保育士のしあわせ委員会

保育士の転職

【例文アリ】どんな保育士になりたいかを面接で聞かれたら?

保育士の面接の中で『どんな保育士になりたいか?』という質問はよくあります。 経験者の転職ならまだしも、はじめて就職する人にとっては、具体的にイメージが難しい場合もあるでしょう。 そのため『どんな保育士になりたいか?』という質問に対して、何も準備をしていなければ、浅いチープな回答になりがちです。 そこで今回の記事では『どんな保育士になりたいか?』の質問に対しての回答例やNG例をのせてます。 ぜひ参考にしていただき、面接対策に役立てて下さいね。
保育士の職場

悪い保育園の特徴10選と見分け方~保育士が避けたいブラック保育園!

保育士が働くなら「きちんとした良い保育園」で働きたいですよね。 しかし、世の中にはきちんとしてない「悪い保育園」はたくさん存在しています。 そして「悪い保育園」に転職してしまうと、あなたの生活は悲惨なものになってしまうでしょう… そこで今回は「悪い保育園の特徴と見分け方」を解説していきます。 どんな職場を選ぶかで、あなたの人生が変わってきます。 今回の記事を読んで、ブラック保育園は絶対に避けれるようにしておきましょう!
保育士の悩み

保育士を辞めたい原因にも!園児を怪我させてしまった時の対処法

保育士が保育園を辞めたいと思う原因の1つに、園児の怪我があります。 『危ないなぁ~』と思いつつ、ほんの一瞬だけ目をそらしたスキに頭をぶつけ泣いている、なんてこともありますよね。 そうなると、子どもの手当をしながらパニックになり、どうやって責任取ろうかと考え、家に帰っても食事も出来ないなんてことにもなりかねません。 もちろん、何も怪我なく子どもを保護者にお返しできるのがベストですが、そのために安全な部屋に子どもを閉じ込めておくわけにもいかず、危険は常に隣り合わせです。 そこで今回の記事では、安全には配慮しつつも、もし子どもに怪我をさせてしまった場合の正しい対処法とマインド設定を紹介させて頂きます。 ・子どもを怪我させた場合の対処法とNG行動 ・子どもを怪我させた場合の正しいマインド設定 ・保育園を辞めた方が良い場合 最後まで読むと、これらのことがクリアになり、気持ちが楽になります。 ツラい方は、最後まで読んで、ヒントをつかんで下さいね。
保育士の悩み

小規模保育園ではたらく罠~人間関係でハマる保育士のための対策

アットホームな雰囲気の中、子どもにじっくり関われるため、人気の高い小規模保育園。 しかし人気の裏側で、人間関係に疲れ、働きにくいという保育士の声も多く聞かれます。 今回の記事では、小規模保育園ではたらくメリットデメリットのおさらいをしながら、人間関係を上手にこなす方法にフォーカスしていきたいと思います。 ポイントは2つです。 ・園長以外のキーパーソンをおさえる ・職場の人間関係に過度に期待しない さっそく内容を見ていくと同時に、今回の記事を読んで、小規模保育園でラクに働くヒントをつかんでいきましょう。
保育士の悩み

保育補助の【でしゃばり度診断】と嫌われない対処法~保育補助も大変~

保育補助は保育園にとって大切な存在で、保育補助がいなければ、保育士の仕事がなりたちません。 それは、全国の保育施設の約90%が補助的な人を雇っていることが明確に示しています。 保育補助が大切なことは政府も認めており、2016年からパートなど保育補助を採用する保育園を援助する、保育補助者雇上強化事業を開始しました。 しかし『保育補助のくせにでしゃばりだ』『資格がないのにでしゃばるな』などと担任保育士から言われ悩む人も少なくありません。 そこで今回は、このような悩みを解決するため、下記の内容を解説いたします。 ・保育補助のでしゃばり行為 ・あなたの『でしゃばり度』チェック ・でしゃばりで嫌われない対処法 最後まで読めば、楽しく保育園で活躍するヒントがつかめるようになりますので、さっそく見ていきましょう!
保育士の悩み

