保育士の悩み

保育士一年目の離職率➡一年目で辞める時、知っておきたいコト

希望をもって保育士になったのに、今は辞めることばかり考えている…。 こんなふうに悩む一年目の保育士さんも多いことでしょう。 保育士一年目の離職率は約15%です。 しかし、辞めたいけど辞める勇気も出ない…そんな人が多くいるのが現実でしょう。 そして、1年という短い期間で辞めてしまと、今後の人生で何か影響が出てしまうのでは…と、心配になりますよね? そこで今回は「保育士を一年目で辞める時、知っておきたいコト」を解説いたします。 今回の記事を読んでいただき、あなたのベストな選択のヒントにしてい下さいね。
保育士の悩み

保育士が転職するか悩む時…知っておくべき重要なポイント

「転職するべきかどうか…」 ・職場での人間関係がイヤすぎる… ・今の保育園は、給料が安すぎて… ・仕事が多すぎて、自分の時間がない こんなふうに悩む保育士さんは多いものです。 しかし、転職に成功すれば、悩みを解決できます。 でも…転職失敗の可能性を考えたり、いまいち勇気が出なかったりと、悩むだけで時間がどんどん過ぎていく…というパターンにもなりがちですよね。 そこで今回は、転職すべきかどうか悩む保育士さんが、後悔しないためのポイントを解説致します。 転職は、あなたの人生を左右する大きな分かれ道です。 今回の記事を読んで、あなたの進むべき道を一緒に考えていきましょう!
保育士の悩み

【すぐ分かる】保育者としてふさわしくない言葉遣いと気をつけるポイント

子どもや保護者への言葉遣い、難しいですよね。 何気なく発した言葉が「保育者としてふさわしくない言葉遣い」と非難されたりします。 また。言葉遣いひとつで、子どもや保護者と信頼関係を深くすることもできます。 そこで今回は、保育者としてふさわしくない言葉遣いと、気をつけるべきポイントを解説していきます。 この3分ほどの記事を読めば、保育士として適切な言葉かけが出来るようになりますよ。
保育士の悩み

保育士の給料が安いのは当たり前なのか?給料UPの具体的な方法

「保育士の給料が安いのは当たり前だよ」なんて言われてお悩みですか? ・保育士は誰でもできる ・子どもと遊ぶだけ ・利益を生まない仕事 こんなコトを言われて腹を立てているのは、あなただけではありません。 保育士の仕事は、子どもの命を預かり成長に携わる、社会的に有意義な仕事なのですが、実際のお給料は手取り14万円…なんて人も多く、年収は高いとはいえません。 仕事にやりがいはあっても、給料が低すぎて、保育士を続けるのが難しいと思う人も多いでしょう。 そこで今回は、自信を持って生活ができるよう、保育士として年収UPする方法を解説していきます。 この3分ほどの記事を読んでいただくだけで、将来に希望がもてる内容になってますよ。
保育士の悩み

【セルフチェック】最低な保育士の特徴…あなたは大丈夫なのか?

あなたの保育園に最低な保育士はいますか? ・あいさつも出来ない ・子どもの保育より自分が中心 ・保護者に媚びを売る ・仕事を押しつけてくる こんな先生がいると、保育園に行くのが憂鬱になりますよね…。 でも、もしかすると、自分でも知らないうちに、あなた自身が「最低な保育士」になっているかもしれないのです。 他人のことはよく分かっても、自分のことは意外とよく分からないものですから。 そんな最低な保育士にならないよう、今回の記事では、その特徴や良い保育士になるためのポイントを紹介します。 あなたに当てはまる点があれば、すぐに改善してみましょう。
保育士の悩み

【効果アリ】子どもに届く言葉かけ。保育士が気をつけるポイント

保育活動の場面の中で、子どもへの言葉かけは、とても大切ですよね。 保育士の言葉ひとつで、子どもの心を伸ばしたり、信頼関係も築けます。 しかし、子どもに届く言葉かけが出来ず悩んでいる保育士さんも多いでしょう。 そこで今回は、子どもの心に届く言葉かけのポイントをみていきます。 最後まで読んで、ヒントを見つけて下さいね。
保育士の悩み

【無責任!】保育士が「主任使えない…」と悩んだ時の解決方法は?

「主任が使えない…」とお悩みの保育士さんですか? ・仕事をしないで押し付けてくる ・気分の波が激しく疲れる… ・まったく責任感がない 園長や保護者との関係と同じく、主任との関係は、保育士の大きな悩みの1つです。 主任が使えないと、保育園を辞めたくなるほどでしょう… そこで、今回の記事では、そんな主任との悩みを軽くできる方法を紹介いたします。 最後まで読めば、悩み解決のヒントをつかめますよ!
保育士の転職

【例文アリ】40代保育士の志望動機とアピールするポイント

40代で保育士の転職にお悩みですか? 保育士は、40代でも転職は一般的です。 志望動機を明確にし、これまでの経験を上手にアピール出来れば、希望する保育園に転職も可能です。 でも、どうやって履歴書や面接でアピールするのか…不安もありますよね。 そこで今回は、40代保育士の志望動機やアピールポイントを分かりやすくまとめました。 最後まで読んで、転職活動のヒントをつかんで下さいね!
保育士の悩み

【残念】ダメな保育士の特徴…良い保育士になるポイントは?

あなたはダメな保育士ですか? そんなことを言われると、不安になりますよね… ダメな保育士は、子どもや保護者との関係が悪くなり、仕事が上手くいきません。 保育園の先生との間にも、トラブルが多くなります… そんなことにならないよう、すぐに改善が必要です。 そこで今回の記事では、ダメな保育士の特徴と、良い保育士になるポイントを解説していきます。 ダメな保育士に心あたりのある方、今日からでも改善していきましょうね!
保育士の悩み

「保育士は精神的にきつい」と悩む人こそ転職で人生変わる理由

・保育士は精神的にきつい… ・仕事のストレスが限界で退職したい… ・辛すぎて良い職場に転職したい… このような悩みを抱えていると、毎日が憂鬱ですよね… このような悩みは、転職で解決するのがベストです。 なぜなら転職は、人間関係だけでなく、すべての問題をイッキに解決できる方法だからです。 しかし、あなたに合った保育園でなければ、なんの解決にもなりません。 そこで今回の記事は「精神的にきつい」悩みの理由を明確にし、あなたに合った保育園に転職する方法を記載します。 子どもは可愛いけど精神的にきついと悩む保育士さんは、最後まで読んでヒントをつかんで下さいね。
タイトルとURLをコピーしました