良いでしょう。

なんとなくで購入したり、見栄でおもちゃを与えたりことを抑えられます。

またルールを決めることで「本当に自分が欲しいもの」がわかり、大人になって「買って価値のあるもの」の判断がつくようになるでしょう。

②おもちゃの収納位置を決める

おもちゃの収納位置が決まってないと「とりあえず空いている場所において…」ということになり、家がおもちゃであふれた状態になります。

そのようにならないために、おもちゃの収納位置は決めておきましょう。

また、おもちゃの収納位置を決める場合は、同じジャンルのモノは、なるべく同じ場所にすると良いですよ。

③整理しながらおもちゃを買う

「遊ばなくなったおもちゃは収納や売却する」など、整理しながらおもちゃを与えましょう。

整理することで、部屋もスッキリして、子どもの興味対象が乱雑になりません。

子どもの興味関心に合わせて、おもちゃを入れ替えてあげて下さいね。

④子どもがおもちゃで遊ぶ意味を再確認する

子どもにおもちゃを与えることは、親のエゴでもなく、親がラクするためでもありません。

子どもに適切におもちゃを与えることは、さまざまなメリットがあります。

①脳を発達させる
②自発性を育てる
③創造性を育てる
④自信を高める

下記の関連記事を参考していただき、子どもがおもちゃで遊ぶ意味を再確認することで、おもちゃの与えすぎも改善できるでしょう。

▼関連記事
子どもにおもちゃを与えすぎると悪影響?~自発性が育つ与え方

⑤おもちゃのサブスクを利用する

でも、子どもにおもちゃを与えるのって、けっこう悩みますよね。

・どんなおもちゃを買えば分からない…
・せっかく買ったのに遊んでくれない…
・やっぱり整理ができない…

「もっと楽しく遊ばせて、子どもの成長をサポートしたい」ときは、おもちゃのサブクス利用も検討してみましょう。

子どものおもちゃ遊びによる成長を研究した専門家が、あなたの子どもに合ったおもちゃを、毎月定額で届けてくれますよ。

専門家セレクトのおもちゃが届く
トイサブ月額3,674円~(5-6個)

\初月20%オフはこちらから/
もおもちゃ破損でも弁償不要
業界最大手 トイサブを見てみる >

 

知ってほしい、おもちゃのサブスク!

知ってほしい、おもちゃのサブスク!

では次に、前章で紹介したおもちゃのサブスクについて見ていきましょう。

①月定額制で子どもに合ったおもちゃが届く
②ヒアリングを元に専門家がセレクト
③気に入ったおもちゃは延長OK
④部屋がスッキリ
⑤破損や汚れでの弁償不要

①月定額制で子どもに合ったおもちゃが届く

おもちゃのサブスクは、月定額制で子どもに合ったおもちゃが届きます。

業界最大手のトイサブを例にとると、月額3,674円で1回5-6点のおもちゃが隔月で届きます。

②ヒアリングを元に専門家がセレクト

ヒアリングを元に、保育士などの専門家がパーソナルプランを作成し、おもちゃをセレクトします。

子どものおもちゃの悩みは、これ1つで解決できそうですね。

③気に入ったおもちゃは延長OK

気に入ったおもちゃは、無期限での延長が可能です

また、お得なお値段での買取もOKです。

④部屋がスッキリ

レンタルなので、手元にあるおもちゃは必要な分だけで済みます。

そのため、新しおもちゃが増えるたびに収納に困る…という悩みはなくなり、部屋がスッキリしますね。

⑤破損や汚れでの弁償不要

破損や汚れでの弁償は不要です。

また送料・返送料も無料なので、追加料金を気にせず思い切り遊べますね!

 

気になる方は、業界最大手のトイサブ公式に詳細がありますので、参照下さい。

またトイサブ以外にも、下記のようなサービスがありますよ。

おもちゃサブスク公式サイト

トイサブ:月額3,674円~(5-6個)
業界最大手/初月20%オフ中

cha cha cha
:月額3,410円~(6個)

学研プランもあり/初月1円

イクプル
:月額2,490円~(3個)
ライトプラン(3個)は最安値

 

まとめ:子どもに合ったおもちゃを与え、部屋もスッキリさせよう

さいごにまとめです。

おもちゃが多い家は、それだけで問題があるわけではありません。

しかし、おもちゃが多すぎると、子どもの成長や生活環境にも影響を及ぼすこともあります。

そんなことにならないために、子どもにおもちゃを与える意味を再度理解し、子どもに合ったおもちゃを与えていきましょう。

 

子どもに合ったおもちゃを与えることで、子どもの成長をサポートし、家の中もスッキリさせることができますよ。

また困った時は、トイサブなどのおもちゃのサブクスサービスを利用するのも良い選択ですね。

 

\初月20%オフはこちらから/
もおもちゃ破損でも弁償不要
トイサブの内容を見てみる >

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました