保育士がホワイトな保育園を見分ける方法➡ブラック園への転職を避ける!

保育士の転職

『ホワイトな保育園で働きたい!』
『ブラックな園は絶対に避けたい!』

こんな悩みを抱えていますか?

 

自分が働いている保育園がホワイトなのか分からず、保育園に搾取され続けている保育士さんが多いです。

本質的な考え方は下記です。

ホワイト保育園=社員を大切にする保育園
ブラック保育園=社員から搾取する保育園

経営者のこれらの考え方が、保育士への給与や賞与、求人票にもあらわれてきます。

そこで今回は、ホワイトな保育園の特徴と見分け方を解説します。

 

今回紹介のポイントを押さえれば、ブラック保育園を回避して、楽しく毎日を過ごせる幸せ保育士になれますよ!

もっとあなたにマッチした保育園があるかも

完全無料・1分簡単登録

保育エイド
人間関係の良い職場のみ紹介
キララサポート保育
月収30万など優良求人が多数
保育ひろば
保育士転職の定番(全地域対応)

保育バランス
ライフワークバランス重視の求人
ほいく畑
未経験やブランクOKの求人多数

 

ホワイトな保育園の特徴

疑問を抱える家族の写真

ではさっそくホワイトな保育園の特徴をみてみましょう。

あなたの保育園と比較してみて下さいね。

①基本給の割合が高い
②福利厚生が整っている
③休日が一定水準以上ある
④離職率が低く、平均勤続年数が長い
⑤残業代の支給がある

基本給の割合が高い【給料】

ホワイトな保育園は、基本給の割合が高いです。

これは、給料自体が高いということでなく、給料に占める基本給の割合が高いということです。

基本給は低ければ低いほど、会社側にメリットが有ります。

・賞与
・残業代
・昇給

これらは全部、基本給がベースで計算されるからです。

例えばあるブラック保育園で、基本給5万円+役職手当5万円+固定残業代10万円とします。

賞与4か月分と言っても結局20万円分で、固定残業代で残業させ放題です。

 

一方あるホワイト保育園は、基本給18万円+役職手当2万円とします。

求人票上は、ブラック保育園よりも給料が低く見えますが、賞与4か月分で72万円で残業した分もしっかり支給されます。

 

ブラック保育園は、あの手この手で、あなたから奪い取ろうとしているのです。

関連記事:保育士の給料は安いの?

②福利厚生が整っている

福利厚生は大きく分けて2種類あります。

<法定福利厚生➡事業者の義務>

・雇用保険
・健康保険
・厚生年金
・労災保険
・介護保険
・児童手当拠出金
<法定外福利厚生➡事業者の自主性>
・住宅手当
・交通費
・ジム施設の割引
・退職金

・家族手当 などなど
ホワイトな保育園は、従業員のモチベーションUPや良い人材確保のため、福利厚生を整える傾向があります。
また、ブラック保育園は【各種保険完備!】【有給あり!】など、従業員には当たり前の権利をおおげさに表現している求人もありますので、注意が必要です。

③休日が一定水準以上ある

休日を楽しむ男女

保育士の年間休日の平均は約106日です。
日本の労働者の年間休日の平均は約113日のため、保育士の休日は少ないと言えるでしょう。
一般的に保育士求人の場合、年間休日が110日以上であればホワイトな保育園の可能性が高いです。
しかし、求人票上は年間休日110日以上でも、サービス休日出勤などを強いる保育園もありますので、園見学などで雰囲気を見破る必要があります。

④離職率が低く平均勤続年数が長い

ホワイトな保育園は、離職率が低く平均勤続年数が長いケースが多いです。

離職率や勤続年数を確かめるのは難しいですが、転職コンサルに聞くか、面接の時に聞くのがよいです。

もし面接で聞いて答えをごまかされるような場合は、ブラックな保育園の可能性が高まります。

⑤残業代の支給がある

保育士はサービス残業当たり前と思っている人も多くいますが、それは本来まちがえています。

社員を大切にするホワイトな保育園では、しっかり残業代が支払われます。

定時までは子どもの保育で時間が取られ、定時後に事務仕事や会議をこなすと、必ず残業が発生してしまいます。

でも本来は雇用側が、残業が発生しないような体制を組むか残業代を支払うのが義務です。

 

