保育士のしあわせ委員会

保育士の悩み

保育士がパワハラでやめたい時の対処法~退職前に知るべきこと

今の保育園をやめたい…と考えている保育士さんの中には、「園長や主任のパワハラ」に深く悩む人もいるでしょう。 パワハラを受けると、毎日の仕事が苦痛になり、職場にいくのがイヤになりますよね… しかし、パワハラを受けやすい人ほど ・周りに迷惑をかけそうで、転職や退職に踏み切れない… ・自分がガマンするしかない… こんなふうに考えてしまうものです。 そこで今回は、パワハラに悩む保育士さんが、ひとりで苦しむことがないよう、パワハラの対処方法をお伝えしていきますね。
保育士の悩み

「保育士・正社員・子持ち」~仕事と子育ての両立ポイント!

保育士としての仕事も大切だけど、今しかない子どもとの時間も大切ですよね。 こんなふうに保育士として働きながら、子育てとの両立に悩む人は多くいます。 ましてや子持ちの正社員であれば、その両立は困難をきわめるでしょう。 しかし家族の協力や職場環境などにより、子育てと仕事の両立をグッと楽にすることもできます。 大切なポイントは以下の3つです。 ・子育てに適した職場(転職も検討) ・家族のサポート ・働き方の見直し(パートや派遣) ではさっそく本章の中でくわしく見ていきましょう。
保育士の悩み

30代で新人保育士になるメリットとデメリット~職場選びのポイントは?

・30代で新人保育士になったけど職場になじめない… ・30代で保育士になったけど続けていく自信がない… こんなふうに悩む、30代の新人保育士さんは多くいるものです。 保育士は20代前半の若い人も多く、世代間のギャップも感じたりするかもしれませんね。 しかし、30代だからこその求められるコトも多くあります。 そこで今回は、30代の新人保育士が人生経験を活かし、職場で活躍するためのポイントを紹介いたします。 また、転職など保育園えらびのポイントも解説しますので、最後まで読んでみて下さいね。
子育て

おもちゃの多い家の問題点~与えすぎる親の特徴と改善ポイント

「おもちゃの多い家」ってどうなんでしょう? ・収納に入らずリビングまであふれている… ・与えすぎで子どもがワガママに育ちそう ・うらやましい反面、親にも問題ありそう 適度な量ならいいのですが、おもちゃがあり過ぎると、デメリットも多そうですよね。 例えば「子どもが落ち着かない」「部屋が汚くイライラしやすくなる」などでしょう。 そこで今回の記事では、おもちゃが多すぎる家の問題点や、その親の特徴を分析していきます。 また改善ポイントも紹介していきますので、最後まで読んでみて下さいね。
子育て

子どもにおもちゃを与えすぎると悪影響?~自発性が育つ与え方

・子どもにおもちゃを買いすぎてしまう… ・買い与えすぎると悪影響があるのでは… ・どんなおもちゃを与えて良いか分からない… 子育てをしている中で、こんなふうに悩むこともありますよね。 「おもちゃの与えすぎは子どもに悪影響」という研究結果もあるので心配です。 しかし、おもちゃ遊びは、子どもの自発性や想像力を育みます。 そのため、適切におもちゃを与えれば、子どもの心は成長していきます。 そこで今回の記事では、子どもへのおもちゃの与え方への疑問を解決していきますね。
保育士の悩み

保育士に親の愛情不足はわかるのか?【あまり気にしないで】

保育士に、子どもへの愛情不足を指摘されて、悩んでいる人は意外に多くいます。 また「保育士だからって、なにがわかるの!?」と気分を害する人もいます。 でも実際、保育園の先生は何を見て「お母さんの愛情不足です…」なんて言葉がでるのでしょうか? そこで今回は、愛情不足の子どもの特徴や、満たされている子どもの特徴を見ていきます。 そして「保育士から愛情不足なんて言われても気にする必要はない」とういう内容でお送りします。
保育士の職場

子供に関わる仕事で給料が高い職業は?【やりがいと年収を追求】

保育士は、子供に関わる仕事の代表的な職業ですよね。 しかし給料が高いとはいえず、辞めていく人も多くいます… でも、子供に関わる仕事はやりがいがあるものですよね。 そこで今回の記事では、やりがいと年収を両立できる、子供に関わる仕事を紹介いたします。 あなたに合った働き方を見つけてみましょう!
保育士の悩み

保育士が1週間で辞めたくなった場合の注意点とやるべきコト

「新しい保育園で働いて1週間、すでに辞めたい…」「でも1週間で退職なんて良くないし…」 こんなふうに悩む保育士さんもいるでしょう。 でも、面接や見学だけでは分からないことが、実際入職すると見えてくることもありますよね。 そこで今回は、保育士が1週間で辞めたくなった場合の理由や注意点と、やるべきコトを解説いたします。
保育士の転職

保育士は引く手あまた?人生トクする転職の方法を解説!

保育士は引く手あまた…なんて言われていますが、実際どうなんでしょうか? たしかに、人手不足に悩む保育園は多く、転職サイトにも求人があふれています。 また、仕事のブランク期間がある人や、40代以降の人でも歓迎している保育園もあります。 このような引く手あまたな状況の中、転職する時は少しでも有利な給与条件で転職したいですよね。 そこで今回は「人生トクする保育士転職の方法」を一緒に考えていきたいと思います。
保育士の悩み

【見てみる!】フリー保育士が辛い…と悩む人の上手な対応方法

フリー保育士が辛い…と悩む人は、意外にも多くいるものです。 ・なにをしていいのか分からない ・クラス担任との人間関係がツラい ・保育園での居場所がない ・子どもと関わらず雑用ばかり… このような悩みがあると「自分は必要ないのでは…」と自信を失くして「仕事辞めたい…」とも思いますよね。 しかし、フリーだからこそできることもあるし、フリーならではのメリットもあるはずです。 そこで今回は「フリー保育士が辛い…」と悩む人が、その良さに気がつき前向きになれるような記事内容です。今回の記事をよんでいただき、自信を取り戻して下さいね!
タイトルとURLをコピーしました