保育士1年目の目標例文【写すだけでもOK】だがポイントは押さえておこう!

保育士の悩み

社会人として保育士になって1年目。

あなたの園では目標設定の提出は有りますか?

園長や主任から『目標を立ててね!』と言われても、1年目からどのような目標を立てていいのか分からないし、難しいですよね…

『どんな目標を立てたらいいか意味不明』
『目標を立てる意味が分からない!』

こんな悩みを解決するため、目標を作成する時のポイントと例文を紹介いたします。

例文は写すだけでもOKですが、保育士1年目が本当に求められることも理解し、園の中でのあなたの評価を高めていって下さいね。

 

もっとあなたにマッチした保育園があるかも

完全無料・1分簡単登録

保育エイド
人間関係の良い職場のみ紹介
キララサポート保育
月収30万など優良求人が多数
保育ひろば
保育士転職の定番(全地域対応)

保育バランス
ライフワークバランス重視の求人
ほいく畑
未経験やブランクOKの求人多数

保育士1年目が目標を作成する時のポイント

POINTと書かれた単語帳はじめに、目標を作成する時のポイントを押さえておきましょう。

ポイントを押さえながら、自分の心と向き合い、評価に結びつく目標を立てて下さいね。

①ポジティブな表現にする
②無理なことは書かない
③社会人としての目標を考える

①ポジティブな表現にする

『~しない』という表現よりも、『~する』というようにポジティブな表現にします。

例えば、『先輩に言われたことを失敗しないようにする』という表現より、『先輩に言われた事を理解しやりきる』と いう表現の方が評価されやすく、自分のモチベーションも上がりますよ。

ネガティブな表現は、失敗した場面を想像させてしまいますから。

②無理なことは書かない

出来ないことを書いてしまうと、周りの評価も下げ自分の自信も失うので、無理なことは書かないようにしましょう。

『毎日子ども1人1人と笑顔で挨拶を交わす』など、頑張れば手が届く目標にし、成功体験を積み重ね、自信をつけていくことが大切ですよ。

③社会人としての目標を考える

まだ現場での経験の無い1年目の保育士さんは、具体的な現場での目標を立ててと言われても、分からないと思います。

そのため、『分からない事があれば先輩に確認し積極的に学ぶ』など、新社会人として気を付けたい点を目標に入れるのも良いでしょう。  

 

保育士1年目の目標例文

紹介する仕草の女性

では、具体的な保育士1年目の目標例文を見ていきましょう。

<例文①>

園の保育方針を理解しながら、全体の業務の流れを1日も早く把握し、先輩方の動きから学ぶと共に、分からない事があれば積極的に自分から聞いていきます。
そして、担当上司との報告・連絡・相談の『ホウレンソウ』を徹底し、自分の業務進捗状況を担当上司と共有していきます。それに加え自分でも先を考えて、仕事に取り組めるようにします。
<例文②>
子どもたちの事をより深く理解し、子どもたちの笑顔をより多く引き出せるような、声かけができる保育士になりたいです。
そのために、園の保育方針を深く理解するとともに、先輩方からのアドバイスを積極的にもらい、考えながら行動します。
また、子どもたちの好奇心を育て楽しめる遊びの提案もしていきます。
<例文③>
子どもたちとの関わり方や、園での業務での気がついた事や、先輩方に教えて頂いたことなど、毎日1つでもメモに残し、1日の終わりに振り返ります。
そのメモを見ながら、翌日以降の保育業務に活かしていき、1日でも早く頼りにしてもらえる保育士を目指します。

仕事の目標を立てる理由【新人の悩み】

目標の提出は、園の業務でもありますが、実は自分のためでもあります。

目標を持って日々の業務を行う人と、目標を持たずに日々過ごす人で、 1年後には大きな差がつくのは、当然ですよね。

毎日5m先に歩けば、1年で1825mも差がつき、もう後が見えないほど差ができます。

 

また目標を立てることは、モチベーションの維持につながります。

日々の業務に慣れ始めると、疲れがどんどんたまり、惰性で仕事して失敗につながったりするケースもあります。

そんな時に自分の目標を再確認することで、やることが明確になり、モチベーションを上げられますよ。

目標を立てる時の注意

目標設定を話し合う2人

目標を立てる時の注意点も2つ見ておきましょう。

①目標を上司と共有

周りの人と目標を共有することは、抵抗がある人も多いかと思います。

しかし特に上司と共有することで、あなたの目標が適格なのか、あなたの目標に対する行動が正しいのか、ということを客観的に見てもらえるようになります。

また、上司に目標を知ってもらうことで、あなたの評価をしてもらいやすくなるメリットもあります。何を考えているか分からない人は、評価しにくいですから・・・。

 

②ひとりよがりな目標にしない

例えば、『1年後に主任になる』や『1年後に2万円昇給する』など、周囲が客観的に決めることは目標にしないようにしましょう。

このような目標を提出することは、ひとりよがりになりるので、ひそかに心に秘めておきましょう。

 

保育士1年目に求められること

保育士1年目の女性が元気に歩く

目標の立て方を理解した上で、保育士1年目に求められることは、社会人としての基礎と、業務全体の流れの把握です。

まずは社会人として当たり前の、時間厳守、先輩に教えてもらう姿勢、言葉使いなどが出来てないと、自分が損をしてしまうからです。

いい加減な態度の人には誰も教えてくれないし、信頼もされないですよね。

 

また、業務面では、分からないことが多いと思いますので、何でも相談できる先輩を見つけ、どんどん積極的に聞いて学んでいきましょう。

分からない➡聞く➡やってみるの繰り返しで、点と点がつながり線となり、やがて綺麗な絵が描けるようになるでしょう。

関連記事:保育士1年目がツラい…
関連記事:この新人使えない!と言われてもOKな理由

『保育士1年目の目標』のまとめ

微笑む女性

目標設定は園に提出するためでもありますが、自分が心から納得した目標であることが一番大切です。

目標があるから頑張れるというのが理想ですね!。

保育士1年目は周囲の先生に気を使い、苦労をする場面も多いかと思いますが、目標を持って乗り越えていきましょう!

 

 

保育園えらびに失敗しないための転職サイト

完全無料・1分簡単登録

保育エイドおすすめ!!
人間関係の良い職場のみ紹介
キララサポート保育好条件
月収30万など優良求人が多数
保育ひろば迷ったらコレ
全国最多・保育士転職の定番

保育バランス:1都3県限定
企業内や院内保育ならココ
ほいく畑派遣求人も多数
未経験やブランクOKの求人多数

 

1年目がツラく、心が立ち直れないときは、外部機関を頼ってもよいかもしれません。

コメント

タイトルとURLをコピーしました