【例文アリ】どんな保育士になりたいかを面接で聞かれたら?

保育士の転職

保育士の面接で『どんな保育士になりたいか?』という質問はよくあります。

経験者の転職ならまだしもはじめて就職する人にとっては、具体的にイメージが難しいですよね?

そのため『どんな保育士になりたいか?』という質問に対して、何も準備をしていなければ、浅いチープな回答になってしまいます。

 

そこで今回の記事では『どんな保育士になりたいか?』の質問に対しての回答例や、NG例を紹介させていただきます。

ぜひ参考にしていただき、面接対策に役立てて下さいね。

 

✔保育園の情報がほしい
✔プロに面接対策を相談したい
✔転職・就活の悩みを相談した

\あなたに合った保育園を見つけよう/

完全無料・1分簡単登録

保育エイド
人間関係の良い職場のみ紹介
キララサポート保育
月収30万など優良求人が多数
保育ひろば
保育士転職の定番(全地域対応)

保育バランス:1都3県限定
ライフワークバランス重視の求人
ほいく畑
未経験やブランクOKの求人多数

 

 

面接で『どんな保育士になりたいか』を聞く理由とは?

女性面接官

はじめに、なぜ面接で『どんな保育士になりたいか』を聞くでしょうか?

その質問の本意を理解することで、より適切な回答ができるようになります。

①どのような人間かを見たい
②『社会人として働く』という決意の確認
③保育園の価値観に合うかどうか
④キャリアプランを知っておきたい

①どのような人間かを見たい

『どんな保育士になりたいか』という質問をすることで、あなたがどんな人間かを見ようとしています。

この質問をすることで、あなたの特徴、特技、性格などが読み取れますので、あなたらしさが溢れた回答は、好感がもたれるでしょう。

②『社会人として働く』という決意の確認

『どんな保育士になりたいか』という質問には、あなたの『社会人として働く』ということの決意も見られています。

『社会人として働く』ということへの決意が甘いと、採用は難しいと判断されますので『働くことの意味』という部分まで考えておくと好感度UPです。

③保育園の価値観に合うか

『どんな保育士になりたいか』という質問には、あなたが保育園の価値観や雰囲気に合うかどうかを確認する意図もあります。

例えば、チームワークを大切にする保育園であれば、協調性がある人が好まれたり、反対にマンパワーを重視する保育園もあるでしょう。

④キャリアプランを知っておきたい

『どんな保育士になりたいか』という質問には、あなたのキャリアプランを知っておきたい意向もあります。

園長や管理職を目指す人なのか、将来的に別の道も考えている人なのかなどです。

保育園側としては、なるべく長い期間活躍してくれる人が欲しいのは当然ですよね。

 

『どんな保育士になりたいか』を面接で伝えるポイント

ハンドサインをする女性

次に、面接で『どんな保育士になりたいか』を伝える時のポイントを見ていきましょう。

①結論から伝える
②エピソードを入れる
③入職後のイメージを話す

①結論から伝える

『どんな保育士になりたいか』を伝える時のポイントの1つめは、結論から伝えることです。

結論から話すことで、相手に話の全体の内容をイメージしてもらいやすくなり、より印象がよくなります。

例えば『子どもの気持ちに寄りそえる保育士になりたいです』のように、先に結論から伝えましょう。

反対に結論から話さないと、何を話したいのか相手に伝わりにくくなります。

②エピソードを入れる

2つ目のポイントは、具体的エピソードを入れることです。

実体験を入れることで、より魅力的な話しになり、相手をひきつけられるからです。

例えば『高校生の時に行った職業体験で、保育園の先生方の優しい笑顔や、子どもたちへの対応を次々に素早くこなす姿に憧れ、私もそのような保育士になりたいと思いました』などです。

③入職後のイメージを話す

入職後にはたらくイメージを話すことで、より伝わりやすくなります。

保育園の概要・方針などの情報をインプットし、それに対して自分はどのように行動していくかを伝えましょう。

 

