2021-04

保育士の悩み

【みんなも?】保育士のやる気が出ない時、どうやってやる気を出す?

保育士として、子どものために頑張ろうと思っても『まったくやる気が出ない』なんてことは、よくあるものです。 これは保育士も含めた働く社会人のデータですが、日本人の約94%はやる気がなく、ただ何となく『働かなきゃ』という感じで働いています。 しかし当然、やる気に満ちて元気に仕事をしている方が、数倍も楽しいのは間違えありません。 そこで今回は、保育士がやる気の出ない理由と、やる気を出す対処法を解説させて頂きます。 ではさっそく読み進めてみましょう!
保育士の悩み

全部捨てたい。保育士を悩ます陰湿な人間関係と対処法

保育士を悩ます女性社会の陰湿な人間関係。 あこがれの保育園の職場で、キラキラしながら働く未来が、陰湿な人間関係により壊されていく。 こんな悲惨な話しに共感する保育士さんも多いことでしょう。 それは、保育士の退職理由のNo,1が『人間関係』であることを見ると明らかです。 そこで今回は、1人でも多くの保育士さんに楽しく働いてもらいたいと思い、下記を解説させて頂きます。 ・どうして保育士は陰湿? ・陰湿な保育士はどんな特徴? ・陰湿な保育士がとる行動は? ・保育園での陰湿な人間関係の対処法 今回の記事で、あなたに合った方法を見つけ、どんどん試してみて下さいね。
保育士の悩み

保育補助が初めてで不安ですか?仕事が楽にできるコツ5つ

保育園にとって、保育補助は大切な存在です。 日本の保育園の約90%以上が保育補助を雇用しており、もはや保育補助なしでは保育が成り立たないでしょう。 しかし、保育補助として働くうえでの苦労は大きく、特に初めて保育補助に入る人の不安は大きいものです。 『職場になじめるのか?』『何をしたらよいのか?』など初めてだと分からないことだらけでしょう。 そんな不安を解消し、仕事が楽にできるコツを、今回の記事で紹介させていただきます。 最後まで読めば、保育補助として働くことが楽しくなり、前向きに保育園と関われるようになりますよ。
保育士の悩み

保育士が悩む大変なクラスを楽に対処する方法

子どもが大好きで保育士になっても、いざ仕事で保育を行うとなると、苦労も大きく大変ですよね。 しかも、受け持つクラスにより大変なクラスもあり、落ち着いたクラスもあると思います。 そこで今回は、保育士さんが『大変なクラスだなぁ』と悩む部分と、大変なクラスを楽に対処する方法を解説していきたいと思います 今回の記事を読んで、毎日楽しく子どもたちと過ごせるよう、ヒントをつかんで下さいね。
保育士の悩み

『保育士になるもんじゃない』と悩む理由と、素敵な保育士になる方法

『保育士なんてなるもんじゃない』という保育士さんや周りの声は多いものです。 でも実際ほんとうに、保育士にはなるもんじゃないんでしょうか? 答えは『自分しだいで答えは変わる』です。 今現在、どんなにつらい環境ではたらき『保育士になるもんじゃない』と思っている人でも、素敵な保育士になろうと前向きなひとは、自分の理想に近づいていきます。 今現在の自分は、過去の自分の決断と行動が作り上げたものです。 そのため、今の自分の決断と行動を変えれば、未来は変わります。 今回の記事では『保育士になってよかった』と思えるようなヒントをのせてます。 『保育士になんかなるもんじゃない』と嘆いている人は、自分の理想を描き、素敵なしあわせ保育士に近づいていきましょう!
保育士の転職

【例文アリ】どんな保育士になりたいかを面接で聞かれたら?

保育士の面接の中で『どんな保育士になりたいか?』という質問はよくあります。 経験者の転職ならまだしも、はじめて就職する人にとっては、具体的にイメージが難しい場合もあるでしょう。 そのため『どんな保育士になりたいか?』という質問に対して、何も準備をしていなければ、浅いチープな回答になりがちです。 そこで今回の記事では『どんな保育士になりたいか?』の質問に対しての回答例やNG例をのせてます。 ぜひ参考にしていただき、面接対策に役立てて下さいね。
保育士の職場

【保育士なら避けたい】悪いブラック保育園の特徴と見分け方

関わることであなたの人生を不幸にする、悪いブラック保育園。 たかが仕事と思ってバカにしてはいけません。 悪いブラック保育園で長く働いていると、心も体もその奴隷となり、自分の置かれている状況すらも分からなくなります。 そんな悲劇的な状況にならないために、今回は悪いブラック保育園のについての記事です。 この記事を読めば、下記が分かるようになります。 ・悪い保育園の特徴 ・悪い保育園の見分け方 ・悪い保育園を避けるための方法 今回の記事を読んで、幸せな保育士になれるヒントをつかんで下さいね。
保育士の悩み

保育士を辞めたい原因にも!園児を怪我させてしまった時の対処法

保育士が保育園を辞めたいと思う原因の1つに、園児の怪我があります。 『危ないなぁ~』と思いつつ、ほんの一瞬だけ目をそらしたスキに頭をぶつけ泣いている、なんてこともありますよね。 そうなると、子どもの手当をしながらパニックになり、どうやって責任取ろうかと考え、家に帰っても食事も出来ないなんてことにもなりかねません。 もちろん、何も怪我なく子どもを保護者にお返しできるのがベストですが、そのために安全な部屋に子どもを閉じ込めておくわけにもいかず、危険は常に隣り合わせです。 そこで今回の記事では、安全には配慮しつつも、もし子どもに怪我をさせてしまった場合の正しい対処法とマインド設定を紹介させて頂きます。 ・子どもを怪我させた場合の対処法とNG行動 ・子どもを怪我させた場合の正しいマインド設定 ・保育園を辞めた方が良い場合 最後まで読むと、これらのことがクリアになり、気持ちが楽になります。 ツラい方は、最後まで読んで、ヒントをつかんで下さいね。
保育士の悩み

小規模保育園ではたらく罠~人間関係でハマる保育士のための対策

アットホームな雰囲気の中、子どもにじっくり関われるため、人気の高い小規模保育園。 しかし人気の裏側で、人間関係に疲れ、働きにくいという保育士の声も多く聞かれます。 今回の記事では、小規模保育園ではたらくメリットデメリットのおさらいをしながら、人間関係を上手にこなす方法にフォーカスしていきたいと思います。 ポイントは2つです。 ・園長以外のキーパーソンをおさえる ・職場の人間関係に過度に期待しない さっそく内容を見ていくと同時に、今回の記事を読んで、小規模保育園でラクに働くヒントをつかんでいきましょう。
保育士の悩み

小規模保育園は働きにくいのか?メリットデメリットをつかみ良い選択をする方法

『小規模保育園だからダメ』とか『小規模保育園だから働きにくい!』など、全部をまとめて言うことが出来るものではありません。 小規模保育園にはその良さが、大規模保育園にもその良さがあり、それぞれの基本的な特徴を理解し、あなた自身のフィーリングに合った保育園を選ぶことが大切です。 職業や職場を選ぶことは、人生を選ぶことであり、あなたの人生の幸せと直結してくることだからです。 そこで今回の記事は、下記内容で記載していきます。 ・小規模保育園で働くメリット・デメリット ・小規模保育園を選択するにあたって ・あなたに合った保育園で働く方法 それではさっそく内容を見ていきましょう!
タイトルとURLをコピーしました