HSP保育士が仕事を続けていくためのポイント5つ

HSP保育士 保育士の悩み
・HSP気質だけど、保育士続けていけるかな?
・頑張ったけど、保育士続けるのが疲れた…
こんな悩みを抱えていませんか?
今回の記事では、HSP保育士が仕事を続けていくための大切なポイントを紹介します。

あなたに合った保育園えらびや人間関係のコツまで、より快適に仕事を続けるポイントが分かるようになりますので、ぜひ参考にして下さいね。

 

✓今よりも給料を上げたい
✓職場の人間関係に疲れた
✓もっと自由な時間がほしい

\もっとあなたに合った保育園があるはず/

完全無料・1分簡単登録

保育エイド
人間関係の良い職場のみ紹介
キララサポート保育
月収30万など優良求人が多数
保育ひろば
全国最多・保育士転職の定番

保育バランス
企業内や院内保育ならココ
ほいく畑
未経験やブランクOKの求人多数

 

 

5人に1人はHSP【繊細さん】

HSP保育士

自分がHSPであるコトを気づいてない人もいますが、およそ5人に1人はHSPであると言われています。

HSPは、その繊細な特性のため、日々の生活や仕事上で、生きづらさを感じる場面が多くあるでしょう。

その特徴の代表例として、下記があげられます。

①過剰に刺激を受けやすい

・人混みや大きな音が苦手
・友達と楽しく過ごしても、帰宅すると疲れが大きい
・些細なことでも傷つきやすく、忘れられない

②深く考え処理する

・調べ物は深く掘り下げる
・お世辞をすぐに見抜く
・物事を始めるまでに考えすぎる
・その場の快楽より哲学的なことに興味がある

③感情の反応が強く、共感力が高い

・人が怒られていると、自分のことに感じる
・幼児や動物の気持ちを察することができる
・人の行動やしぐさで、機嫌や考えが分かる

④小さな刺激を察知する

・第六感や直感に優れる
・強い光やまぶしさが苦手
・小さな時計の音などが気になる
・カフェインや添加物に敏感
参考記事:HSPについて

HSPが保育士に向いている点

赤ちゃんを抱くHSP保育士

次に、HSPが保育士に向いている点を見ていきましょう。

①子どもや保護者の気持ちを察するのが得意
②危機管理能力が高い
③誠実で信頼感がある
④保育士に向いている点が多い

①子どもや保護者の気持ちを察するのが得意

HSP保育士は、子どもや保護者だけに限らず、周りの気持ちを察するのが得意です。

子どもの行動や親の表情を見れば、何も求めているのかも分かるでしょう。

しかしHSPにとっては、すべての刺激が情報になるため、保育園の多彩な人間関係では、疲れも感じやすくなります。

②危機管理能力が高い

HSPは常にアンテナをはっているため、周囲の変化に気づきやすいです。

そのため、子どもの変化や危険を察知する能力が高いことも、保育士に向いている点です。

色々なことに気が付きすぎて、疲れるのですが…

③誠実で信頼感がある

HSPは誠実で責任感のある仕事をするので、子どもや周囲の先生からの信頼があります。

HSPの提唱者アーロン博士は以下のように述べています。

HSPは一般的に注意深く、誠実、仕事の質にこだわり、細かいことが得意で、直感的な洞察力を持ち、才能があり、クライアントのニーズをよく考え、仕事場の雰囲気を和ませる。端的に言うと彼らは理想の従業員なのだ。

参考記事:The Highly Sensitive Person

④保育士に向いている点が多い

保育士として、以下の点も向いているでしょう。

・人の良い部分を見れる
・人の幸せを喜べる
・人の話しを傾聴できる
子どもの話しをよく聞き、長所を伸ばし、成長を喜べるなんて、とても良い保育士ですよね。
自己否定せずに、自分に自信をもっていけば良いのですよ!

HSPが保育士に向いていない点

HSPが保育士に向いてない点を聞いて驚く女性

HSPが保育士に向いてない点もみておきましょう。

①人間関係の気疲れが多い
②仕事が激務

①人間関係の気疲れが多い

子ども、保護者、園長、主任、周りの先生など、多くの人と関わりを持つ保育士。

周囲のちょっとした言葉に傷つき、園長の機嫌の悪さを敏感に察知したり…

HSP保育士は、そんな複雑な保育園の人間関係で疲弊しやすいでしょう。

②仕事が激務

保育士は、労働時間も長く、常にマルチタスクで、気の休まるヒマもありません。

HSPは、深く1つのことに取り組むのが得意な一方、マルチタスクや要領よくこなすのが不得意です。

また、仕事を頼まれても断れない場合も多く、心身の疲れが溜まり、うつ病の発症リスクが高まります。

関連記事:保育士の大変なことランキング7選+番外編

HSP保育士が仕事を続けていくポイント【環境や人間関係】

HSP保育士が仕事を続けるポイント

HSP保育士が仕事を続けるためのポイントを見ていきましょう。

①HSPのマインドセット
②1人でも理解者を持つ
③1人の時間を大切にする
④全部に対応しなくてOK
⑤嫌いな人とは距離をおく

①HSPのマインドセット

HSPの人は、自分に厳しく、ネガティブになりがち…。

もともと深く考える特性から、ネガティブな思考を持つと、とことんネガティブになり、うつ病や適応障害を引き起こしがちになります…

また、HSPでない人にHSPを理解することは出来ません。

そのため、自分のHSPとしての特性を知って、保育園を選び、人付き合いをしていくことが大切です。

周囲に自分が理解されることを期待するのは辞め「自分は自分」と割り切っていきましょう。

②1人でも理解者を持つ

HSPの生きづらさは、周囲から理解されにくいことも原因の1つです。

そのため、何でも話せる理解者が1人でもいると、心強いでしょう。

HSP同志の交流は、お互いを分かち合える貴重な場面ですが、理解者は必ずしもHSPである必要はありません。

また、ムリして理解者を見つける必要もなく、理解者を持てないことで、自己嫌悪になる必要もありません。

③1人の時間を大切にする

HSPは、多くの人の中にいると神経が高ぶっていくので、休ませることが重要です。

そのために、一人で過ごす時間を確保し、リフレッシュしていきましょう。

気乗りしない仕事後の付き合いは少なくしたり、休日は静かな場所でのんびり過ごせるのが良いですね。

④全部に対応しなくてOK

HSPの人は、多くのことに気が付きます。

そのたびに「対応しなくては」という責任感にかられ対応していると、疲れてしまいます。

あなたが全部対応しなくても、物事は進んでいきますので、気持ちを楽に持ちましょう。

⑤嫌いな人とは距離をおく

HSPの人は「人を嫌ってはいけない」「みんなと仲良くしないといけない」という道徳を守る気持ちが強い傾向にあります。

そのため、苦手で嫌いな人にも笑顔で接し、苦手な人ほど距離を詰めようとしてしまいます。

しかし「嫌い」という、あなたの気持ちを自分で認めてあげて、ムリに好きになろうとせず、距離を置くことでも大切ですよ。

【大切】転職で自分に合った保育園で仕事しよう!

転職で自分に合った保育園で仕事しよう!

HSPの保育士が疲れずに、長所を発揮するためには、保育園の職場えらびが最も重要です。

ひと昔前は、体育会的な人間関係の厳しい職場も多かったのですが、今は雰囲気も労働環境もよい保育園が多くなってきています。

・人数に余裕がある保育園
・人間関係の良い保育園
・残業時間が少ない保育園
・パワハラ園長でない保育園
・サポート体制がある保育園
100%理想的な職場は難しいかもしれませんが、転職エージェントに希望条件を相談してみて下さい。
過去の転職者からの多くの情報を持っている転職のプロが、あなたをサポートしてくれるでしょう。

\あなたの長所を活かせる保育園が必ずある/

完全無料・1分簡単登録

保育エイド
人間関係の良い職場のみ紹介
キララサポート保育
月収30万など優良求人が多数
保育ひろば
全国最多・保育士転職の定番

保育バランス
企業内や院内保育ならココ
ほいく畑
未経験やブランクOKの求人多数

人気記事全部無料!保育士転職サイトおすすめ7選

 

あなたが長所を活かし、しあわせに保育士として活躍されることを願っております!!

 

関連記事:【お悩み解決】保育士が仕事に行けなくなったらどうする?

コメント

タイトルとURLをコピーしました