保育士の悩み

「保育士は頭悪い」と言われる理由と「できる先生」になるポイント

「保育士は頭悪い…」なんて意見を聞くと、腹立たしいですよね。 保育士の全員が頭悪いわけではないのに、一部のおバカな保育士がいるため「保育士=頭悪い」みたいになってしまいます。 あまり周りの雑音を気にしすぎる必要はないでしょう。 しかし、保育士は頭が悪いと言われる理由を知り、あなたは「できる先生」になる必要があります。 なぜなら、頭の悪い保育士は、不幸になっていくからです。 そこで今回は、頭の悪い保育士の特徴や「できる先生」になるポイントを紹介いたします。 今回の記事を読んで、あなたが活躍するヒントをつかんで下さいね!
保育士の悩み

【3分で分かる】保育士を独占する子ども~その理由と対応方法は?

・いつも抱っこをせがむ ・ひざの上に乗って離れない ・独り占めできないと泣き叫ぶ このように、保育士の先生を独占する(したがる)子どもは多くいます。 子どもたちの「安心したい」「自分に注目してほしい」など気持ちを、行動で表わしているのです 独占したい気持ちは、子どもだけに限らず、大人にもある自然な欲求です。 しかし、独占欲が強すぎ、その欲求が満たされないと、暴れたり、ひっついて離さないなど困った行動を引き起こしますよね… そこで今回は、そんな独占したがる子どもの理由と対応方法について紹介いたします。 今回の記事を読んで、子どもの心を理解するヒントをつかんで下さいね。
保育士の悩み

「保育士に向いてない」と言われたら…自分を守るために考えること

園長や主任の先生から「あなたは保育士に向いてない!」と言われた… そんなことを言われて、深く傷つき、悩んでいる人もいるでしょう。 子どもは好きだけど、保育士を辞めたいと思う人もいるでしょう… でも「保育士に向いてない」なんていう言葉は、無責任な人が発する言葉です。 あなたのことを1ミリも想ってない人の言葉に、あなたは振り回される必要はありません。 そこで今回は「保育士に向いてない!」などの無責任な言葉から、自分を守るための方法を考えていきたいと思います。 今回の記事を読んで、あなたが自信を持って保育園ではたらくヒントをつかんで下さいね。
保育士の職場

院内保育士はきついのか?仕事の特徴と転職ポイントをチェックしよう

院内保育所は「夜勤できついけど、ゆっくり保育ができて、お給料もまあまあ高い…」 そんなことを聞いて、転職を考えている保育士さんもいるでしょう。 しかし実際、どんな仕事内容で、一般保育園とどんな違いがあるのか、気になる人も多いかもしれません。 そこで今回は、院内保育所の特徴や、勤務するメリットデメリットを紹介し、転職する場合の成功のポイントを紹介いたします。 今回の記事を読んでいただき、あなたが活躍するための参考にして下さいね!
保育士の悩み

【3分で分かる】保育士の話し方のコツ。子どもを惹きつけるポイントは?

・子どもが言うことを聞いてくれない… ・周りの先生の話しは聞いるのに、私の言葉は子どもに届かない… とくに経験の浅い保育士さんで、こんな悩みを抱えている人は多いものです。 しかし、ちょっとした話し方のコツをつかめば、あなたの言葉で子どもたちを惹き付けることができます。 そこで今回の記事では、子どもの興味を惹き付け、話しを聞く雰囲気を作るコツを紹介いたします。 あなたに合う方法を取り入れて、レベルアップしてみましょう!
保育士の転職

保育士として大切な心構えとは?仕事でおさえたいポイント

保育士として働くうえで「大切な心構えは何だろう…」と、悩んでいる人もいるでしょう。 また、就職や転職の面接作文で、答えを求められる場面もあるかもしれません。 しかし「保育士として大切な心構え」を考えることは、新人さんだけでなく、あなたが保育士として活躍するうえで、基礎をつくる重要な作業です。 子どもや保護者の対応をする時の態度や、仕事の姿勢としても現れてきます。 そこで今回は、保育士として大切な心構えを一緒に考えていこうと思います。
保育士の悩み

保育士の悩み~パワハラ主任の特徴と上手な対処法

・いつも主任の顔色を伺っている ・少しでもミスをすると主任に怒鳴られる こんなパワハラ主任のもとで働く保育士は、毎日が憂鬱ですよね… 保育園という小さなコミュニティの中で、パワハラ被害を受けると、逃げ場もなくツラい日々になります。 だからこそ、パワハラ主任の特徴をつかみ、対処法を理解し、自分自身を守ることが大切です。 今回の3分ほどの記事を読めば、パワハラ主任への上手な対応方法が分かるようになりますよ。 実際にどんな行為がパワハラになるのか、事例も紹介してますので、最後まで読んでみて下さいね。
保育士の悩み

保育士の妊娠は迷惑なのか?職場への報告や妊娠中の注意点

上下関係の厳しい保育園では、妊娠の順番が決まっていたり、妊娠に予約が必要などのケースもあるとか… 順番は決まっていなくても、先輩より先に妊娠すると「迷惑だ」など、肩身が狭い思いをすることもあるでしょう。 本来、妊娠は喜ばしいことですが、そのことが原因で職場トラブルは避けたいですよね。 そこで今回は、妊娠した保育士が、職場や仕事で気をつけるポイントを解説します。 また、産休明け後、どのように働くのが良いのかも紹介しますので、ぜひ参考にして下さいね。
保育士の悩み

保育士が「もう頑張れない…」と悩む理由&解決策のまとめ

保育士で「もう頑張れない…」と思い悩んでいる人もいるでしょう。 子どもは可愛いのですが、保育の仕事は、実にストレスがたくさんですよね。 ・保育園での人間関係 ・子どもの命を守る緊張感 ・保護者対応のストレス ・給料が低く将来が不安 もちろん、どんな職場にも悩みやストレスはありますが、保育士ならではの悩みも多いものです。 そこで今回は、「もう頑張れない…」と悩む原因と、転職を含めた解決策をまとめていきます。 今回の3分ほどの記事を読めば、心のモヤモヤが晴れて、前向きな気持ちになれますよ!
保育士の職場

小規模保育園で働いて後悔したこと!良かったことは?

「小規模保育園と大規模保育園、どちらが自分に合っているのか…」」 こんなふうに悩む保育士さんもいるでしょう。 自分に合った保育園で働くことは、人生においてとても大切ですから、後悔のない選択をしたいですよね。 また、子どもや他の先生との人間関係も気になるところです。 ということで、今回の記事では「小規模保育園で働き後悔したこと&良かったこと」という内容です。 今回の3分ほどの記事を読めば、小規模保育園の特徴を理解し、あなたに合った保育園えらびの参考にすることが出来ますよ。
タイトルとURLをコピーしました