保育士って馬鹿にされる仕事?『低学歴!底辺!』と言われてます。

保育士はバカにされる仕事なんでしょうか? 答えは馬鹿にされるような仕事ではありません。 確かに保育士の中には、敬語も使えない、一般常識もない、というように、馬鹿にされるような人もいるのは事実です。 しかし、『保育士という職業=馬鹿にされる』のではなく、『保育士の中にバカにされるような人がいる』というのが正しい表現です。 それは、『医者の中にも変な人がいる』『政治家の中にも常識外れの馬鹿がいる』というのと同様で、職業に焦点をあてるのでなく、その個人の人間性に焦点があてられるべきなんです。 ただ一般的にはイメージが先行してしまい『保育園はバカが多い』などと言われ、ジレンマを感じている人もいるでしょう。 今回は、世の中の保育士に対するイメージを見ながら、あなた自身はどのように進んで行くのが幸せになれるのか考えていきたいと思います。 ・保育士を馬鹿にする人の意見 ・保育士を馬鹿にしてない人の意見 ・あなたはどのように幸せになるべきか この記事を読んで、これらのことを一緒に考えていきましょう。
保育士の悩み

保育士同士の嫌がらせ行動の心理と、嫌がらせ対処法6つ

保育園で大好きな子どもと関わり、キラキラした自分になっていくはずが、保育士からのいじめや嫌がらせやで、全部が壊されていく・・・ 『本当の敵は外部ではなく内部にいる』というのは、本当のようです。 保育士の職場は、女性社会の閉鎖的な部分が色濃く、嫌がらせで悩む保育士さんは非常に多いんです。 それは、退職理由のNo,1が『人間関係』であることを見れば、あきらかでしょう。 そこで、1人でも多くの保育士さんが、楽しく働いてもらいたいと思い、今回の記事では保育士の嫌がらせ行為について、その心理と対策を解説していきます。 ・保育士の嫌がらせ行動のパターン ・嫌がらせをする保育士の心理 ・保育士嫌がらせの対処方法 今回の記事を読むと、このようなことが、分かるようになります。 嫌がらせを乗り越え、楽しく幸せにはたらくヒントをつかんでいきましょう!
保育士の悩み

保育園の園長に求められるものは?将来ダメな園長になる前に知っておくこと

将来、自分が園長になって、自分の理想の保育園を作ってみたい!という保育士さんも多くいらっしゃると思います。 『でも私に園長がつとまるのかしら?』など、不安が大きい人もいらっしゃるでしょう。 そこで今回の記事では、保育園の園長になりたい保育士さんがの不安が希望に変わるように、下記を紹介していきます。 ・園長に求められるものは? ・ダメな園長の特徴は? ・よい園長になるために歩む道すじ よい園長になるには、見本となる良い園長の元で働くことが近道です。 その道筋を今回の記事で一緒に追っていきましょう。
保育士の悩み

『パート保育士使えない!』と言われ悩んでいますか?楽になる考え方を覚えよう

パート保育士など非正規で働く保育士さんは多く、約90%以上の保育園で配置があります。 しかし『パート保育士使えない!』などの陰口を言われ、人間関係や仕事内容で悩む人が非常に多いのが実情です。 ですが、パート保育士使えない=あなたが使えない、ということではありません。 非正規のパート保育士は、明確な業務範囲が決まっておらず、各保育園によって仕事範囲がバラバラだからです。 保育園の事情により、パート保育士が振り回されているケースが多いということです。 そのため、『パート保育士使えない』という声があると同時に、『パート保育士なのに、どこまで仕事させるの?!』という悩みの声も多いんです。 そこで、今回の記事を読めば下記が解決します。 ・使えないと言われ、保育園に行きたくない ・どうすれば使えないパートを脱出できるの ・これって、パートいじめじゃないの?
保育士の悩み

いい園長とは?保育士が10倍幸せになる園長の見極めポイント

今回は、『いい園長とは?』というテーマで考えていきます。 いい園長のもとで働くことは、保育士として幸せなことです。 園長先生が良いと保育園の雰囲気もよく、仕事の評価も公平で、充実して仕事に取り組めるからです。 いい園長は、いい保育園の土台であり基礎です。 土台・基礎が悪い保育園は、こわれやすいです。 そこで今回の記事では、いい園長の元で働けるようになるため、下記解説させて頂きます。 ・いい園長を見極めるポイント ・いい園長がいる保育園の特徴 ・どうしても園長を信頼できない人の対策
タイトルとURLをコピーしました