保育士が仕事に行きたくない…と悩む理由と7つの対応方法

保育士が仕事に行きたくない… 保育士の悩み

保育士はハードな仕事ですよね。

そのため、朝起きて「仕事に行きたくない…」「職場のことを考えると涙が止まらない…」など、悩む人も多くいるでしょう…。

 

こうした悩みは、一時的なものなら大きな問題にはなりません。

しかし、ずーっと続くようなら「突然仕事を辞める」「人間関係の問題を起こす」「心の病を発症する」など問題が大きくなります。

そこで今回は「もう仕事に行きたくない…」と悩む保育士に向けて、その理由と解決策を考えていきます!

 

保育士が仕事に行きたくない…と悩む理由

寝込む保育士

まずはじめに、保育士が仕事に行きたくない…と悩む理由をみていきましょう。

①園長や主任などと人間関係が悪い
②保育園の雰囲気が合わない
③業務量が多く疲れる…
④プレッシャーを感じミスをしてしまう
⑤いじめやパワハラを受けている
⑥頑張っても給料が安い
⑦子どもをまとめられない

①園長や主任などと人間関係が悪い

園長や主任など、周りの保育士との人間関係が悪いと、仕事に行きたくなくなりますよね…

今日もあの人の顔を見ないといけない…」「今日はなにを言われるのか…」と考えるだけで、憂鬱になってしまうものです。

②保育園の雰囲気が合わない

「職場の雰囲気が殺伐としている…」「みんな自分のことしか考えてない…」「職員室が怖い」

こんなふうに、保育園の雰囲気が合わないと、毎朝職場に行くのもイヤになりますよね…

毎日多くの時間を過ごすからこそ、自分に合った職場が大切になります。

③業務量が多く疲れる…

「人手不足で休めない…」「非効率な作業をやらされる…」「家に帰っても業務が山積み…」

最初はやりがいを感じていた仕事でも、こんなふうに多くの業務をこなすうちに、仕事がイヤになってしまいます…

④プレッシャーを感じミスをしてしまう

悩む保育士

「早く仕事を覚えないと…」「今週リーダーでイヤだなぁ」「毎年毎年、担任のプレッシャーに耐えられない…」

人は多くのプレッシャーを抱えると、心と身体が拒否反応をしめすことがあります。

またそのプレッシャーから、ミスを起こしやすくなり、自信も失くしてしまうのです…

⑤いじめやパワハラを受けている

「暴言」「無視」「仕事を与えない」「強い叱責」など、いじめやパワハラを受けていれば、仕事に行きたくないですよね…

いじめやパワハラを受けている人は、迷わず退職しましょう。下記の記事に対処方法を記載しています。

▼関連記事:保育士いじめのパターンと行き詰った時の解決方法!

⑥頑張っても給料が安い

給料待遇に不満があると、仕事に行くモチベーションが下がりますよね…

「こんだけ頑張って、こんなに低い給料…」というように、自分の貢献に対して正当な給料でないと思えば、仕事に行く気がなくなります。

⑦子どもをまとめられない

子どもをまとめられないで自信を失くし、仕事に行きたくない…と悩む人もいます。

大切なときに「まとめよう!」とすればするほど、子どもは言うことを聞いてくれないものです。

 

(*「どうしても仕事に行きたくない…」という思いが強い人は、転職エージェントに相談するのも一つの手段です。無料転職相談はこちら:保育士バンク

 

保育士が仕事に行きたくない時…7つの対応方法

笑顔の女性保育士

では次に、保育士が仕事に行きたくない時の対応方法7つをみていきましょう。

①ストレスをためず発散させる
②軽い運動を取り入れる
③1日ズル休みをする
④転職求人を見てみる
⑤雇用形態の見直しを考える
⑥何のために働いているのか考え直す
⑦場合により専門医に相談する

①ストレスをためず発散させる

前述のように、人間関係やハードワークなど、保育の仕事はストレスが溜まりやすいですよね…

そのため、ストレスを上手に発散できなければ、毎日がツラいだけの仕事になってしまいます。

友達とおしゃべりしたり、好きな趣味を持ったりなど、あなたに合ったストレス発散方法があると良いでしょう。

②軽い運動を取り入れる

ストレス発散の1つとして、軽い運動をすることはオススメです。

身体を動かしたあとは気分がスッキリするように、運動には抗うつ剤と同じような効果があります。

ハードな運動に抵抗がある人は、早めのペースのウオーキングやストレッチでも効果があるので、ぜひ試してみてくださいね。

③1日ズル休みをする

どうしても仕事に行きたくないとき、1日くらいズル休みをすることも考えてOKです。

無断欠勤はよくありませんが「体調不良」「冠婚葬祭」など、理解を得られる理由を添えましょう。

ズル休みをしたい時の注意点など、下記記事でまとめてますのでのご参照下さい。

▼関連記事:保育士が仕事をズル休みしたい時に使える理由&ダメな行動

④転職求人を見てみる

転職実績

画像参照元:キララサポート保育

仕事に行きたくない時、転職求人を見てみるのもよいでしょう。

保育園により、職場環境は天国と地獄ほどの差があります。あなたが今いる職場は、地獄なのかもしれません。

いろいろな求人を見ることで「今の職場がすべてではない!」という選択肢を持て、いざという時に素早く転職することもできるでしょう。

(いろいろな求人を見てみたい人は、日本最大級の求人がある保育士バンクがお勧めです)

⑤雇用形態の見直しを考える

「どうしても仕事に行きたくない…」という人は、雇用形態の見直しを考えるのも1つの方法です。

正職だと責任も重く、仕事量も多いので、疲れやすいものです…

パートや派遣など、雇用形態を見直すことで、プレッシャーから解放されるでしょう。

自分らしく働く方法について、下記記事で詳細解説していますので、ご参照下さい。

▼関連記事:保育士の新しい働き方~フリーランス保育士のメリットとデメリット

⑥何のために働いているのか考え直す

何のために働いているのか考え直す

「仕事に行きたいくない…」という気持ちが続くなら、何のために保育士になったのか、何のために働いているのかを、考え直すこともよいでしょう。

初心に帰って考え直すことで、目の前の壁を乗り越える気力が湧き出るコトも多いからです。

また「ここは私のいる場所でなかった」と環境を変えるきっかけになることもあるのです。

⑦場合により専門医に相談する

仕事に行きたくない気持ちがずーっと続く場合、専門医に相談することも検討してみましょう。

「仕事に行きたくないのは自分が悪いから…」「私はなんてダメなの…」と自分ばかりを責めず、思い切って相談することも大切です。

 

保育士が仕事に行きたくない時のNG行動

悩む女性

では次に、保育士が仕事に行きたくない時のNG行動をみていきましょう。

①ガマンして出勤し続ける
②ひとりで抱え込む
③感情のまま退職を決める
④バックレてしまう

①ガマンして出勤し続ける

「仕事に行きたくない…」という気持ちをガマンして出勤し続けるのは危険な行為です。

短期間のガマンならまだしも、3ヵ月を越える長期間のガマンは、あなたの心を確実に破壊するからです。

実際に、心が壊れてしまった保育士もたくさんいます…

②ひとりで抱え込む

ひとりで悩みを抱えこむのはNG行為です。

なぜなら、ひとりで抱え込むとネガティブ思考になり、悩むだけで何も変わらないからです。

信頼できる人に思い切って話すことで、自分の気持ちも前向きになり、次の行動へ移すことが出来るようになります。

③感情のまま退職を決める

感情のまま退職を決める

仕事がイヤで感情のまま退職を決め、あとで後悔する人もいます。

退職・転職には「退職までのスケジュール」「退職後のこと」など準備が必要だからです。

保育士が急な退職を決める前に考えることは、たくさんあります。下記記事も参照下さい。

▼関連記事:保育士が急な退職を決める前に考えるべきこと&NG行動

④バックレてしまう

保育園に行きたくないがため、バックレてしまいたい人もいると思います。

でも、バックレると後々もっと面倒なことになるので、おすすめは出来ません…

園長が自宅に来たり、捜索願いが出されたり、次の転職に不利になるケースもあります。

▼関連記事:保育士のバックレは危険…すぐに退職したい場合どうする?

 

