小規模保育園で働いて後悔したこと、良かったこと

小規模保育園後悔したこと 保育士の職場

「小規模保育園と大規模保育園、どちらが自分に合っているのか…」

こんなふうに悩む保育士さんもいるでしょう。

自分に合った保育園で働くことは、人生においてとても大切ですから、後悔のない選択をしたいですよね。

また、小規模保育園での、子どもや他の先生との人間関係も気になるところです。

 

ということで、今回の記事では「小規模保育園で働き後悔したこと&良かったこと」という内容です。

今回の3分ほどの記事を読めば、小規模保育園の特徴を理解し、あなたに合った保育園えらびの参考にすることが出来ますよ。

 

もっとあなたに合った保育園を見つけられる

完全無料・1分簡単登録

保育エイド
人間関係の良い職場のみ紹介
キララサポート保育
月収30万など優良求人が多数
保育ひろば
全国最多・保育士転職の定番

保育バランス:1都3県限定
企業内や院内保育ならココ
ほいく畑
未経験やブランクOKの求人多数

*合わない場合いつでも解約可能

 

小規模保育園の特徴

小規模保育園の特徴

まずはじめに、小規模保育園の特徴をおさらいしておきましょう。

・定員が6人~19人
・0歳児~2歳児が対象

小規模保育園という名前のとおり、定員は6-19人と小規模です。

おもに、0~2歳の乳児のみを対象としており、クラス分けがなく1人1人に合わせた保育をしてます。

 

また、待機児童解消のため、2015年の「子ども・子育て支援新制度」により「認可保育園」として認定されるようになりました。

これにより、国や自治体から補助が受けられるようになりました。

小規模保育園で働き後悔したこと

小規模保育園で働き後悔したこと

つぎに、小規模保育園で働き後悔したことを見ていきましょう。

①休みが取りにくい
②キャリアアップが出来ない
③庭園がない…
④正職保育士の負担が大きい
⑤人間関係の逃げ場がない

①休みが取りにくい

小規模保育園は、保育士も少人数であるため、休みが取りにくい場合があります。

多少体調が悪いときも、出勤を求められるケースもあることでしょう。

同様な理由から、早番や遅番といったシフトも、希望とおりに行かない場合も…

②キャリアアップが出来ない

3歳児以上の保育が出来ないので、スキルアップの範囲が狭くなります。

また、大人数を保育したり、行事の準備や運営もないので、経験を積める範囲が限定的になります。

そのため、いざ大規模保育園で働く場合、苦労することもあるでしょう。

③庭園がない…

小規模保育園は、広い園庭がなく、外遊びは公園や広場などに行くことも多いでしょう。

毎日、公園などに行くとなれば、その都度の準備や移動の負担も大きくなりがちに…

とくに交通事故や不審者対策などのケアは、気を使いますよね。

④正職保育士の負担が大きい

小規模保育園では、有資格者である正職保育士の負担が大きくなりがちです。

正職保育士の割り合いが少ない保育園では、とくに負担は重いでしょう。

仕事量の不平等で不満が発生したり、保育の質が落ちるリスクも出てきます。

⑤人間関係の逃げ場がない

小規模保育園は、小さなコミュニティです。

いったん人間関係が壊れると、小さな職場のなかでは、逃げ場がなくなります。

大規模保育園の場合は、配置替えなどありますが、小規模園の場合、イヤでも毎日顔を合わせないといけません。

小規模保育園で働き良かったこと

小規模保育園で働き良かったこと

では次に、小規模保育園で働いて良かったコトを見ていきましょう。

①子どもとじっくり関われる
②アットホームな雰囲気で働ける
③残業や持帰り仕事が少ない
④体力の負担が少ない
⑤待遇は良くなってきている

①子どもとじっくり関われる

保育の対象が乳児のため、1人1人の子どもとじっくり関わることができます。

子どもの成長と安全をしっかりと見守ることができ、充実感を得ることができるでしょう。

また、保護者ともじっくり関係を持てるので、より深い信頼関係を築きやすいといえます。

②アットホームな雰囲気で働ける

小さな規模なので、アットホームな雰囲気が流れる保育園が多いです。

大規模保育園のような会議や書類作成、グループでの仲間外れなども少なく、落ち着いた中で保育ができます。

しかし、1人でもイヤな人がいると、保育園全体の雰囲気が悪くなったりするので、よく見ないといけません。

③残業や持帰り仕事が少ない

大規模保育園に比べて、行事やイベントが少ないので、残業や持帰り業務が少なくすみます。

また、書類の作成業務や会議なども、大規模園に比べて少ないです。

④体力の負担が少ない

乳児の対応のため、大きく身体を動かすことが少ないので、体力の負担は少ないでしょう。

また、園庭がないことも多く、外で走り回ったりする機会も少ないのも特徴です。

⑤待遇は良くなってきている

冒頭での紹介のように、2015年「子ども・子育て支援新制度」により、小規模保育園は「認可保育園」として認定されました。

そのため、自治体から補助金を受け取れるようになり、小規模園の保育士の給与待遇も良くなりつつあります。

参考資料:厚生労働省「令和元年賃金構造基本統計調査

自分に合った保育園を見つけよう

自分に合った保育園で働く

これまで、小規模保育園で後悔したこと、良かったことを見てきました。

しかし、すべての小規模保育園が同じような特徴があるわけではありません。

実際には、それぞれの保育園で、それぞれの個性があります。

今回の記事で、小規模保育園のおおまかな特徴をつかみ、自分に合った保育園を見つけましょう。

 

その手助けになるのが、保育士専用の転職サイトです。

1分ほどの簡単登録で、あなたの希望条件の求人を、手に入れることができますよ。

完全無料・1分簡単登録

保育エイド
人間関係の良い職場のみ紹介
キララサポート保育
月収30万など優良求人が多数
保育ひろば
全国最多・保育士転職の定番

保育バランス:1都3県限定
企業内や院内保育ならココ
ほいく畑
未経験やブランクOKの求人多数

*合わない場合いつでも解約可能

 

保育士の転職サイトが、どんなものか知りたい人は、こちらを読んでみて下さいね

保育士の転職サイト

・あと5万円給料を上げたい…
・職場の人間関係で悩むのはイヤだ
・もっと自分の時間がほしい

そんな悩みを持つ方は、保育士専門の転職サイトを使ってみましょう!いずれのサイトも、いつでも無料で登録可能で、保育園の内部情報をもった職人が、あなたに合った保育園を紹介してくれます。


~POINT~

*最短1分の無料登録
*あなたの希望や悩みをヒアリング
*情報をもらうだけでもOK

~転職に勇気を~
「転職したいけど、何となく踏みだせないな…」そんな気持ちをサポートしてくれるのが、転職エージェントです。あなたの「めんどくさい」や「勇気が出ない」を助けてくれますよ。


【利用のご注意】

転職サイトの利用は、さいごまで一切無料ですが、まれに転職を強引にすすめてくる担当者がいる可能性があります。自分の意志に反する転職を勧めてこられた場合、担当者を変更してもらうか、サイトの退会を申し込みましょう。

Check全部無料!人気の保育士転職サイト7選

関連記事:【3分で分かる】小規模保育園を辞めたい保育士が悩む理由と転職
関連記事:保育士がホワイトな保育園を見分ける方法

コメント

タイトルとURLをコピーしました