保育士の悩み

保育士の仕事がしんどい時~ストレス状況別の対応方法

「保育士の仕事がしんどい…」と悩む人は多いものです。 しかし「しんどいから、すぐに辞める!」という訳にもいきませんよね。 そして、心がモヤモヤした状態で、保育園に通うことになるはめに… 今回は、このように「保育士はしんどい…」と悩みながらも、どう行動して良いか分からない人のための記事です。 この3分ほどの記事を読むことで、今のあなたの状況と、どのように対処したら良いかが、分かるようになります。 今の悩みを乗り越えて、幸せ保育士のヒントをつかんでいきましょう!
保育士の転職

保育士が面接で「何歳児を担当したいか」質問された時の理由回答

保育士の転職面接や、勤務先の保育園にて「何歳児を担当したいか?」と質問された時、どのように回答するのが良いのでしょうか? なんとなく、自分の好みだけの理由だと「わがまま」と思われそうだし… 経験が浅いと、どの年齢のクラスを希望したら良いかも分からないし… ということで今回は、何歳児を担当したいかを問われた時の回答方法を紹介いたします。 ぜひ最後まで読んでいただき、参考にしてみて下さいね。
保育士の悩み

保育士がやってはいけないこと。子どもや保護者へのNG行動

「保育士が子どもや保護者に、絶対やってはいけないコト…」気になりますよね。 自分でも知らずに、子どもや保護者にNG言動をしてしまい、信頼関係を失くしてしまうと、お互いにツラい思いをしてしまいます。 反対に、やってはいけないことを理解しておくだけで、お互いの信頼関係が高まり、幸福度がUPしていくものです。 そこで今回は、保育士が子どもや保護者にやってはいけないことを具体的に紹介いたします。 今回の記事を読めば、毎日の保育や保護者対応が、やりやすくなりますよ。
保育士の悩み

保育園のブラック診断リスト…保育士が絶対に避けたい保育園とは?

保育園に勤めていて、息をするのもツラい…なんてことはありますか? そんな苦しむ人が勤める保育園は、まちがえなくブラック保育園でしょう。 ブラック保育園は、あなたの全部を吸い取ります。 お金も、時間も、健康な肉体も…すべてブラック園に吸い込まれるのです。 今回の記事では、あなたの保育園のブラック診断リストと、ブラック保育園を避ける方法を紹介いたします。 ブラック保育園だけは、絶対に避けなければなりません。 今回の記事を読んで、いっしょに幸せな保育士になっていきましょう!
保育士の悩み

保育士が「子どもをまとめられない…」と悩む原因と解決方法

「子どもをまとめられなくて…」という悩みは、保育士なら誰でもありますよね。 しっかりしてほしい場面ほど、子どもが言うことを聞かないと、焦ってしまうものです。 また「他の先生なら上手くまとめられるのに…」と自信を失くしてしまうかもしれません。 今回は、そんな悩みを解決できるよう、子どもの心理面などから原因をさぐり、子どもをまとめる解決方法を紹介いたします。 大切なことは、子どもと信頼を築き、好奇心をひきつけること。 では、さっそく内容を見ていきましょう!
保育士の悩み

保育士一年目の離職率➡一年目で辞める時、知っておきたいコト

希望をもって保育士になったのに、今は辞めることばかり考えている…。 こんなふうに悩む一年目の保育士さんも多いことでしょう。 保育士一年目の離職率は約15%です。 しかし、辞めたいけど辞める勇気も出ない…そんな人が多くいるのが現実でしょう。 そして、1年という短い期間で辞めてしまと、今後の人生で何か影響が出てしまうのでは…と、心配になりますよね? そこで今回は「保育士を一年目で辞める時、知っておきたいコト」を解説いたします。 今回の記事を読んでいただき、あなたのベストな選択のヒントにしてい下さいね。
保育士の悩み

保育士が転職するか悩む時…知っておくべき重要なポイント

「転職するべきかどうか…」 ・職場での人間関係がイヤすぎる… ・今の保育園は、給料が安すぎて… ・仕事が多すぎて、自分の時間がない こんなふうに悩む保育士さんは多いものです。 しかし、転職に成功すれば、悩みを解決できます。 でも…転職失敗の可能性を考えたり、いまいち勇気が出なかったりと、悩むだけで時間がどんどん過ぎていく…というパターンにもなりがちですよね。 そこで今回は、転職すべきかどうか悩む保育士さんが、後悔しないためのポイントを解説致します。 転職は、あなたの人生を左右する大きな分かれ道です。 今回の記事を読んで、あなたの進むべき道を一緒に考えていきましょう!
保育士の悩み

【すぐ分かる】保育者としてふさわしくない言葉遣いと気をつけるポイント

子どもや保護者への言葉遣い、難しいですよね。 何気なく発した言葉が「保育者としてふさわしくない言葉遣い」と非難されたりします。 また。言葉遣いひとつで、子どもや保護者と信頼関係を深くすることもできます。 そこで今回は、保育者としてふさわしくない言葉遣いと、気をつけるべきポイントを解説していきます。 この3分ほどの記事を読めば、保育士として適切な言葉かけが出来るようになりますよ。
保育士の悩み

保育士の給料が安いのは当たり前なのか?給料UPの具体的な方法

「保育士の給料が安いのは当たり前だよ」なんて言われてお悩みですか? ・保育士は誰でもできる ・子どもと遊ぶだけ ・利益を生まない仕事 こんなコトを言われて腹を立てているのは、あなただけではありません。 保育士の仕事は、子どもの命を預かり成長に携わる、社会的に有意義な仕事なのですが、実際のお給料は手取り14万円…なんて人も多く、年収は高いとはいえません。 仕事にやりがいはあっても、給料が低すぎて、保育士を続けるのが難しいと思う人も多いでしょう。 そこで今回は、自信を持って生活ができるよう、保育士として年収UPする方法を解説していきます。 この3分ほどの記事を読んでいただくだけで、将来に希望がもてる内容になってますよ。
保育士の悩み

【セルフチェック】最低な保育士の特徴…あなたは大丈夫なのか?

あなたの保育園に最低な保育士はいますか? ・あいさつも出来ない ・子どもの保育より自分が中心 ・保護者に媚びを売る ・仕事を押しつけてくる こんな先生がいると、保育園に行くのが憂鬱になりますよね…。 でも、もしかすると、自分でも知らないうちに、あなた自身が「最低な保育士」になっているかもしれないのです。 他人のことはよく分かっても、自分のことは意外とよく分からないものですから。 そんな最低な保育士にならないよう、今回の記事では、その特徴や良い保育士になるためのポイントを紹介します。 あなたに当てはまる点があれば、すぐに改善してみましょう。
タイトルとURLをコピーしました