仕事に行きたくない時の危険なサイン

涙が止まらない女性保育士

仕事の行きたくない気持ちをガマンし続けると、ときにあなたの心身は危険信号を出します。

すぐにでも専門医に相談しましょう。

①涙が止まらない
②憂鬱で眠れない・食欲がない
③倒れたい…と思ってしまう
④仕事のことを考えると吐き気がする

①涙が止まらない

「仕事のことを考えると涙が止まらない…」「自分でも分からないうちに涙があふれてくる…」

こんな時は、あなたの心身に大きな負担がかかり過ぎているサインです。

身体が拒否反応を示し「助けて!」というサインを出しているのです。

②憂鬱で眠れない・食欲がない

「体は疲れているのに眠れない」「寝てもすぐに目が覚める…」「なにを食べても美味しくない」

こんな人もストレスを抱えすぎです。

睡眠と食事は生きていくための基本です。そこに支障があれば、あなたは大きなダメージを受けてしまうでしょう。

③倒れたい…と思ってしまう

倒れたい…と思ってしまう

「事故にあって倒れたい…」「災害で休園にならないかな…」「入院したい…」

メンタル的に追いこまれると、仕事に行かなくていいような出来事ばかりを望むようになります。

「倒れて休みたいなぁ~」くらいなら誰にでもあると思います。

電車のホームに吸い込まれそうになる…というところまで行くと危険なので、すぐに専門医に相談しましょう。

④仕事のことを考えると吐き気がする

脳や心と胃腸は、密接な関わりがあります。

イヤなストレスを受け続けると、胃腸もおかしくなり、吐き気や腹痛を起こします。

仕事の不安から、吐き気がしたり胃腸が痛い場合は、専門医に相談しましょう。

 

「仕事がイヤ…」ため息生活から抜けだそう!

保育士が「仕事に行きたくない…」という気持ちが継続的にあるとき、根本的な解決は転職しかありません。

①保育園により職場の雰囲気は天地ほどちがう

日本全国に、保育園や幼稚園は約45,000件ほどあり、コンビニの数55,000件にせまる多さです。

当然、その保育施設により、職場の雰囲気は天国と地獄ほどの差があります。

今あなたが勤めている保育園が合わなくても、必ずあなたに合う保育園はあるのです。

実際、働く保育園を変えたら「今までの悩みがほとんど解決された」という保育士はたくさんいますよ。

②合わない職場で消耗しつづけるのは危険!

合わない職場で消耗しつづけるのは危険!

これだけ多くの保育施設がある中、あなたが合わない職場で消耗し続けるのは、とても危険なのです。

あなたの貴重な時間を浪費しているだけでなく、心と身体をキズつけられているからです。

ブラック保育園は、あなたから搾取することしか考えていないのです…。

③今動かないと、どんどん動けなくなる

「辞めた方がいいと分かっているけど、怖くて動けない、めんどうで動けない…」という人もいるでしょう。

しかし今動かないと、どんどん動けなくなります。

時間の経過とともに、あなたが年齢を重ねるだけでなく、今の保育園に飼い慣らされて身動きが取れなくなるからです。

そこで、なかなか行動に移せない人は、転職サービスを活用してみましょう。

 

自分を変えられる「転職サービス」とは?

パソコンの前の女性

自分を変えたい人は「転職サービス」を活用しましょう!

ここではその内容をみていきます。

①転職サービスはメリットしかない

転職サービスへの登録はメリットしかなく、登録すれば転職活動の大きな助けになります。

その理由は、全部無料で下記のサービスを受けられるからです。

・非公開の優良求人の紹介を受けれる
・保育園とのやり取りを全部してくれる
・面接や園見学の段取りをしてくれる
・面接対策をしてくれる
・保育園の内部情報を調査してくれる

 

ハローワークなど一般公開されている求人は、誰でも閲覧でき、誰でも応募できます。

しかし転職サービスの求人は、登録者のみが求人閲覧や応募ができる優良求人がそろっているのです。

そのため、転職サービスにあなたが登録すれば、あなたマッチした優良保育園を紹介してもらえるのです。

 

ちなみに、登録者の費用が無料なのは、保育園側が費用を負担して求人を出しているからです。

この点からも、転職サービスの求人案件は、優良保育園が多いことが分かるでしょう。

 

②求人をストックしておくだけで、心の余裕がちがう!

保育士笑顔の大切さ

「ただ…自分を変えたいけど、今の職場が忙しすぎて…」「転職する勇気がないから…」

このような人は、とりあえず人のストックだけでもしておきましょう。

なぜなら、ストレスが限界になると転職サービスに登録する気力もなくなり、沈んでいくだけになるからです。

気になる求人案件をストックしておくだけで、過労で倒れる前に転職という手立てが打てるようになります。

 

転職サービスは全部無料です。

登録だけしておけば、あなたに合った求人がメールで届くので、「このままではダメだ!」という人は登録しておきましょう!

(優良な求人情報が集まる最大級の転職サイトはこちら:保育士バンク

 

 

\仕事がイヤ…ため息生活を抜けだそう/

完全無料・1分かんたん登録
合わない場合はいつでも退会可能

保育士バンク:迷ったらココ!
業界最大級の求人数

マイナビ保育士

首都圏を中心とした求人に強み


保育エイド

人間関係の良い求人のみ紹介

保育士転職サービスTOP3を詳しく >

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました