保育士の悩み

保育士が仕事で失敗をやらかしたら…自信を取り戻す3つの方法!

保育士に限らず、仕事で大失敗をやらかした時、落ち込んでしまいますよね… 言いわけもできないような、不注意のミスをしてしまうと、なおさら焦るでしょう。 しかし、もう立ち直ることが出来ない…と思うようなミスは、みんなしているものです。 今回の記事では、ミスした時の正しい対応方法と、失敗の落ち込みから自信を取り戻す方法を紹介します。 この記事を読んで、自信と笑顔を取り戻されることを、心より願っております。
保育士の悩み

保育士40代の転職はきつい?40代が失敗しない転職のポイント

保育士でも40代になると、これまでにない悩みも色々と出てきますよね… ・体力のきつさを実感する… ・自分より若い保育士ばかりで人間関係がキツイ ・安月給で家計がピンチ! ・子育てと介護のWパンチなど… さまざまな悩みを抱え、転職を考えることもあるでしょうが、40代ということで、転職に不安を抱えている人も多いでしょう。 実際、若ければ若いほど、転職に有利な面はありますが、40代での転職は遅くありません。 あなたに合った保育園をえらび、柔軟に対応していく姿勢が大切です。 そこで今回は、40代の保育士が転職に失敗しないポイントを解説していきます。 あなたに合った保育園をえらび、幸せな毎日を送れるようにしていきましょう!
保育士の悩み

優しい保育士はダメでないが、優し過ぎると自分がツラくなる理由

優しい保育士さんは、人の気持ちに敏感です。 子どもや保護者、周囲の先生のちょっとした言動を読み取り、サポートができます。 しかし「優しいだけではダメかも…」と考えたり、周囲から「子どもに舐められる」と言われたりして悩むこともあるでしょう。 たしかに、優し過ぎる性格は、自分自身が苦しむケースもあります。 そこで今回は、優しい保育士さんの心理と「もっと自分を大切にしてもよい」というコトをメインに書いていこうと思います。 記事を読み終えるころには、気持ちも軽くなっていることでしょう。
保育士の転職

【保育士面接落ちた】不採用になる理由と合否のポイント

保育士不足とはいえ、だれでも面接に合格するわけではありません。 「面接落ちた…」というケースも、転職や就活でよくあることです。 保育の方針により「今年は若い新人を採用したい」とか「今年はベテランの保育士が欲しい」など、年度により欲しい人材も違うでしょう。 このように、面接で不採用の理由は、保育園側のニーズとあなたの状況がマッチしなかったこともあるので、極度に落ち込む必要はありません。 面接に落ちたとしても、対策を立てて、次のチャンスのために準備をしていくことが大切なのです。 今回の記事では、保育士が面接で採用されるためのポイントを紹介しています。 ぜひ最後まで読んでいただき、チャンスをつかんでいきましょう!
保育士の悩み

【ただ1つ】保育士として自分に自信がない人がやるべきこと

・何年やっても保育士として自信がもてない ・自分と他人を比べて落ち込む ・保育士に向いてないとネガティブになる こんなように、自分に自信を持てない保育士さんは多くいます。 自分に自信が持てない原因は、性格的なものや育った環境もあり、自分ではどうにも出来ない高い壁に感じることもあるでしょう。 しかし、この高い壁を乗りこえる方法は存在します。 それは「ありのままのあなたを肯定してくれる環境」に身を置くことです。 今回は、その詳細を考察していこうと思います。 最後まで読んでいただき、あなたらしく自信に満ちた保育士になっていかれることを願います!
保育士の悩み

保育士で年収600万円は達成可能なのか?難しいが達成方法を考えてみる

保育士の年収は低いと言われていますが、給料が低いままで良いと思っている人はいないですよね。 もちろん年収500万、年収600万と稼いでいきたいと思うでしょう。 ご存じのように、保育士で年収600万円は難しいことです。 しかし、達成方法を考えてみると、不可能な数字ではありません。 そこで今回は、保育士が年収600万円を達成する方法を考えると同時に、年収だけではないトータルで幸せになることが大切というコトを記載してみようよと思います。 今回の記事を参考に、年収と職場環境のトータルで満足度を高めていきましょう!
保育士の悩み

保育士いじめのターゲットになったら、いじめる人と縁を切ろう!

保育園でいじめのターゲットになり、毎日苦しんでいる保育士さんも多いでしょう。 女性社会の保育園では、ドロドロした人間関係で悩む人が多く、一番の退職原因になってます。 今回の記事は、そんないじめの苦しみを抱える保育士さんが、スッキリ悩みが解決できる内容です。 いじめは、いじめをする方が100%悪いです。 しかし、いじめる側が良い人に変わるのを期待してはいけません。 あなたの方から、いじめる人との縁を切っていくことが大切です。 それと同時に、あなたも自身も自分と向き合ってみることです。 ではさっそく、具体的に内容を深掘りしていきましょう!
保育士の悩み

保育士がレクリエーションインストラクターの資格を取得するメリット

レクリエーションインストラクターとは、レクリエーションを企画・実践する専門家です。 保育士としても、子どもの遊びの提供に役立つ資格です。 でも実際「どんなスキルが身につくの?」「本当に役立つの?」「転職などで有利なの?」などの疑問もあるでしょう。 今回の記事では、レクリエーションインストラクターについての詳細を紹介していきます。 興味のある方は、ぜひ参考にしてみて下さいね。
保育士の悩み

保育士が仲悪い保育園に共通する5つの特徴と悩みの対処法

保育士が仲悪い保育園で働くのは、とても苦痛ですよね… 苦痛どころか、吐き気がして食事も取れなくなってしまいます。 そんな苦しみを2年も3年も耐えられますか? 耐えているだけで状況が変わるでしょうか… どんな場所でも、100%人間関係の悩みが消えることはありません。 しかし、今回の記事を読めば、もがき苦しむほどの人間関係の悩みから解放されるでしょう。 最後まで読んで、スッキリした気持ちで保育園に行きましょう!
保育士の悩み

保育士のバックレは危険…すぐに退職したい場合どうする?

保育士は、人間関係のストレスなどが多く、仕事を辞めたい人がたくさんいます。 保育園を辞めたくて辞めたくて、バックレてしまいたい人も多いでしょう。 でも、バックレると後々もっと面倒なことになるので、バックレはおすすめ出来ません… バックレて、家に園長が押し寄せるなんてこともあるでしょう。 そこで今回は、感情的になってバックレる前に、あなたが取るべき解決法を考えていきましょう。 今回の記事を読めば、あなたは冷静さを取り戻し、幸せになれる方法が分かるようになりますよ!
タイトルとURLをコピーしました