ブラックとホワイトな保育園の見分け方法【求人・見学・面接】

パソコンの前で微笑む女性

次に、ブラックとホワイトな保育園の見分け方を具体的に見ていきましょう。

①求人票から見分ける

求人票を見て下記の点がある場合、ブラック保育園に該当する可能性が高いです。

・いつ見ても求人募集が出ている
・残業代が固定制である
・短期間で管理職になれるとアピール
・保険がある事を強調している
・給与提示に幅があり過ぎる
・積極採用、大量採用などのうたい文句
これらは、良い条件のように見せかけてある『エサ』です。
『エサ』につられないよう、十分に注意して下さいね。

②園の見学で見分ける

保育園の見学は、ホワイトかブラックかを見分ける絶好のチャンスです。

以下の点に当てはまると、ブラック保育園の可能性が高まります。

・はたらく保育士の表情が暗い
・保育士の年齢層にかたよりが有る
・整理整頓がされていない
・保育士の人数があきらかに不足している
・昔ながらの社訓などが貼ってある
上記を確認し、『ブラック保育園かもしれない』という直感は以外にあたるものです。
怪しいと直感で感じた場合、条件面だけでなく一度冷静になって考えなおして下さいね。

③面接で見分ける

最後の関門、面接でホワイトかブラックかを見分けるポイントです。

以下はブラック保育園にありがちな面接内容なので確認しておきましょう。

・面接官がやたらと威圧的
・面接官が疲れ切っている
・話している内容が求人票と合わない
・結婚の予定など個人的な部分をやたら聞く
・面接での話しが一方的である
・都合の悪い質問にはっきり答えない

残業代の支給の有無や、保育士の平均勤続年数、有給休暇の件など、気になることは全部面接で聞いておきましょう。

それらの質問に対して、嫌な顔をしてはっきり答えない場合は、ブラック認定でもOKです。

ホワイトな保育園ではたらくためには、勇気をもって確認していきましょう。

関連記事:保育園のブラック診断リスト…保育士が絶対に避けたい保育園とは?

保育士がホワイトな保育園に転職するポイント

笑顔で走る保育園の子どもたち

つぎにホワイト保育園ではたらく為のポイントを見ていきましょう!

①知人友人からの情報を得る

口コミサイトやSNSの情報もありますが、やはり知人友人からの情報がいちばん信頼性がありますよね。

ただし、知人の紹介で転職すると、もし合わない保育園でも断りにくかったり、選べる範囲も狭くなるなどしますので、情報をもらう程度が望ましいかもしれないです。

②転職コンサルの利用

転職コンサルは保育園の情報をたくさん持っています。

コンサル担当者は、保育園の採用担当と連絡を取り合ったり、今までの紹介実績の保育士さんから情報を集めているからです。

・保育園の雰囲気や人間関係
・残業代の支給
・保育士の年齢層
・勤続年数

これらの保育園の内部情報は、とても有益です。

しかも、完全無料の簡単1分登録ではじめられます。

完全無料・1分簡単登録

保育エイドおすすめ!!
人間関係の良い職場のみ紹介
キララサポート保育好条件
月収30万など優良求人が多数
保育ひろば迷ったらコレ
全国最多・保育士転職の定番

保育バランス:1都3県限定
企業内や院内保育ならココ
ほいく畑派遣求人も多数
未経験やブランクOKの求人多数

③実習や派遣で働いてみる

実習で半日でも入ることが出来れば、よりリアルな判断情報を得られるでしょう。

あなたが実際体感したことは、どんな情報よりも確かですから。

また短期の派遣で働いてみる事もよいですね。

ただしこの場合は、いったん今の職場を辞めないといけないですが、実際派遣で働いてみてホワイトな保育園であれば、正職を希望するというルートも良いですね。

 

まとめ:ホワイトな保育園で楽しく仕事しよう!

ハートのモチーフ

最後にまとめです。

<ブラックかホワイトの根本的な考え方>

ブラック保育園=社員から搾取する保育園
ホワイト保育園=社員を大切にする保育園

<ホワイトな保育園の特徴>

①基本給の割合が高い
②福利厚生が整っている
③休日が一定水準以上ある
④離職率が低く、平均勤続年数が長い
⑤残業代の支給がある

いま、憂うつな気分でブラックな保育園ではたらく保育士さん。

ぜひ今回の記事を参考に、ホワイト保育園をめざし、毎日楽しく仕事ができるよう、転職情報をあつめて下さいね。

完全無料・1分簡単登録

保育エイドおすすめ!!
人間関係の良い職場のみ紹介
キララサポート保育好条件
月収30万など優良求人が多数
保育ひろば迷ったらコレ
全国最多・保育士転職の定番

保育バランス:1都3県限定
企業内や院内保育ならココ
ほいく畑派遣求人も多数
未経験やブランクOKの求人多数

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました