40代で新人保育士になる苦悩と楽しみ。職場選びのポイント解説!

保育士の悩み
『40代で新人保育士だけど、職場になじめない…』
『40代で保育士の資格取ったけど、続けていく自信がない…』

このように感じている、40代の新人保育士さんは多いものです。

保育士の需要は伸びていますが、20代前半の若い保育士さんも多く、世代間ギャップも感じたりするでしょう。

 

しかし40代は、人生経験を積んできたからこそ、求められるコトもあるんです。

そこで今回は、40代ならではの経験を活かし、あなたが活躍するためのポイントを解説いたします。

 

ガマンしてたら、いつか良くなるかも…(泣)

こんなふうに、ツラい職場でガマンしている保育士さんはたくさんいます…

しかし、転職して幸せになった人は多いのに、ガマンを続けて幸せになった人は聞いたことがありません。

ある友人は言いました「転職して3年半、あの時辞めてホントに良かった。あのままだったら危なかったよ…」と。

時間はあなたの命そのもの。 はじめの一歩が大切です。 あなたも必ず変われますよ!

 

\マイナビ保育士ではじめてみよう!/
合わない場合いつでも解約可能
新規登録(最後まで無料) >

 

保育士40代新人の苦悩と楽しみ

保育士の仕事は、苦悩も大きいですが、楽しみも多いですよね。

40代の新人保育士さんとなれば、その苦悩と楽しみも、若い保育士さんとは別次元になるでしょう。

 

まず、40代になると体力が衰えはじめます。

若い時から保育士をしていれば、体力の土台もありますが、40代で新人ともなれば、子どもと遊ぶのも一苦労でしょう…

また、新しいことを覚えるのも時間がかかったり、若い保育士さんとの関係で悩むこともあるでしょう。

 

でも、子どもたちの笑顔や成長が見えたり、保護者に感謝の言葉をもらった時など、この上ない喜びも感じられるでしょう。

『先生だいすきーーー!!』なんて言われたら、大喜びですよね。

 

40代で新人保育士になるメリット

子どもと楽しく遊ぶ女性保育士

人生経験を重ねたからこそのメリットを見てみましょう。

・保護者からの信頼を得やすい
・子育て経験と社会経験を活かせる
・トラブルが少ない
・人間的な安定感がある

 

一般的には、社会経験を重ねて、多くの失敗をしながら、人格が磨かれていきます。

例えば、子育てや社会経験を重ねることで、保護者の気持ちがより理解できるようになります。

もし現在悩んでいる方も、経験が役立つときが必ず来ますので、焦らず地道に仕事を覚えていくことが大切です。

 

40代で新人保育士になるデメリット

憂鬱な表情の女性保育士

40代の新人だからこそのデメリットもありますよね・・・現実を見ておきましょう。

・体力面に劣る
・若い保育士さんとの関係が難しい
・金銭面の不安がある
・女性ばかりの職場にとまどう
若い時から保育士をしている人と比べると、体力面で差があります。40代で保育士を始めたなら、腰やひざを痛めてしまうこともあるでしょう。
また保育士は、20~30代の女性が多いため、40代で入職すると、自分より若い保育士さんから仕事を教わることになります。
女性同士のプライドもあり、お互いに気を使いますよね。
さらに、40代といえども新人であれば、20代の新人保育士さんと同じ給与水準です。生活に余裕があれば問題ないですが、子どもがいるシングルの方には、厳しい給与でしょう。

40代の新人保育士が気を付けること

2人の保育士さんがアイデアを提示
40代の新人保育士でならではの、気を付けることを見ていきましょう。

①心の持ち方で気を付けること

まずは、心構えの面で気を付ける事です。

・頼まれた事はきちんとこなす
・柔軟な考え方を持つ
・人当たりが良い態度
人生経験が豊富でも、まずは新人であることを自覚し、頼まれた事はきちんとこなす姿勢が大切です。
また、あなたが40代であれば、相手の保育士さんも気を使いますので、あなたの価値観に固執せず、柔軟に考えて対応するべきです。

②雇用形態で気を付けること

40代で保育士未経験の場合、いきなり正職としての採用が難しいケースも多く、保育補助からスタートすることもあるでしょう。

それは、採用する方も、採用される方も「難しい」という意味からです。

 

採用する側は『40代未経験で本当に続くのかしら…』『正職で採用するなら若い人の方がいいわ』という思いがあります。

 

採用される側も、いきなり正職だと「負担が重い」と感じることもあるでしょう。

複数の子どもをまとめたり、ピアノを弾いたり、年間計画や月案を書いたり、会議や保護者対応をしたり、持ち帰り仕事も発生したり、行事のアイデアを考えたり…

40代未経験で、いきなりこんなに多くのことをこなせば、心身を壊してしまいます。

 

そのため、最初は派遣やパートとして保育補助で2,3年働き、問題なければ正職に移行する…という方法でも良いですね。

▼こんな記事も読まれています。
「保育士に復帰するのが怖い…」と悩む原因。上手に復職するには?

 

40代新人保育士の職場選びの注意点

ひらめきのイメージ図
次に40代の新人保育士さんの職場選びのポイントを見ていきましょう。
どんな職場で、どのような人と働くかは、あなたの保育士人生を大きく左右するポイントです。

①同年代の保育士さんはいるか?

20~30代保育士の割合いが高い保育園は多いですが、40~50代が多く活躍している保育園もたくさんあります。

40代新人で入職となれば、あなたと同年代が活躍している保育園の方が働きやすいでしょう。

実際の様子は、面接時に聞いてみるとよいですが、事前情報としては、転職エージェント聞いておくのが良いでしょう。

 

転職エージェントには、年齢構成や退職率など、保育園の内部情報がたくさんあります。

しかも完全無料で利用できますので、ぜひ利用してみましょう。

総合No,1ならマイナビ保育士、人間関係の良い求人なら保育エイドもありですよ。

 

②保育園の雰囲気は良いか?

3人の保育士

40代新人保育士さんにとって、職場の人間関係は一番大切なポイントですよね。

分からない部分も気軽に質問できる雰囲気は、とても助かります。

面接で職場の雰囲気をチェックしておくと同時に、前述の転職エージェントからも情報を入手しておきましょう。

 

注意したいのは、ハローワークの情報のみで、就業先を決定する場合です。

ハローワークの求人票は、便宜的な内容しか記載してないケースがほとんどです。

さらに無料でどこの保育園でも求人票が出せるので、よく選別しないといけません。

 

その点、転職エージェントの求人は、採用側の保育園が費用を払っているので、優良保育園の求人が多いです。

そのため、転職エージェントの求人を利用する方が、断然よい保育園が選べます

関連記事:転職エージェントの効果的な使い方

 

40代保育士の雇用情勢

終業相談を受ける女性

保育士の不足は、まだまだ続いています。

令和2年の保育士の有効求人倍率は、全国平均で2.29倍で、全職種の1.05倍をはるかに上回ります。特に東京圏では4.86倍で、圧倒的に保育士が不足しています。

そのため、40代でも保育士としての求人は多くありますので、安心して求職活動にのぞみましょう。

焦って決めて後悔したら、もったいないですよ。

参考:厚生労働省(保育士有効求人倍率)

 

40代 新人保育士を楽しもう!

希望の満ちた女性

最後にまとめです。

<40代新人保育士まとめ>

・これまでの人生経験や育児経験を活かせる
・体力面での不安に対策必要
・若い女性保育士さんとの関係に気配りする
・柔軟な考えで仕事にのぞむ
・いきなり正規職員でなく、保育補助からでもOK
・求人探しは転職エージェントを利用する
・園選びは、雰囲気の良さと同年代の有無を確認
40代で初めて保育士として働く場合、職場環境が大切なポイントです。
それは、初めて働く職場では分からないことも多く、仕事に慣れるまでは、フォロー体制が必要だからです。
良い環境の保育園では、分からないことでもしっかり教えてくれます。
反対に悪い環境ならば、40代新人保育士という弱みにつけこまれ、イジメられる可能性もあります。

あなたが良い保育園を選べるよう、前述の転職エージェントの情報を上手に利用して下さいね。

総合No,1ならマイナビ保育、人間関係の良い求人なら保育エイドもありですよ。

完全無料・1分簡単登録

マイナビ保育:全国版
コンサルタントの評価 No,1
保育エイド
人間関係の良い求人のみ紹介
保育ひろば
全国最多・保育士転職の定番
キララサポート保育
月収26万円+賞与4ヶ月など多数
ほいく畑派遣も多数
未経験・ブランクOKの求人多数

 

\マイナビ保育士ではじめてみよう!/
合わない場合いつでも解約可能
新規登録(最後まで無料) >

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました