保育士で年収600万円は達成可能なのか?難しいが達成方法を考えてみる

保育士の悩み

保育士の年収は低いと言われていますが、給与が低いままで良いと思っている人はいないですよね。

もちろん年収500万、年収600万と稼いでいきたいと思うでしょう。

 

ご存じのように、保育士で年収600万円は難しいことです。

しかし、達成方法を考えてみると、不可能な数字ではありません。

 

そこで今回は、保育士が年収600万円を達成する方法を考えると同時に、年収だけではないトータルで幸せになることが大切というコトを記載してみようよと思います。

今回の記事を参考に、年収と職場環境のトータルで満足度を高めていきましょう!

 

✓今よりも給料を上げたい
✓職場の人間関係に疲れた
✓もっと自由な時間がほしい

\もっとあなたに合った保育園があるはず/

完全無料・1分簡単登録

保育エイドおすすめ!!
人間関係の良い職場のみ紹介
キララサポート保育好条件
月収30万など優良求人が多数
保育ひろば迷ったらコレ
全国最多・保育士転職の定番

保育バランス:1都3県限定
企業内や院内保育ならココ
ほいく畑派遣求人も多数
未経験やブランクOKの求人多数

保育士で年収600万円は難しい【保育士の平均給料は低い】

お金がなく悩む女性

保育士の平均年収は約357万円で、日本の平均年収の約441万円と比較すると低いです。

年代別に見てみると下記の通りです。

20代保育士:約301万円
30代保育士:約358万円
40代保育士:約381万円
50代保育士:約405万円

おおむね300万円台が平均で、とてもじゃないですが「年収600万円なんて難しい」というのが現状でしょう。

参考資料:厚生労働省-令和元年賃金構造基本統計調査

関連記事:保育士の給料が安いのは当たり前なのか?給料UPの具体的な方法

保育士で年収600万円を達成する方法

虫眼鏡で見る女性

しかし、保育士で年収600万円がムリかといえば、そんなこともありません。

保育士で年収600万円を達成する方法を見ていきましょう。

①公立保育園で主任や園長になる

公立保育園は、私立保育園よりも給与水準が高いです。

一般保育士では、大きな差は見られませんが、主任や園長になれば、600万円以上の年収が見込めます。

保育士年収表
内閣府「令和元年度幼稚園・保育所・認定こども園等の経営実態調査

公立保育園の保育士は公務員のため、下記のような特徴があり、年収が上がりやすいです。

・役職手当が厚い
・毎年昇給がある
・福利厚生が手厚い
・賞与も確実に出る
・退職金制度がある

そのため、主任クラスで年収600万円、園長クラスで年収700万円になります。

 

ただし、地方自治体の試験に合格する必要があり、一般的にこの試験は高倍率で難関です。

また、公務員は年功序列のため、上の役職になるまで時間がかかる傾向にあります。

その点、私立園の方が若くしてキャリアアップも可能です。

関連記事:公務員保育士になるには?高倍率だけど魅力たっぷり!

②私立保育園で園長になる

先ほどの表でみたように、私立保育園の園長でも年収600万円になります。

ただし、全部の保育園の園長が年収600万円に到達はしません。

年収600万円は「保育園による」というコトになります。

 

だたし、私立保育園は公務員保育士とちがい、若くてもキャリアアップが望めます。

例えば、新規オープンの保育園では、経験10年ほどでも園長になれるような求人もあるでしょう。

好条件の求人は、すぐになくなるので、常にチェックしておきましょう。

 

\無料登録して好条件求人を紹介してもらおう!/

完全無料・1分簡単登録

保育エイドおすすめ!!
人間関係の良い職場のみ紹介
キララサポート保育好条件
月収30万など優良求人が多数
保育ひろば迷ったらコレ
全国最多・保育士転職の定番

保育バランス:1都3県限定
企業内や院内保育ならココ
ほいく畑派遣求人も多数
未経験やブランクOKの求人多数

 

③開業ベビーシッター

保育士の資格を活かして、個人で開業するベビーシッターで年収600万円を目指す方法もあります。

時給相場は、1500円~8000円程度で幅が広いですが、外国語などのスキルがあれば、より高単価も狙えるでしょう。

雇われのシッターだと年収UPは望めませんが、個人開業の場合、戦略しだいで年収600万円に届く方もいます。

④保育園の本部の運営職員

株式会社が運営している保育園の運営職員になると、年収600万円も狙えるでしょう。

例えば、新宿に本社のあるB社の保育園の新規開発などの仕事で、下記のような求人内容です。

勤務時間 9:30~18:30
残業 月30時間
年休 113日  
年収 400万~600万(経験により)

いきなり年収600万円には届きませんが、経験と実績を積めば、600万円は現実的な数字です。

⑤保育士+副業

これまで紹介した年収600万円になる方法は、キャリアの積み重ねが必要で、時間がかかります。

若くても600万円を目指したい人は、保育士+副業がよいでしょう。

・ネットショップ
・YOUTUBE
・ブログ
・せどり
・動画編集
・夜のお仕事
・バイトかけもち

ネットショップやYOUTUBEなど、SNSとからめて育てれば、副業だけで600万円も可能なので、コツコツできる人は、ぜひチャレンジしてみて下さい。

これからは、個人で稼ぐ時代に入ってきますので、勉強しながら行動していきましょう。

関連記事:保育士資格を活かした稼げる仕事は?

年収だけにこだわらず、トータルで幸せになることも大切

笑顔の保育士

あなたの幸せの価値観はなんですか?

・高い年収がある
・よい人間関係がある
・やりがいのある仕事がある
・夢中になれることがある

このあたりに幸せを感じることが多いでしょう。

年収は高いけど人間関係で苦しむ職場はダメだし、人間関係は良いけど年収が低い職場もダメでしょう。

全部100点もしくは、全部高得点でバランスがとれる職場を目指していきたいですよね。

 

でも「そんな良い職場なんて、なかなか無いよ~」思うでしょうが、その通りです。

転職サイトなどに登録しておき、良い求人が出たら情報をもらうようにしておきましょう。

よい保育園に入職できれば、あなたの幸福度は爆上げしますので!

 

満足いく給料をもらい、良い人間関係の中ではたらき、プライベートも大切にできる。

そんな楽しい職場を目指してみましょう!

完全無料・1分簡単登録

保育エイドおすすめ!!
人間関係の良い職場のみ紹介
キララサポート保育好条件
月収30万など優良求人が多数
保育ひろば迷ったらコレ
全国最多・保育士転職の定番

保育バランス:1都3県限定
企業内や院内保育ならココ
ほいく畑派遣求人も多数
未経験やブランクOKの求人多数

人気記事全部無料!人気の保育士転職サイトおすすめ7選

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました