保育士のしあわせ委員会

保育士の悩み

【キケン】保育士で周りが見えない人の特徴と解決策とは?

・主任から「もっと周りを見なさい」と怒られる ・1つの仕事に集中すると、子どもの対応が出来なくなる ・もっと気が利く人になりたいけど、どうすれば? 保育士で、このように周りが見えないで悩む人は、意外に多くいるものです。 そして、まったく悪気はないのに、周りが見えずに相手を不快な思いをさせてしまいます。 これでは、人間関係でも仕事でも大きな損をしてしまいますよね。 そこで今回は、周りが見えなくなる人の特徴と、「気が利く人ね」と言われるような人になるための解決策を紹介いたします。
保育士の悩み

保育士で「体調を崩しやすい…」と悩む人の原因と体調管理対策!

保育士は「体調を崩しやすい…」と悩む人が多い職業です。 その原因は、子どもからの感染や保育園内のストレスなど、さまざまですよね。 とくに新人保育士さんは、職場に慣れておらず、体調を崩す人も多いでしょう。 また、風邪ぎみで無理に出勤すれば「子どもにうつすかも…」と不安になり、欠勤すれば「職場に迷惑をかけるかも…」と悩みますよね。 そこで今回は、保育士が体調を崩しやすい原因と、体調管理の対策を紹介します。 また、体調不良になった時の連絡方法なども解説してますので、ぜひ活用してみて下さいね。
保育士の悩み

「保育士を辞めたい」と悩む50代…その理由と考えるべき選択肢

保育士も50代になると、さまざまな悩みが出て来ますよね。 50代で下記のような悩みで「保育士を辞めたい…」と考える人もいるでしょう。 ・体力がなくなり、疲れが取れない… ・親の介護をしないといけない… ・毎年のプレッシャーに疲れた ・若い先生との間にギャップを感じる! そこで今回は、このように悩みで「保育士を辞めたい…」と考える保育士が、考えておくべきことを紹介いたします。 最後まで読んでいただき、どのような選択肢がベストなのか、考えてみましょう。
保育士の転職

【例文アリ】保育士の志望動機~中途転職の書き方はどうする?

保育士の中途採用の転職で、志望動機はとても大切なポイントですよね。 なぜなら保育園側は、あなたの志望動機を見て、合否を決めることも多いからです。 しかし、志望動機の書き方が分からずに、悩む人もたくさんいるでしょう。 そこで今回は、保育士の転職での志望動機を書くポイントを、例文とともに紹介いたします。 履歴書や面接で上手にアピールして、合格の可能性を広げていきましょう!
保育士の悩み

保育士が転職で給料下がるは仕方ないの?満足いく転職方法は?

保育士が転職で、今より給料が下がるケースがあります。 しかし、給料が下がると、生活の楽しさもダウンし、仕事のやる気もなくなりますよね… ・転職しようとしたが、今よりも低い給料を提示された… ・保育士が転職で給料下がるのは仕方ないの…? 満足いく転職をしたいのに、こんなふうに悩む保育士は、意外に多いものです。 そこで今回は、保育士が満足いく転職をするための方法を解説していきます。 自分自身の安売りはもったいないですよ! 今回の記事を参考に、ぜひ満足いく職場を見つけて下さいね。
保育士の悩み

保育士にお気に入りの子がいるのはダメなの?絶対NGな行動とは

保育士も人間ですから、お気に入りの子や苦手な子がいることもあるでしょう。 しかし、先生という立場上「どの子にも平等に」と心がけている人も多いものです。 でも、ふとした行動や態度に出てしまい、保護者からクレームになるかもしれませんね。 そこで今回は「お気に入りの子がいてもダメではないが、NGな行動」というテーマで記載いたします。 また、保育士に好かれる子どもの特徴も紹介しますので、ぜひ最後まで読んでみて下さいね。
保育士の悩み

保育士の通勤や仕事中の好印象コーデ。気をつけるポイントは?

保育士は若い女性が多く、おしゃれを楽しみたい人も多いですよね。 しかし「保育者」という立場上、子どもの見本となる服装も求められ、通勤や仕事中のコーデにも気を使うことでしょう。 オシャレし過ぎて、保護者からクレームが入ったり、先輩保育士から目を付けられたり…ということもあるでしょう。 「じゃあいったい、どういう服装ならいいの?」という疑問を、今回の記事で解消していきたいと思います。 メイクやネイルのことも解説しているので、ぜひ参考にしてみて下さいね
保育士の悩み

「保育士に復帰するのが怖い…」と悩む原因。上手に復職するには?

出産後に保育園を辞め、子どもも大きくなり、保育士に復帰しようと考える人は多くいます。 しかし下記のように「保育士に復帰するのが怖い…」とみんな悩むものです。 ・人間関係や仕事になじめるかな~ ・体力や保育の知識面でも心配だなぁ ・家庭との両立ができるのかしら… さらに、ブランクが10年や15年ともなれば、ほぼ新人保育士のような気持ちにもなりますよね。 そこで今回は、保育士に復帰するのが怖い…と悩む原因と、上手に復職するポイントを解説していきます。 ぜひ最後まで読んでいただき、あなたの職場復帰に役立てて下さいね。
保育士の転職

【例文アリ】保育士の志望動機。主婦から復帰する時の書き方

「子どもが大きくなった」などの理由で「保育士に復帰したい」と思っている主婦の方は多くいます。 でも、いざ転職しようとなると、ブランクの大きさから、不安になることもあるでしょう。 しかし、志望動機を明確にし、経験を上手にアピール出来れば、意外にスムーズに復帰はできます。 そこで今回は、相手に届く志望動機のポイントや例文を解説していきます。 また、転職に失敗しないための上手なエージェントの利用のコツも紹介しますので、最後まで読んでいただき、あなたに合った保育園探しに役立てて下さいね!
保育士の悩み

「保育士を辞めたい…」と悩む40代が考えるべき現実と選択肢

若い時とちがい、保育士も40代になると、仕事でさまざまな悩みが出てきますよね… 以下のような状況で「保育士を辞めたい…」という人もいることでしょう。 ・40代なのに、給料が安すぎて… ・40代未経験の求人で転職できるの… ・保育園では若い先生ばかりで人間関係がツラい ・子育てと介護に追われてキツイ… 今回の記事では、このような悩みを持った40代保育士が「どのように考えて行動すべきか」という内容で進めていきます。 最後まで読んでいただき、40代の悩みを解決していきましょう!
タイトルとURLをコピーしました