✔あなたに合った保育園を紹介してくれる
✔面接のアドバイスを無料で受けられる
✔保育園の特徴をおしえてくれる

完全無料・1分簡単登録

保育エイド
人間関係の良い職場のみ紹介
キララサポート保育
月収30万など優良求人が多数
保育ひろば
保育士転職の定番(全地域対応)

保育バランス:1都3県限定
ライフワークバランス重視の求人
ほいく畑
未経験やブランクOKの求人多数

『どんな保育士になりたいか』の回答例文

ノートとパソコン

次に『どんな保育士になりたいか』の具体的な回答例を見ていきましょう。

例文①

わたしは『子どもの心に寄り添い、子どもにとことん付き合う』保育士になりたいと思います。

なぜなら、中学生の頃に行った職業体験で、子どもの心に寄りそい保育する先生を目の当たりにして、憧れの気持ちを持ったからです。

そして入職後は、御社の方針である『のびのびと自己表現できる子どもに』の理念のもと、子どもの心に寄りそえる保育士になっていきたいと思います。

例文②

わたしは、保護者に安心して子どもを預けてもらえる保育士になりたいと思います。

わたしは幼少時代、甘えん坊の泣き虫で、保育園に通った当初、母親と離れるのがイヤでよく泣いていたようです。

しかし、保育園の先生が優しく受け止めてくれたことで、すぐに慣れて活発に行動できるようになったことを母が話してくれました。

母はその話しをするたびに『保育園の先生はすごい』と話しており、私も保護者に安心してもらえる保育士になりたいと思いました。

そして、保護者に安心してもらえるだけでなく、御社の保育理念である『保護者との相互理解をもとにした保育』を目指していきたいと思います。

関連記事:保育士1年目の目標例文

『どんな保育士になりたいか』のNG回答

×印を掲げるひよこ

次に『どんな保育士になりたいか』の質問に対するNG回答をみておきましょう。

①基本マナーに関すること

『どんな保育士になりたいか』の質問に、基本マナーを入れるのは避けた方がよいでしょう。

例えば『明るく挨拶ができる保育士になりたい』とか『時間を守れる保育士になりたい』などです。

『それは人として当たり前だよ』と思われてしまうからです。

②仕事に関係のないこと

『どんな保育士になりたいか』の質問に、仕事と関係のないことを入れるのは避けた方がよいでしょう。

例えば『両親を大切にする保育士になりたい』とか『幸せな結婚生活を過ごせる保育士になりたい』などです。

『全然関係ないんじゃない?』なんて思われないようにしましょう。

まとめ:どんな保育士になりたいかを明確にし、幸せ保育士になろう!

赤ちゃんを抱く女性

どんな保育士になりたいかを考えることは、面接対応だけでなく、今後あなたが保育士として活躍していく中で、大切な指針になります。

 

人間は、自分が願った通りの人間になっていきます。

明るく楽しく保育士をして活躍するイメージを持てば、その通りになるし、辛く暗いイメージを持てば、またその通りになります。

未来のあなたの姿は、今のあなたの選択とあなたのイメージが作り上げていくのです。

 

しかし人間は、環境に流される弱いものでもあります。

これから働くなかで、人間関係や残業などつらい環境の中、良いイメージを持てなくなる場合もあるでしょう。

そんな時は、またこのブログに戻って来ていただき、悩みの解決のヒントをつかんで下さいね。

あなたが幸せな保育士となって、しあわせな人生を歩んでいかれることを、心より願っております。

 

✔良い保育園で働きたい!
✔面接に自信をつけたい
✔プロに相談したい

完全無料で、求人紹介~面接~入職までサポートが受けられますよ。

完全無料・1分簡単登録

保育エイド
人間関係の良い職場のみ紹介
キララサポート保育
月収30万など優良求人が多数
保育ひろば
全国最多・保育士転職の定番

保育バランス:1都3県限定
企業内や院内保育ならココ
ほいく畑
未経験やブランクOKの求人多数

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました